1. TOP
  2. 健康
  3. 疲れ目にサヨナラ!正しいケアとビタミンであなたも今日から目元美人!

疲れ目にサヨナラ!正しいケアとビタミンであなたも今日から目元美人!

 2017/03/03 健康 この記事は約 8 分で読めます。
この記事のタイトルとURLをコピーする

疲れている

機嫌が悪そう

神経質そう

目元が疲れている人が与える印象です。

どれもマイナスの印象ばかり。

 

パソコンやスマートフォンに代表される液晶ディスプレイが生活に欠かせない現代では、多くの人が目の疲れを感じています。

 

目の疲れは、今や、肌や歯と同様に気を配る必要が出てきました。

 

日常的になりつつある目の疲れをなくしていくには、必要な栄養素を摂取したり、対応する方法を実践することが大切です。

 

どれもむずかしいことではないので、読んだらすぐに実践してください。

 

今回は
疲れ目の解消に役立つ食べ物と身につけておきたい方法
を紹介していきます。

 

目の疲れと眼精疲労の違い

目の疲れ」と「眼精疲労」は同じだと思われていることもあるようですが、実際は症状によって異なります。

 

目の疲れ」は一晩寝て起きたら目の疲れや重さが軽くなったり、消えたりする状態です。

 

一方、「眼精疲労」は目の疲れが残る以外にも、肩こり、頭痛といった症状が起きて、それが慢性化している状態です。

 

このように、「目の疲れ」をケアしないで放っておくと、それがきっかけになり重い症状になって現れることがあります。

 

身体がつらくなってから治療することになる前に、「目の疲れ」の段階で適した方法で健全な状態に戻すケアを心がけましょう。

 

目のビタミンと食材

目の疲れを癒すのに必要なビタミンを含む食材は身近に存在していました。

わたしも今回、調べるまで知らなかったのですが、いつでも手に入れることができる食材に含まれているんですね。

 

今日の夕食や、明日の朝食から目の疲れをケアできる食事を始められます。

 

ビタミンA

目の角膜や粘膜を正常に保つ役割があります。

不足すると、角膜が乾燥してドライアイの原因になります。

 

《多く含まれている食材》

人参、かぼちゃ、トマト、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリー、など。

 

ビタミンB群

美容ビタミン」と呼ばれているビタミンB群は目薬にも使われている「目のビタミン」でもありました。

 

ビタミンB1:視神経の働きを高めて、正しくする働き

 

ビタミンB2とB12:角膜の粘膜を保護する

 

ビタミンB6:水晶体の代謝と免疫機能を高める、タンパク質の吸収を助ける

 

葉酸:細胞の再生、DNAなどの核酸の合成

 

それぞれの役割で目の疲れを和らげる働きをします。

 

《多く含まれている食材》

バナナ、アボカド、納豆、豆腐、ごま、チーズ、にんにく、玄米、など。

 

ビタミンC

抗酸化作用に優れ活性酸素を除去するなど、健康に欠かせないビタミンCは目の疲れにも役立ちます。

 

ビタミンCは、水晶体の透明度を保って目の充血を防いでくれます。

 

《多く含まれている食材》

かんきつ類、キウイ、ブロッコリー、キャベツ、さつまいも、など。

 

アントシアニン

目に良い」とされるものの中で知名度が高く、どこかで一度は見たり、聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

・目の焦点を調節する筋肉の緊張を和らげる

・光を感じるロドプシンという物質の再合成を活発にする

 

《多く含まれている食材》

ブルーベリー、カシス、黒豆、ブドウ、キャベツ、ナス、など。

 

ルテイン

カロテノイドの一種で、野菜や果物に多く含まれています。

 

水晶体や網膜が酸化するのを防ぎ、紫外線のダメージから目を守ってくれます。

 

《多く含まれている食材》

ケール、ブロッコリー、ほうれん草、など。

 

DHA

サプリメントに多く登場することでも有名。

 

網膜細胞が正しく働くのを助け、視力の改善にもつながると言われています。

 

《多く含まれている食材》

サバ、アジなどの青魚、マグロ、など。

 

目が疲れないためにできる大切なこと

食べ物だけでは、目の疲れをなくすことはちょっと難しいかもしれません。

根本的に改善していくには、正しいケアが必要です。

 

今からすぐにできる方法を紹介していきます。

 

目の血流

身体の血流が滞ると、冷え症になったり、肌が荒れたりします。

 

