1. TOP
  2. 健康
  3. 【いつでもおいしい!!】目的・悩み別の手作りジュースレシピと材料紹介

【いつでもおいしい!!】目的・悩み別の手作りジュースレシピと材料紹介

この記事のタイトルとURLをコピーする

「栄養補給したい!」

 

「デトックスしたい!」

 

「シェイプアップしたい!」

 

 

といった美容や健康の悩みを解決するのに最適だと話題の手作りジュース。

 

手作り派のあなたに好みのジュースを見つける手がかりとして、目的や悩み別に材料を組み合わせるレシピ例の紹介です。

 

今回はいつでもおいしい手作りジュースの作り方と材料の紹介です。

 

 

今回は、材料の組み合わせや特徴を、

 

組み合わせ 材料 特徴
○○○+○○○○ △△△ 20粒
△△△△ 1/4個
△△ 1/2本
△△△△ 200cc
×××××は××が含まれているので××の状態を整えてくれる

 

 

といったカタログで紹介しているので、

読みやすいようにスマートフォンを横にしてご覧ください。

 

ゆっくり何度でもご覧ください。

 

この記事はいつもよりボリュームが多めになっていますので、あとでゆっくり読みたいという方は、はてなブックマークに入れておく事をおすすめします。

また、共感していただけたらフェイスブックやツイッターでシェアしていただければ嬉しいです。

 

 

手作りジュースを作るときのポイント

 

手作りジュースを作るときの基本、材料や組み合わせによる特徴など、

ポイントをいくつか紹介していきますので、参考にしてください。

 

 

ジュースにする材料を選ぶコツ

 

産地や品種にも注目する

 

旬のものを優先して使う

 

まとめて買ったら一口大に切って冷凍保存

※冷凍して保存するのは、

 

いつでも使える

 

長持ちする

 

すぐに冷たいジュースが出来る

 

といったメリットがあるからです。

 

材料により冷凍保存に向くもの、向かないものがあるので、特徴をチェックしておきましょう。

 

 

向くもの

 

ベリー類、リンゴ、ブドウ、メロン、バナナ、アボカド、パパイヤ、など

 

 

向かないもの

 

葉物野菜、キュウリ、柑橘類、梨、キウイ、など

 

 

 

野菜や果物の特徴を活かして作る

味やにおいに強い個性がある野菜には、同じように強い個性を持つ果物を併せると、味のバランスが整い飲みやすくなります。

 

 

例えば、葉物野菜のようにエグみがあるものと、パイナップルのような酸味と甘みが強いものを併せると栄養を摂れて飲みやすいジュースになります。

 

 

ミキサーの選び方

 

パワーのあるミキサーを選ぶと、凍った材料をそのまま入れても十分に撹拌できるので、ジュースバーのような滑らかな舌触りのジュースができます。

 

美味しいジュースを作る使い方のコツ

 

・水分の多い材料や葉物は下に、固形物は上になるように入れる

 

・攪拌していくと苦味が出る材料は途中から少量に分けて入れる

 

・冷凍した材料が多い場合は、水分の多い果物や、豆乳、牛乳などの水分を加えると撹拌しやすくなる

 

 

これだけは忘れないで!!

 

手作りジュースで解決したいあなたの悩みや目的は何ですか?

 

それが美容でも健康でも、

安全で安心できる材料があるから実現できることです。

 

たとえば、

「デトックスしたい!!」

 

と思っていても、

残留農薬まみれの野菜やくだものでつくったジュースで、

目的を実現できるとイメージできますか?

 

 

手作りジュースは材料を皮ごとつかうケースがほとんどです。

 

 

水洗いだけで落ちない農薬もたくさんあります。

 

 

これまで水洗いだけですませてきたなら、

農薬を洗い流すやり方を、

あらためて選びなおしてみることをオススメします。

 

 

おいしい手作りジュースができる材料の組み合わせ

 

ジュースの主な材料になるのは野菜と果物です。

 

組み合わせは、味の好みや目的別で無数にあると言っていいでしょう。

 

飲みやすくするために水分や甘味を加えたりします。

 

水分

豆乳、牛乳、ココナッツミルク、ライスミルク、ヨーグルト、など

 

甘味

はちみつ、米飴、アガベシロップ、メープルシロップ、など

 

 

手作りジュースは基本的に材料の味と風味を活かしてつくるので、甘味の使用はアクセントを加える程度にします。

 

手作りジュースは目的に合わせて材料の組み合わせを選んで作ります。

 

肌が荒れている

 

お腹の調子が良くない

 

疲れている時

 

ダイエットをしている

 

などの悩みを解消したい時、すぐに作れるよう組み合わせを紹介していきます。

 

