1. TOP
  2. 健康
  3. 【おなかのクリーニング】半日からはじめるファスティングに必要なことは?

【おなかのクリーニング】半日からはじめるファスティングに必要なことは?

この記事のタイトルとURLをコピーする

ファスティングは、こころとからだをスッキリさせる方法として人気があります。

 

 

成功したときの感覚は、からだが持っている本来の機能を目覚めさせるものです。

 

 

ファスティングは、英語のfast(断食する ・絶食する・精進する)のこと。

 

 

ファスティングの特徴は、

 

デトックス(解毒)

 

腸を休める

 

2つがあります。

 

 

老廃物やからだが錆びる原因になるものをデトックスすることで、からだを一度空っぽにします。

 

 

からだにマイナスなものが少なくなるほど、免疫細胞がはたらきやすい環境が整います。

 

 

免疫細胞の7割は腸で作られている

 

よく言われていることですよね。

 

 

腸を休めることで、腸内に棲んでいる微生物のはたらきが活発になります。

 

 

腸が元気=からだにNG(シミやシワのような老化現象)が起きにくい環境を作り出す条件です。

 

 

デトックスと腸を休めた結果、いちばんきれいな自分を更新する環境が整います!

 

 

こうした、体の機能をスムーズにするためのきっかけとしてのファスティングに注目しました!!

 

 

今回は、楽しくて成功しやすいファスティング!の紹介です。

 

 

 

この記事で紹介した編集部厳選のファスティングに最適なアイテム・ベスト3!

 

 

ホールの果物

食事の一食を果物にすることで、食物繊維やビタミンなどの必要な栄養を摂りながら、カロリーを控え目にすることができるので、ファスティングに向いています。

 

 

しかし、旬の時期を逃すと、栄養価の満足できないものを選ぶことになります。

 

 

スムージー、野菜・フルーツジュース

旬のくだものが手に入らない場合は、手づくりのスムージー、ジュースをオススメします。

 

 

旬がきたら、好きな野菜とくだものを多めに買って、冷凍保存しておくと便利ですよね。

 

 

市販の野菜・フルーツジュースは、栄養価に乏しく、砂糖が添加されている商品も目立つので、あまりオススメできません。

 

 

酵素ドリンク

栄養が豊富で、からだに不可欠な酵素をたっぷり含んでいる酵素ドリンクは、からだをリフレッシュさせるファスティングに向いています。

 

 

酵素ドリンクは、「野菜やフルーツを発酵させた、酵素を豊富に含む飲み物」のことを指します。

 

 

自分で作るのはむずかしいので、質の高い市販の酵素飲料を選びます。

 

 

 

なぜファスティングがいいのか?というと、以下の6つの理由があるからです。

 

 

【1】デトックス

 

臓器を休めると、内臓がリフレッシュされて、炎症をおこしていた部分も修復され、栄養を消化吸収しやすくなります。

 

 

【2】腸活

 

はじめにも紹介しましたが、

 

免疫細胞の7割は腸で作られている

 

 

腸を休めることで、腸内のマクロファージやNK細胞など、微生物のはたらきが活発になります。

 

 

からだをまもる機能がしっかりはたらいてくれることで、からだが元気になります!

 

 

【3】スキンケアに有利

 

腸内環境が整えられると、ファスティングで摂るビタミン類などの栄養素が、からだのすみずみまで届きやすくなります。

 

 

スキンケアでも大切だとされている、ターンオーバーと呼ばれる代謝がまちがいなくおこなわれることで、細胞が必要としている栄養を十分につかえるようになります。

 

 

【4】からだに必要な栄養・たべものを確認できる

 

日頃たべていたものが、自分のからだに必要だったのか知ることができます。

 

 

食事が西洋化した現代の日本では、栄養不足・酵素不足が慢性化しているといっても良いでしょう。

 

 

