好き嫌いの多い子どもに、おいしい野菜をたべさせたい

 

東日本大震災以降の食の安全に不安をもっている

 

農薬を使っていない野菜を手に入れたい

 

スーパーより品質の良い野菜を買いたい

 

 

このように、たくさんの人を悩ませる2011年以降の野菜選び。

 

 

そんな悩めるあなたにBelle mer編集部が胸を張ってオススメしたいものがあります!

 

それは『インターネット野菜宅配』です!

 

 

さっそくですが、この記事で紹介した編集部厳選の野菜宅配の一部を先見せしちゃいますね。

 

この記事で紹介した編集部厳選の野菜宅配ベスト3!

 

 

1.オイシックス

 

2000年設立の新しい会社ながら会員数13万人を誇る野菜宅配の大手に成長しています。

 

味の濃い野菜や特産地域のめずらしい野菜が食べられるうえに、届く野菜を自分で選べます。(他社は選べないことが多い)

 

≫オイシックスについてもっと詳しく見る

 

 

2.らでゅっしゅぼーや

 

NTTドコモが運営しています。

野菜宅配大手で最大の会員数16万人。

 

生産者自身が「自分の家族に食べてもらいたい」と思う有機野菜、低農薬野菜を出荷。

 

≫らでゅっしゅぼーやについてもっと詳しく見る

 

 

3.ビオ・マルシェ

 

関西ではおなじみの京阪ホールディングス株式会社が運営しています。

 

お届けする野菜は100%、有機JAS認定を取得した「本物の有機野菜」だけ

 

≫ビオ・マルシェについてもっと詳しく見る

 

 

なぜ野菜の宅配がいいのか?というと、以下の5つの理由があるからです。

 

 

1.おいしさ

 

採れたての新鮮な野菜を玄関に届ける

 

 

それを可能にしているのが野菜宅配。

 

 

大手スーパーで扱っている野菜では味わえないおいしさが、あなたの家の玄関まで届きます。

 

 

2.野菜の安全性

画像引用元:総務省統計局

 

画像は日本の総人口の推移グラフです。

 

 

2011年3月から急激に減少が始まっています。

 

 

東日本大震災があってから、放射能に頭を悩ませている人はとっても多いです。

 

解決策として、「西日本の野菜を選ぶ

 

という選択肢もあります。

 

 

これが正しいと思いますか?

 

 

50%は合っていますが、残りの50%くらいは間違っています。

 

 

「被災地を支援する」

 

という名目で、日本各地の自治体で震災ガレキを焼却しました。

 

 

これが原因で、西日本でも高い数値の放射能を検出することになった地域もあります。

 

 

地形による風向きも影響しています。

 

 

もはや、「東日本だから危険で、西日本だから安全」と判断することが間違いになってしまいました。

 

 

日本政府は震災以降、放射能基準値を震災以前の100倍に引き上げました。

 

 

公表される結果は間違っていることが多く、個人がガイガーカウンターを使った検査結果は、政府が公表している数十倍、場合によってはそれ以上の数値をマークすることもあります。

 

検査結果をSNSやブログで必死に発信してくれる方もいますね。

 

 

そうしたことから、安全な食材を手に入れるには、地域ではなく安全を確認できる検出結果を公開している生産者。

 

誰が

 

どの宅配が

 

をチェックする時代になったのです。

 

 

3.送料は高くないか

 

毎週購入することになる野菜宅配だから、経費も気になるのは当然。

 

定期購入することで、送料の負担が軽くなるサービスや、送料そのものが安く設定されている野菜宅配は、買い物にでかける手間と交通費がかからなります。

 

 

・空いた時間で好きなことができる

 

・交通費に使っていたお金を自分のため、家族のために使える

 

この2つのおおきなメリットはとても魅力的!

