もう、気にしなくても大丈夫

 

 

スーパーの棚に陳列されている野菜は見た目がきれい。

 

でも、どの野菜にどれくらいの農薬が残っているか分からない・・・

 

日本の農薬使用量は世界でもトップクラス・・・・

 

野菜を安心して食べるには、農薬をきれいに洗い落とす必要があります。

 

それを可能にしたのは、

 

高濃度のオゾン水をつくる・・・

 

オゾンバスター!!!

 

 

これからは、スーパーに行っても、野菜の農薬を気にせず買い物ができるようになります。

 

安心・安全・高性能で使いやすい!!

 

ここから、オゾンバスターの魅力を紹介していますので、ゆっくりご覧ください。

 

 

通常、49.800円

↓ ↓ ↓ ↓

今なら、27.800円で手に入ります!!

↓  ↓  ↓  ↓

 

オゾンバスターは塩素とちがい安全!!

 

オゾンバスターが発生させるオゾンは、使用した後は酸素に戻るため、残留の不安がありません!!

 

また、オゾンガスもほぼ発生しません。

 

それに対して、塩素は強力に除菌や消臭を行いますが、塩素自体が残留します。

 

食品を塩素で洗った時の独特のニオイが、残留しているサインです。

 

塩素が肌トラブルの原因になることは、ご存知の方も多いと思います。

 

科学技術が発達した現在では、塩素で消毒するメリットはなくなったと言っていいでしょう。

 

つかい方がとっても簡単!!

 

オゾンバスターは、毎日の調理で手軽につかえるよう、電源のオン・オフだけで使えるようデザインされています。

 

使い方は3ステップ!!

 

  1. 用意した容器の中に、水道水かミネラルウォーターを入れます。
  2. オゾンバスター本体を、容器の中に入れます。全体が水中に入るようにして下さい。
  3. 電源を入れます。

 

こんなにかんたんな3ステップで高濃度のオゾン水(5ppm)がつくれます!!

 

あとはオゾン水で洗うだけ!!

 

軽量・コンパクト!!

 

本体直径 8cm

本体重量 130g

 

という本体は、一般的なスマートフォンと同じくらいの重量です。

 

とてもコンパクトなので、収納する場所に困りません。

 

さらに、軽量なので、持ち運びも便利です!!

 

メンテナンスの手間もかからない!!

 

オゾンバスターは、付属品も、カートリッジの交換等も、一切必要ありません。

 

 

と、考えて設計されているので、基本的にはメンテナンスフリーです。

 

野菜やくだものを皮ごと食べたいけれど・・・

 

野菜やくだもので、いちばん栄養がある部分とされている

 

皮ごと食べれたら良いのですが、農薬が残りやすい部分でもあります。

 

日本の残留農薬の基準を他国と比べたら?

 

日本政府は311の震災の後に、放射能の基準を100倍に引き上げました。

 

「日本人の命や安全などどうでもよい」

 

と言わんばかりの態度です。

 

農薬もまったく同じです。

 

日本で使用量が増えているネオニコチノイド系の農薬

 

EUでは、人間の神経に悪影響を及ぼすという研究結果から、使用を禁止する方向で議論されていまです。

 

今の日本では、自分の安全は自分で守らなければなりません。

 

オゾンバスターで農薬もきれいさっぱり!!

 

オゾンバスターがつくる、5ppmという高濃度のオゾン水は、農薬をきれいさっぱり洗い流してくれます。

 

この後、紹介するオゾンバスターを使用している方も、感想で

 

野菜を安心して食べている

 

と、おっしゃっています。

 

リスクなしで使えることも安心につながっているようです。

 

熱湯消毒ができない素材でも使えます!!

 

くだものや、生野菜サラダを食べようとしたら、熱湯消毒はできません。

 

オゾンバスターは、水道水やミネラルウォーターを使用して農薬を落とすので、熱湯消毒ができない素材でも安心して使うことができます!!

 

安心して購入できる価格!!

 

通常ならば、49.800円するオゾンバスターが・・・

 

今なら、27.800円で手に入ります!!

 

しかも、日本全国送料無料!!

 

 

健康・安心・安全に役立つ価格として、破格です!!

 

 

今なら、27.800円で手に入ります!!

 

 

今すぐクリックして詳細をチェック!!
↓  ↓  ↓  ↓ 

 

使用している人の声

 

主婦「野菜をまずオゾン水につけて洗います」

 

まず、オゾン水生成器の購入を検討した理由は、洗濯物の臭いからでした。

 

洗剤を使ってあらったにもかかわらず、乾いた洗濯物がくさい・・・そんなきっかけで、ネットで調べていくうちにオゾン水がよいという情報を目にしたからでした。

 

さらに、オゾン水の利用法を調べていくと、野菜を洗うのにも活用できるとのこと。

 

前から皮ごとたべる野菜や果物を水洗いだけで、口にしていることに不安を感じていました。

 

これは良いと購入を決めました。

 

なぜ、各社がいろんなオゾン水の発生器を販売しているのにオゾンバスターを選んだかというと、他社に比べお値段が安いということと、あと、購入を検討しているときに、オゾンマートさんへ問い合わせのメールをしたときに、とても対応がよかったからです。