本来なら代謝に必要なビタミンやミネラル、アミノ酸まで消化酵素に動員されます。

酵素の分子を一つ作るためだけでも、何万ものアミノ酸が消費されてしまいます。

酵素を化学反応させるためには、ビタミンやミネラル、その他の微量栄養素も必ず消費されます。

ビタミンやミネラル、アミノ酸は、代謝に必要な栄養成分ですので、消化酵素だけに大量に使われると、今度は代謝酵素が不足します。

代謝酵素が不足すると、 だるさや疲労が溜まったり、代謝や免疫力が低下して、 健康に害を及ぼします。

こういった状態になるのを防いでくれるのが食物酵素です。

食物酵素は、 食材に含まれている酵素ですが、 事前消化という働きを持っています。

つまり、消化酵素によって消化活動が始まる前に食べ物を消化するので、消化酵素を大量に使わずに済みます。

ですから、食物酵素をたっぷり含んだ食材を摂取すると、消化酵素不足を防ぐと同時に代謝酵素不足も防げると考えられます。酵素 内海聡氏のfacebook

 

 

酵素を大量に消費するたべものと言えば、肉類、揚げ物。

 

 

もともと、自然の食品には、そのすべてに自らを分解する酵素=「食物酵素」が備わっている。

(中略)

ただし、酵素は熱に弱いものがほとんどで、概ね48℃程度で死活する。

 

加工食品はもちろん、煮たり焼いたり、電子レンジで温めたりしても酵素は失われてしまうのだ。

 

つまり食物酵素をとるには、「生のもの」を食べることに尽きる。

 

生野菜・果物・生肉・生魚・漬物・・・など。

 

だが生肉は、ホルモンや様々な病気、食中毒菌やコレステロールなど諸問題があるし、生魚もそうそう毎日大量には摂れない。

 

しかも肉や魚といった高たんぱく・高脂肪の食品はむしろ消化に手間がかかるので、本末転倒だ。

 

結論として、食物酵素をとるために最も効果的なのは、生野菜や果物を豊富に食べること、ということになる。 食物酵素をとるメリットとは?~生野菜・果物

 

 

【5】感覚がシャープになる

 

今までは、食べたものを消化したり、解毒のためにはたらいていた身体の機能を休めることで、五感が研ぎ澄まされてきます。

 

 

【6】理想の体重がわかる

 

理想の体重、あなたは何を基準にしていますか?

 

 

たとえば、ファッションモデルはスリムな体型を維持していますが、自社の洋服を売りたいアパレルメーカーにとっての理想に見えませんか?

 

 

痩せすぎは、体力や筋力を落とすことにもなり、取り戻すのが困難な場合もあります。

 

 

疲労の蓄積は病気や老化につながるので、無理な減量は絶対にしないでくださいね。

 

 

ファスティングに使用する野菜とくだものを選ぶ際の3つのポイント!

 

【ポイント1】旬の時期である

 

野菜もくだものも、栄養をもっとも蓄えている旬のものを選びましょう。

 

 

【ポイント2】生産者の顔が見える

 

無農薬・減農薬、有機栽培でつくっている農家さんが理想的です。

 

もし、有機JAS規格を取得していたら、かなり信頼できます。

 

画像引用元 農林水産省

 

製品にJASマークを付けることができる事業者は、登録認定機関(農林水産大臣の登録を受けた機関です。)から、製造施設、品質管理、製品検査、生産行程管理などの体制が十分であると認定された事業者(認定事業者)です。JAS規格について 農林水産省

 

 

 

【ポイント3】安全なところで買う

 

無農薬・減農薬の野菜やくだものを扱っているか、オーガニックショップや、週末に開かれるマルシェやファーマーズマーケットで質問してみるのも良いですね。

 

 

ネット通販は、それらの情報がホームページに記載されているので、すぐチェックできるのが強みです。

 

 

こうした、新鮮で安全なものをいつでも手に入れることができたら良いのですが、むずかしい場合もあると思います。

 

 

そうしたときは、野菜や果物の農薬を除去する洗い方で対処してくださいね。

 

 

 

誰でも成功!ファスティングのポイント4つ!