 

 

4.サイトの使い勝手

 

注文するのが面倒になると、自然に利用しなくなるもの。

 

 

毎回、手間をかけなくてもパソコンやスマートフォンで簡単にキャンセルや変更・追加ができます。

 

 

調理しながら「今度はこんな料理をつくろうかな」と思いついた時や、お友達と会話している最中にほしくなった野菜を、その場で注文することも可能です。

 

 

5.家族や大切な友人に食べさせたいか

 

インターネットで野菜宅配を続けるには、正確な情報を公開する必要があります。

 

 

そのうえで品質の善し悪しを評価されることから、生産者のコンセプトに一貫性があるところが高く評価されています。

 

 

つまり、大切な人に食べさせたくなる商品をあつかっているところほど、利用している人から評価され継続利用されているのです。

 

 

そうしたことから、コンセプトがはっきりしているところを見つけることが・・・

 

つまり、毎日たべる野菜を選ぶことに困らなくなる!

 

 

インターネットの野菜宅配を選ぶ際の3つのポイント

 

1.旬の野菜が新鮮なまま届く

 

その日の朝に収穫された野菜を宅配してくれるところや、自社便を持って広いエリアをカバーしている会社もあります。

 

 

野菜宅配は自社便だけでなく、業者の流通との相性も良好です。

 

 

2.放射能検査の結果を公開している

 

・ヨウ素131(Bq/kg)

・セシウム134(Bq/kg)

・セシウム137(Bq/kg)

 

 

これらの検査結果を公表することは、311以降の常識になりました。

 

 

ネットの野菜宅配が非常に有利なのは、PCやスマートフォンがあれば残留放射能の検査結果をいつでもどこでもチェックできることです。

 

 

意識の高い生産者ほど検出下限値をはじめとした細かな情報を公開しています。

 

 

毎月公開は当然で、すすんでいるところは毎週公開しています。

 

 

放射能が人体にとって非常に危険な存在だというのは、チェルノブイリを見てもはっきりしていること。

 

 

食べて応援

 

は大間違い

 

なんとなく安全

 

という空気をつくろうとする情報や、発信者は疑う対象です。

 

 

3.出荷されるまでの情報を公開している

 

畑の土づくりから、農薬や化学肥料をつかっているなら、どんなものなのか、なぜ使用するのかを説明しています。

 

 

有機肥料を使う理由まで公開している会社があるのも、安心して購入できる理由です。

 

 

インターネットで野菜を買うメリット 5つ

 

1.在庫を確認してから購入できるので、いつも利用しているお店に足を運んで「お目当ての野菜がなかった・・・」ということがない。

 

 

2.いちばんおいしい”旬”の時期の野菜が届く!

 

 

3.値段がリアル店舗よりも安いことも。

 

 

4.専用の段ボールでしっかり包装されて届くので、安全。

 

 

5.同じ野菜をたべた他人のクチコミを見た上で購入できるので安心。

 

 

それでは、ここから5つの野菜宅配ごとの特徴を紹介していきますね!

 

 

特徴「オイシックス」

 

→オイシックス公式ページを見てみる

 

 

独自の基準で農薬を制限・放射能検査

 

「オイシックス安全基準」という詳細な基準をもとに野菜を生産しています。

 

 

また、自社センターでゲルマニウム半導体検出装置を使い、放射性物質の検査をおこなっています。

(検出限界値は概ね5-10Bq/kg)

 

 

安全基準と放射性物質の検査結果をホームページで公開していることも安心につながりますね。

 

 

約1.000件の生産者と契約

 

オイシックスの厳しい安全基準をクリアする農産物を生産できる、約1.000件の一流生産者と契約しています。

 

 

鮮度のいい野菜を届けるために注文を受けてから収穫!

 

「野菜がおいしい」という理由でオイシックスを選ぶ人が増えて、2000年に設立した新しい会社にもかかわらず、会員数13万人を誇る大手に成長しています。

 

 

また、「みつトマト」や「ピーチかぶ」、「トロなす」など特徴のある野菜が多いので、注文するときから期待感が高まります。

 

オイシックスは、おいしそうでワクワクするネーミングが上手ですね。

 

 

特徴「らでぃっしゅぼーや」

 

→らでぃっしゅぼーや公式ページを見てみる

 

2.600軒の契約農家

 

その土地や作物に合わせて、生産者の長年の経験によりブレンドされた土が、作物をじっくり元気に育てます。

 

 