あくまでひとつの基準なので、分量を変えてみたり、代わりの材料を使っても問題ありません。

 

目的は自分の悩みを解消することです。

「失敗!」という組み合わせになっても「危険性」などはないので、積極的にチャレンジしてみてください。

 

 

手作りジュースのポピュラーな組み合わせ

 

ポピュラーな組み合わせ

組み合わせ 材料 特徴
グレープフルーツ+バナナ グレープフルーツ 1/2個
バナナ1/2本
水または、好みの飲み物500cc
腸内環境を整える
疲労回複
バナナに含まれているビタミンBは炎症を抑える働きがある
葉酸はからだの成長・維持に欠かせない
バナナ+豆乳(+きなこ) バナナ1/2本
豆乳200cc
きなこ大さじ2
バナナに含まれている栄養はエネルギーに変わりやすいので朝食に向いている
置き換えダイエットでもポピュラー
ヨーグルトを入れると飲みやすくなる
豆乳、きなこは大豆を加工しているので、摂り過ぎるとフィチン酸の働きでからだに必要なビタミン・ミネラルを体外へ排出してしまうので、摂る量を気にかける必要がある
オレンジ+パイナップル オレンジ1個
パイナップル150グラム
ビタミンCが持つ抗酸化の働きと、クエン酸が持つ疲労回復、食欲増進の働きがある。
果物同士の組み合わせによる、ふくよかな甘さも魅力
リンゴ+大葉+ヨーグルト リンゴ1/3個
大葉1枚
ヨーグルト1/3カップ
「医者いらず」と呼ばれるリンゴに含まれているペクチンは、腸内環境を整えてくれる
ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、ペクチン同様、腸内環境を整える他、免疫を高めてくれる
トマト+レタス トマト 中1個
レタス 葉1枚
はちみつ 大さじ1
トマトに含まれるリコピンは、活性酸素を除去する働きを持つ
レモンや柚子、カボスを加えると、さっぱりして飲みやすくなる

 

 

シェイプアップ向けの組み合わせ

シェイプアップは運動と減量を組み合わせて体型と体調を整えることを言います。

 

継続していくためにも「食べちゃいけない」という制限でストレスを過度に感じないような環境を用意します。

 

必要な栄養をおいしく味わえることが、ポイントになります。

 

健康を維持しながらシェイプアップするために必要になる主な栄養は

 

水溶性ビタミン(ビタミンC、ビタミンB群)

 

脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンEなど)

 

食物繊維

 

ミネラル

 

ポリフェノール

 

などです。

 

シェイプアップに必要なテーマごとの組み合わせをまとめました。

 

栄養補給に向いている

なりたいスタイルを目指して栄養不足になったらシェイプアップは失敗です。

健康を損なわないで、食べ過ぎないよう手作りジュースで補います。

 

組み合わせ 材料 特徴
バナナ+チンゲンサイ+グレープフルーツ バナナ 1本
チンゲンサイ 1束
グレープフルーツ 1/2個
バナナのビタミンB群と食物繊維
チンゲンサイのカロテン
グレープフルーツのビタミンC
で栄養補給
好みで、バナナと相性が良い豆乳、牛乳を加えてもおいしい

 

体調を保つために向いている

組み合わせ 材料 特徴
パブリカ+パイナップル パプリカ 1/4個
パイナップル 100グラム
はちみつ 大さじ1/2
豆乳(牛乳)150ml
パプリカには水溶性・脂溶性のビタミン(A、B1、B2、C、E
パイナップルには、食物繊維、カリウム、カルシウム
が含まれている
パイナップル+バナナ+ほうれん草 パイナップル 100グラム
バナナ 1/2本
ほうれん草 1株
水分 70cc
パイナップル、バナナの栄養とほうれん草のβカロテンが抗酸化の働きに優れている
βカロテンは体内でビタミンAに変換され、粘膜や皮膚の健康維持に働く
トマト+ラズベリー トマト 1個
ラズベリー 50グラム
トマトにはリコピン、ラズベリーにはビタミンEとポリフェノール、食物繊維がとても多いので、健全な代謝を保つためにも摂っておきたい

 

 

デトックスに向いている

理想のスタイルになりながら、体の中からキレイになるチャンスです。

効果的なデトックスで余分なものを体外に排出します。

 

組み合わせ 材料 特徴
セロリ+トマト ほうれん草 1束
ベビーリーフmix 1袋
トマト 1個
セロリ 1本
セロリの食物繊維が腸内環境を整える
また、トマトに含まれる有機酸には、水銀や鉛などの金属と結合し
排出する効果があるといわれている
玉ねぎ+リンゴ 玉ねぎ 1/3個
リンゴ 1個
豆乳 250cc
(好みで)
バナナ 2本
レモン 1/2個
玉ねぎは、「毒素を捕まえる・排出しやすくなる・排出する」働きが強い
バナナの食物繊維、リンゴにも食物繊維とペクチンが含まれているので、毒素を排出してくれる
バナナやレモンを加えることで飲みやすくなる