目も同じで、栄養や必要な酸素を運んでくれる血流が滞ると目の健康に影響が出ます。

目が疲れやすくなったら、目を休めたりマッサージをするなどして血流を良くすることが大切です。

 

マッサージやホットパックなどで血流をよくするのが効果的です。
目の周りの血流だけをよくするのではなく、全身の血のめぐりをよくするためにも、半身浴や適度な運動は予防になります。【目の下のクマを解消する方法】色素沈着の茶色いクマをきれいにする

 

目への酸素の供給

目が呼吸できない状態です。

酸素が足りなくなると目が乾燥して疲れたり、眼病の原因になることもあるので、コンタクトレンズを使っている方は、酸素の透過率が高い製品を使用するなどの配慮が必要です。

 

目を冷やす

これは私が実践している方法なのですが、保冷材入りのアイマスクを冷凍庫で冷やして、パソコンを長時間使った後に目を冷やしています。

 

目が充血するのは、目が炎症を起こしていることが原因のようなので、「炎症を起こしたら冷やす」と考えて続けています。

 

アイマスクを2つ冷やして、交互に使っています。

使った後は、目が休まって楽になる感じがしますよ。

時間は1回10分くらいで、その間はイヤホンで好きな音楽を聴いています。

 

短い時間でリラックスできるのでおススメですよ。

 

ディスプレイのブルーライト

子どもの頃にテレビゲームを長時間した後に、おかあさんから「目が真っ赤だよ!」といわれた経験ありませんか?

 

今は液晶のディスプレイから出ているブルーライトが問題視されています。

パソコン、スマートフォン、テレビ、ゲーム機・・・身の回りだけでも、これだけのディスプレイに囲まれて過ごしているので、対策しなくてはなりません。

 

f.lux(エフラックス)というフリーソフトは「ソフトでブルーライトから目を守る」というアイデアが面白いです。

 

フリーソフト100の評価を見ても満足度が高いようです。

Win、Mac、ios、androidに対応しているので、ほぼすべての方が導入可能です。

 

f.lux(エフラックス)の公式サイトは英語なので、フリーソフト100で紹介しているf.lux(エフラックス)の使い方を参考にしてください。

 

f.lux(エフラックス)公式サイト

https://justgetflux.com/

 

 

目を休める

ここまで紹介してきた方法は、「ディスプレイを毎日12時間以上みている生活を変えない」という方には役に立ちません。

ディスプレイを見る時間を減らして目を休めることが前提です。

 

「病の根本を絶たず薬に頼る」ような姿勢では解決できないことは理解していただけると思います。

 

テレビを見る時間をちょっとだけ減らしたり、スマートフォンを扱う手を少し止めるだけでも違いが表れます。

同時に、家族と語り合う大切な時間をつくれるので、ぜひ視聴覚を休める時間をつくってください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は
疲れ目の解消に役立つ食べ物と身につけておきたい方法
を紹介してきました。

 

放っておくと眼精疲労を起こしたり、目元の乾燥やクマが暗い印象を与えたり、無視できない目の疲れは、まだまだ見落とされがちです。

 

老年期に視力の低下や白内障などの眼病に悩む方もいます。

できれば最後まで、自分の周りの風景を自分の目で見て過ごしたいですよね。

 

あなたが健康な目を保つのに、なにより大切なのは必要なことを継続することです。

 

替えが利かない大切な身体の一部「」を健康に保ち、毎日をすっきりした気持ちで過ごせるように今回の記事を参考にしてください。

 

こちらの記事もご覧ください。

 

目を休めるのに必要な食材と栄養素を詳しく紹介しています。

栄養素を摂るだけでなく、食材を美味しく食べるレシピも紹介しているので、ぜひご覧になってください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キレイも元気も努力はいらない。からだがよろこぶWEBマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイも元気も努力はいらない。からだがよろこぶWEBマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ホコリ・乾燥から喉を守る】 身につけたい正しい知識と習慣化

  • 【見つめられるふっくら肌】 きれいな肌を保つ上質なスキンケアとは

  • 【若々しい人は摂っている】エイジフリーに必要な10の栄養素と補い方

  • 疲れて見える目の下のクマ 見分け方と自分でできる解消法

  • 食べないのにどうしてやせないの?”節食”でやせるにはコツが必要!

  • ニキビ跡を消すのに特別な方法は要らない?ニキビ跡とサヨナラする方法とは