 

小さな質問にも、丁寧に回答くださったことで、不安が解消ができオゾンバスターの購入をきめました。

 

オゾンバスターの良いところは、コンパクトと取扱いが簡単なこと。

 

我が家では、調味料の横にちょこんと置けています。

 

これが、大きな機械だったら、出すのが億劫になり購入しても使わなくなると思います。

 

適当な大きさのボールに水をはって、オゾンバスターを中にいれてスイッチをいれるだけです。

 

見た目にも、小さな気泡がでてきて、オゾンのにおいも少しするので、目で見て、オゾン水がきちんと作られているという安心感があります。

 

時間も2~3分つけておけばよいとのことで、時間もかかりません。

 

主な利用方法は、野菜の洗浄です。

 

我が家では、ほとんどの野菜をまずオゾン水につけて洗います。

 

オゾン水につけた後に、水洗いの必要もなく、つかったオゾン水はそのまま排水口に流すだけで排水口の洗浄もしてくれています。

 

もやしなど、買ってきたあとオゾン水につけてから 冷蔵庫に保管するともやしが茶色く変色しにくくなりました。

 

あとは、お魚です。

 

魚の切り身を調理まえにオゾン水で洗ったところ、生臭さがなくなりました。

 

まだ使い始めたばかりで、お手入れはしていませんが、説明書のお手入れ方法はとても簡単です。

 

私にとっては、買ってよかったと心から思える商品です。

 

歯科医師「この低価格でこの性能はすごい」

 

以前からオゾン水については興味があり、いろいろと調べていました。

 

たくさんのオゾン水生成器を比較した中で、もっともコストパフォーマンスに優れた商品がオゾンバスターでした。

 

導入コストが数10万円クラスのものがほとんどのなかで、唯一3万円程度と驚きの低価格。

 

また、他社製品は定期的に消耗部品の費用も(数千円~数万円)メンテナンスで必要です。

 

その点もオゾンバスターならほとんどメンテナンスフリー

 

導入の決定打はそのコスパの高さです。

 

医療機関では、除菌のために化学薬品を使うのですが、問題はその残留性です。

 

除菌だけでなく、残った成分は「毒」として作用するかもしれませんので、その取扱いはとても神経を使います。

 

その点、オゾンであれば、強力な除菌作用を持っているにもかかわらず、瞬時に分解・無毒な状態になりますので、さまざまな患者さんが来院する医療機関でも安心して使用できます。

 

診療室内の床や流し台、診療台(ユニット)まわりの清掃、除菌や、患者さんの口腔内の治療にも安心して使えます。

 

また、1~2リットル程度であれば、数分で必要な濃度4~5ppm)のオゾン水が生成できる点も、オゾンバスター優れた点です。

 

とにかくこの低価格でこの性能はすごい、の一言です。

 

主婦「ポットの強烈なカビ臭が消えた」

 

オゾンバスターを購入した理由は

 

(1) オゾン量が短時間で2PPM以上の濃度になり、充分な除菌作用があったから。

 

(2) 価格の安さにはびっくりです。

 

安かろう、悪かろうでは購入する意味がないですが、効果も充分あって、安いというのはスゴイと思います。

 

持続年数も2000時間と長く、一日1時間使用するとして故障しなければ5年くらいは持つという計算になり、1年間で8千円と、とても経済的。

 

購入前にいろいろ調べましたがこんなに安いのは現時点ではオゾンバスターのみでした。

 

(3) 使い方がすごく簡単で、メンテナンスもなし。

 

(4) 軽量・小型・場所を選ばず、持ち運びも大丈夫。旅行にも出張にも外泊にも携帯します(うがい手洗いしたいので)。

 

お野菜にももちろん使用しています。

 

実際鮮度が長持ちします。

 

お掃除するときの水もオゾン水でやるとスッキリします。

 

以前オークションで新品の沸騰ジャーポットを落札したのですが、

 

いったい、何年倉庫に放置してたの?

 

というくらいひどいかび臭さで、何度、お湯を沸かして、捨ててを繰り返しても、かび臭さがなくならず、いくら新品でも、これは使えないなと保管していたのを思い出し、試しにオゾン水を使って洗浄してみました。

 

オゾン水を作ってふたをしめて30分放置したのち、お湯をつくってみると、1回でにおいが消えて、使用可能になりました。

 

医学博士の春山茂雄さんの本でオゾン水を知りました。

 

とてもほしくなりましたが春山氏の企画開発商品は水素水とオゾン水をつくれる生成器で20万しましたので、さすがに購入を躊躇しました。

 

そこでオゾン水をつくれる生成器をさがしまくり、オゾンバスターにたどり着きました。

 

購入してみて、とても使い勝手よく、重宝しております。

 

ありがとうございました。

 

 

不安をなくしたいあなたへ

これまで紹介してきたように、オゾンバスターで農薬を洗い流すことができます。

 

同時に、

 

 

も、解消してくれます。

 

27.800円という価格が手ごろだと思うあなたへ、オススメします!!

 

 

いますぐ商品の口コミと詳細をチェック!!
↓  ↓  ↓  ↓