 

 

栄養バランスを整えるのに向いている

食事を制限すると、エネルギーが不足して体力を落としたり、便秘になることも。

 

カロリーを抑えながら、ビタミン・ミネラル・食物繊維を摂って健康を維持して、空腹からくるストレスを感じないようにします。

 

組み合わせ 材料 特徴
アボカド+豆乳 アボカド 1/2個
豆乳 200cc
はちみつ 大さじ1
アボカドは食べる美容液と呼ばれるくらい、ビタミン、ミネラル、脂肪が豊富に含まれている
脂肪の80%は、オイレン酸のような酸化しにくい不飽和脂肪酸
コレステロールのバランスを整える、腸の動きを助ける
豆乳に含まれるイソフラボンはポリフェノールの一種
バナナ+ブロッコリースプラウト バナナ 1本
ブロッコリースプラウト 1/2パック(25グラム)
豆乳 250cc
はちみつ 大さじ1
バナナはエネルギーになりやすく、豆乳と味の相性が良い
ブロッコリースプラウトは体内の有害物質や老廃物を排出する働きをするスルフォラファンを豊富に生み出す

 

 

体が不調だと感じる時に飲みたい組み合わせ

体の疲れは意識しないとなかなか取れないことも。

 

疲れからくる不調が起きたらシェイプアップどころではなくなります。

 

ストレス、睡眠不足、食欲不振、夏バテ、などにならないよう栄養を十分に摂り、元気がでるジュースをつくる組み合わせです。

 

慢性的な疲労は活性酸素が原因になっていることもあるので、

 

ビタミンC(柑橘類、いちご、パプリカ、など)

 

ビタミンB群(バナナ、アボカド)

 

クエン酸(キウイ、パイナップル、柑橘類)

 

などが向いています。

 

体を元気にする

 

組み合わせ 材料 特徴
みかん+ぶどう+バナナ みかん 1個
ぶどう 10粒
バナナ 1本
みかんのビタミンC
ぶどうのポリフェノール
バナナのビタミンB群
疲労回復と体調維持に向いている
オレンジ+ピーチ+マンゴー オレンジ 1/2個
ピーチ 1/2個
マンゴー 1/2個
氷 6個
氷を使わない場合は、豆乳60cc
オレンジのクエン酸とビタミンCが疲労回復に最適
ピーチとマンゴーはビタミン多く含まれており、食物繊維も多いので、栄養補給と腸内環境を整えるのに有利で、甘い味わいが飲みやすい
グレープフルーツ+ブロッコリースプラウト グレープフルーツ 2個
ブロッコリースプラウト 1/3パック(20グラム)
はちみつ 大さじ1
水 100cc
グレープフルーツはビタミンCやパントテン酸が含まれていて糖度が低いのでシェイプアップに向いている
ブロッコリースプラウトは抗酸化の働きをするスルフォラファンを豊富に生み出す
活性酸素は疲労の原因になる

 

 

胃腸の調子を整える

胃が重い、便通が良くない、などの不調は、食生活の乱れやストレスが原因になることも。

 

食物繊維を十分に摂れるジュースは、腸内環境を整えて、心身を快適な状態で過ごすのに向いています。

 

食物繊維には不溶性と水溶性のものがあります。

 

不溶性食物繊維の特徴

水分を吸収して膨らみ、腸を通過する際に腸の中を掃除してお通じを良くしてくれる役割があります。

 

水溶性食物繊維の特徴

水に溶け、食品の水分を吸い取ってゲル化(ゼリーのような状態に)します。

胆汁酸の分泌を促して脂肪を分解、コレステロールを抑える効果があると言われています。

 

すっきりしたい時に飲みたい

組み合わせ 材料 特徴
バナナ+ヨーグルト+オリゴ糖 バナナ 1本
ヨーグルト 150グラム
粉末オリゴ糖 3グラム
オリゴ糖は乳酸菌のエサになる、食物繊維と同じように腸内を掃除してすっきりさせる働きがある
バナナの食物繊維とビタミンB群、ヨーグルトの乳酸菌で腸内環境を整える
バナナ+長いも バナナ 1本
長いも(または山芋) 200グラム
豆乳 400cc
はちみつ 大さじ1
長いもは消化酵素を含んでおり、バナナと同じように食物繊維を豊富に含んでいる
レンコン+梨 レンコン 3~4cm
梨 1個
はちみつ 大さじ1
ヨーグルト、または豆乳100cc
レンコンは不溶性食物繊維が多い
梨はタンパク質を分解する消化酵素のプロアテーゼを含んでいるので、食後に食べても消化を助けてくれる
キウイ+パイナップル キウイ 1個
パイナップル 100グラム
ヨーグルト 50グラム
不溶性食物繊維が多いキウイと水溶性食物繊維が多いパイナップル、腸内環境を整えてくれるヨーグルトの組み合わせは、すっきりしたい時に味方になってくれる
口当たりの良い甘さも魅力