らでぃっしゅぼーやは「反農薬」というコンセプトを打ち出し、微生物や虫などがたくさんいる生態系が豊かな土づくりに励んでいます。

 

 

11.000品目の取扱商品

 

RADIXという独自の生産基準を設定しており、

 

1.安全でおいしいこと。

2.持続可能で環境にやさしいこと。

3.情報が公開されていること。

4.お求めやすい価格であること。

5.豊かな食卓をめざして商品開発を行うこと。

 

 

安心・安全の基準を守った商品だけを出荷しています。

 

 

野菜以外では、肉、魚、加工食品も注文できます。

 

 

加工食品は遺伝子組み換え作物は扱わない、食品添加物も極力使用しないという徹底した安全基準で生産されています。

 

 

放射性物質の検査結果を公開

 

委託している第三者検査機関のゲルマニウム半導体検査装置での検査以外に、独自の規制値を設定しており、自社でもベクレルモニターで検査しています。

 

(検出限界値は概ね1-3Bq/kg以下)

 

 

検査結果は、日時・品目・商品名で検索可能でPCやスマートフォンから利用できます。

 

 

お試しセットは送料無料で1.980円(税込)

 

 

特徴「ビオ・マルシェ」

 

→ビオ・マルシェ公式ページを見てみる

 

 

ビオ・マルシェは関西ではおなじみの京阪ホールディングス株式会社が運営しています。

 

そうした背景があるので、あつかう野菜は西日本産が多くなっています。

 

 

1.お届けするのは100%、有機JAS認定を取得した本物の有機野菜!

 

ビオ・マルシェがあつかう野菜は100%有機JAS認定を取得した本物の有機野菜だけを厳選しています!

 

 

農薬に頼らない分、手間ひまがかかる有機農産物は一般のものとくらべると若干高くはなります。

 

しかし、自然の循環の中で健康な土で育った有機野菜は本当に美味しいです。

 

 

30年以上にわたり消費者から支持されているビオ・マルシェは、生産者さんの情報を公開しています。

 

 

つくった人たちの顔が見える野菜は、安心して大切にいただくことができます。

 

 

2.放射能の対策は国基準の1/10!

 

ホームページで放射能の測定値を公表し、カタログで農産物の産地表示を徹底するなど、安全性にも気を配っています。

 

 

野菜を出荷する残留放射能の基準値は国基準の1/10を自社基準値として設定しています。

 

 

2段階の放射能検査は、まず自主検査を、放射性物質(ヨウ素131、セシウム134・137)の種類を特定できる「NaI(Tl)ガンマ線スペクトロメータ」によるスクリーニング検査を行います。

 

 

検査により異常値が認められた場合は、直ちに精度の高い「ゲルマニウム半導体検出器」をもつ第三者機関による再検査を実施します。

(検査機関は、株式会社 同位体研究所)

 

 

3.野菜がおいしい秘密は旬を届ける「産地リレー」

 

いつでもおいしい有機野菜を届けられるのは、たくさんの生産者さんとつながりを大切にしているからなんですね。

 

 

地域により野菜の収穫時期が違いますよね。

 

その違いを活かして旬の有機野菜を届けています。

 

 

例えばキャベツの場合、冬場は滋賀で収穫されたキャベツ、春になったら長崎、夏は大阪、秋は長野といったように産地が変わります。

 

まるでリレーをするように産地を変えながら、いちばん旬の状態の有機野菜を届けてくれます。

 

 

ビオ・マルシェのお試しセットを注文

 

 

 

特徴「秋川牧園」

 

→秋川牧園公式ページを見てみる

 

 

山口県を中心に、中国地方と九州の生産農家が育てている

 

生産農家は、すべて秋川牧園で決められた栽培方法で生産されており、卵や家畜に与えるエサの産地まで情報を公開しています。

 

 

野菜は、農薬、化学肥料を使用せず、有機質の堆肥で作った健康な土で生産されています。

 

 

エサについても、鶏に与えるエサはポストハーベスト農薬、遺伝子組み換え作物、動物性の飼料原料を使用していないという徹底した取り組み。

 

 