 

 

おなかをくだし気味の時に飲みたい

組み合わせ 材料 特徴
ブルーベリー+リンゴ ブルーベリー 20粒
リンゴ 1/4個
バナナ 1/2本
豆乳 200cc
ブルーベリーとリンゴには水溶性食物繊維のペクチンが含まれている
水溶性食物繊維は水分を吸収して膨れるので、おなかがゆるいと感じた時に向いている
大根+リンゴ 大根 1cm
リンゴ 1/4個
はちみつ 大さじ1
水 100cc
大根に含まれている消化酵素アミラーゼ、リンゴのペクチンがおなかの状態を整えてくれる
はちみつを加えているので、大根の辛味が気にならない

 

胃が重い時に飲みたい

組み合わせ 材料 特徴
キャベツ+リンゴ キャベツ 100グラム
リンゴ 1/2個
ヨーグルト 100グラム
バナナ 1/2本
キャベツのビタミンU(キャベジン)は胃腸薬としても有名
リンゴが持つ整腸の働きを併せて、胃の不快感を解消したい時に向いている

 

 

美容の悩み

 

肉を食べることが多い、夏バテで栄養価の乏しい食事が続いている、外食が多い、など十分な栄養を摂れない食生活が続くと、肌荒れや髪の毛のコンディションの変化として表れます。

 

美容に欠かせない栄養の代表はビタミンB群とビタミンCです。

ビタミンA、E、ポリフェノールといった活性酸素から体を守ってくれる栄養も積極的に摂りましょう。

 

組み合わせ 材料 特徴
マンゴー+オレンジ+バナナ マンゴー 1/2個
バナナ 1/2本
オレンジ 1/2個
ヨーグルト 50グラム
バナナのビタミンB群、葉酸、食物繊維
オレンジのビタミンC
マンゴーのβカロテン(体内でビタミンAに変換)、アントシアニン(ポリフェノールの一種)
といった栄養が豊富で、飲みやすいのも魅力のひとつ
アボカド+バナナ アボカド 1個
バナナ 1本
はちみつ 大さじ1
豆乳 200cc
飲む美容液と呼ばれるアボカドと美容ビタミンと呼ばれるビタミンB群が多いバナナの組み合わせ
ハチミツはローハニーを、豆乳は遺伝子組み換えしていない成分無調整を選択すればより良い
小松菜+トマト 小松菜 1/2
トマト(小) 2個
オレンジ 1個
小松菜とオレンジのビタミンCとトマトのリコピンは抗酸化の働きが優秀
アボカド+黒ゴマ アボカド 1/2個
黒すりゴマ 大さじ1
はちみつ 大さじ1
豆乳 150cc
黒ゴマには、髪の健康に欠かせない鉄、カルシウムが含まれている
アボカドは脂溶性ビタミンのビタミンEがとても多く含まれている
アボカドは食べる美容液と呼ばれることもある

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はいつでもおいしい手作りジュースの作り方と材料を紹介してきました。

 

今回紹介してきた組み合わせは、それぞれの食材が持つはたらきの参考例ですので、分量、材料はお好みでえらんでくださいね。

 

手作りのジュースは、野菜や果物に含まれている酵素をたっぷり摂ることができて続けやすく、ダイエットや栄養管理に努力の必要がないことが大きなメリットです。

 

 

次の記事では、国際特許を取得した酵素飲料を紹介しています。

 

 

エネルギーと脂質がゼロなので、カロリーオーバーの心配もありません。

 

天然素材のみを使用してつくられているので、デトックスやファスティング、体調管理や安全なダイエットに最適です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キレイも元気も努力はいらない。からだがよろこぶWEBマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイも元気も努力はいらない。からだがよろこぶWEBマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【β-カロテン】にんじんは加熱するのと生のままとどっちが良いの?

  • 味噌が美容と健康に与える影響って凄い!栄養を損なわない食べ方とは

  • 野菜や果物には農薬が残るって言うけど、洗ったほうがいいの?

  • 1杯で野菜1kg分!野菜ジュースの”最”進化型ってどんなジュース?

  • 【夏を乗り切る】ゴーヤの栄養とおいしさを引き出す調理法と選び方とは?

  • オリーブオイルに種類があるの? メリットともっとおいしくなる使い方!