タンパク質を摂るのに最適な玉子がとても安全だということは、家族の健康を守るのに、かなり心強い味方になるでしょう。

 

 

放射能専門の検査室

 

自社の検査室で継続してチェックしているほかにも、月1度は外部検査機関に依頼して検査を行い、より詳細な結果まで確認をしている厳しい検査体制は、消費者を最優先している証。

 

 

生産される野菜だけでなく、家畜に与えるエサについても検査を実施しています。

 

(検出限界値は概ね各1-5bq/㎏)

 

 

安心安全を求めやすい価格で

 

会員登録制にすることで、安心・安全な野菜を必要としている人へ、誰もが求めやすい価格で届けることを可能にしました。

 

お試しセットは、

 

野菜・卵・乳製品セット 1,900円(税込)送料無料

 

お肉と冷凍食品セット 2,400円(税込)送料無料

 

 

の、2種類から選べて、それぞれに資料・商品カタログが付いています。

 

 

 

 

特徴「無農薬野菜ミレー」

 

→無農薬野菜ミレー公式ページを見てみる

 

朝採れ野菜を届けてくれる

 

ミレーは野菜の鮮度を大切にしています。

 

 

本社と配送センターが生産地の中心にあることを活かし、朝に採れた野菜をそのまま送ってくれるので、新鮮なままの野菜が届きます。

 

 

放射性物質の検査結果を公開

 

ミレーは公的機関(一般財団法人千葉県薬剤師会検査センター食品検査部)でゲルマニウム半導体検出装置を使い、放射性物質の検査をおこなっています。

 

(検出限界は概ね5Bq/kg)

 

 

規制値を超えた野菜については、販売停止措置を取り、出荷することはない」ということ。

 

野菜が生産されるまでのくわしい情報

 

ミレーであつかう野菜は、有機野菜のほかには、特別栽培農産物と呼ばれる

 

・化学肥料、化学農薬を使用していない無農薬野菜

 

・化学肥料、化学農薬の使用を一般の50%以下に節減した減農薬野菜

 

だけを扱っています。

 

 

さらに、すべての野菜に、栽培方法・生産地・生産者を記載しているという、情報公開にもちからをいれています。

 

 

お試し野菜セットは、旬の野菜7品目が1.400円(税込)送料無料

 

 

手抜きができるミールキット

 

忙しいママさんにとって毎日の料理は、本当に大変ですね。

 

 

子育てしながら家事をしながら3食をつくる・・・

 

 

外食や冷凍食品ばかりでは家族の健康が心配。

 

 

疲れるし大変だけど「おいしくて栄養たっぷりの料理をたべさせたい

 

というのが本音ですよね。

 

 

そんなときに手抜きで料理がつくれてしまう野菜宅配のミールキットを利用するのがおすすめですよ。

 

 

ミールキットをかんたんに言ってしまうと、「下準備まで終わっている調理セット」です。

 

 

セットの中身は、カットされた野菜と調味料が入っていて、10~20分で料理が完成します。

 

 

包丁を使わなくてもいいし、少し火を通して調味料を加えるだけなんです。

 

 

 

レシピ開発はプロがおこなっているので、味は太鼓判を押せます。

 

 

忙しいけど手料理をつくってあげたい」という愛情から選ばれているミールキットは忙しいママさんの味方です。

 

 

ミールキットで評価の高い3つを選びました。

 

 

テイスティーテーブル(TastyTable)

 

 

わんまいる

 

 

KitOisix (オイシックスの献立キット)

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

ここまで安心・安全の野菜宅配を紹介してきました。

 

 

311以降の安心・安全を考えれば考えるほど、放射能を無視できません。

 

 

こうしているあいだにも、破壊された原発から放射性物質が放出されているのです。

 

 

だからこそ、記事の中でも大きく取り上げました。

 

 

今回紹介した野菜宅配は、おいしい野菜を安心して食べれるように、味だけでなく安全に関しても細心の注意を払っているところを選んでいます。

 

 

この特集が、あなたとあなたの家族が、笑顔で健康に過ごすために少しでも役に立ったら、私も本当にうれしいです!