 

はじめてファスティングに挑戦する方は、成功を体験しやすいように、3日以内でおこないましょう。

 

 

そんな短期間で変化があるの?

 

と思われることが多いのですが、しっかり実感できますよ。

 

 

ファスティングのポイントは、4つに分けて考えます。

 

 

ポイント1、準備期

 

ポイント2、ファスティング(断食)期

 

ポイント3、回復食期

 

ポイント4、手軽に!半日ファスティング

 

 

成功するために必要なのは、「環境」です。

 

自分が成功しやすい環境を整えた後だから、スムージーや野菜ジュースなどが役に立ちます。

 

 

そうしたことがあるので、週末を利用した3日・1日・半日ファスティングのメソッドを紹介します。

 

 

※長期間(5〜7日)のファスティングは、体調管理や栄養管理がとても重要になります。

 

 

ビギナーには難易度が高くなるので、専門家の指導でおこなってください。

 

 

【ポイント1】準備期の特徴

 

ファスティングでは、かならず準備期間をつくります。

 

 

これから少しずつだけど断食するね

 

と、からだに合図を送ります。

 

 

それと同時に、少しずつ慣れていくことで成功しやすい環境をつくりだします。

 

 

本格的な断食は、時間を取りやすい週末が向いているので、ここでは木曜日にスタートします。

 

 

【木曜日】

焼き魚や煮物など、和食中心の献立にします。

 

 

揚げ物、肉類、加工食品・アルコール・スナック菓子や甘いお菓子(白砂糖、グルテン)は避けて、いつもの食事量の3分の2を目安にします。

 

 

マクロビオティックのメニューを参考にされても良いと思いますよ。

 

 

【ポイント2】ファスティング(断食)期の特徴

 

【金・土・日】

本格的な断食がはじまります。

 

 

朝・昼・晩をスムージー、野菜・フルーツジュース、酵素ドリンクで過ごします。

 

 

冒頭文でも手作りのスムージーやジュースをススメましたが、やはり、好きな味を好きなだけ飲めることが一番の楽しみですね。

 

 

楽しくないことは続けられません。

 

 

外出する際は、ジューススタンドを利用したり、作ったスムージーやジュースをステンレスマグで携帯すると便利ですよ。

 

 

ジュースばかりで挫折しそうな時に、ホールのくだもの以外でオススメなのは、ヨーグルトに酵素ドリンクを加えたデザート風。

 

 

ヨーグルトは市販のものでも構いませんが、無糖タイプを選んでください。

 

 

市販のヨーグルトで満足できなくなったら、豆乳ヨーグルトをオススメしますよ。

 

 

おいしいヨーグルトがとても簡単にできて、おなかすっきりの助けになってくれます!!

 

 

 

スムージーやジュースはいくら飲んでも構いませんし、目的と体調に合わせたジュースのレシピと材料をまとめてあるので、こちらもご覧ください。

 

 

 

【ポイント3】回復食期の特徴

 

【月・火・水】

もう少しで、ゴールが見えてきます。

 

 

終わってすぐに、こってりしたものを食べてしまうと、透明感が増しているからだが驚いてしまいます。

 

 

また、回復期間をつくらないと、リバウンドしたり、おなかがもたれることもありあます。

 

 

おなかに負担のかからないお粥や雑炊などからはじめて、和食中心のからだにやさしい食事を選んでください。

 

 

準備期間と同じように、日頃より少し少なめの量にする、一食をスムージーや酵素ドリンクにするのも良いですね。

 

 

ファスティング(断食)期を1日にすると「1日ファスティング」になります。

 

 

3日と1日のどちらを選ぶか、始める前の体調で決めて、無理はしないでください。

 

 

【ポイント4】半日ファスティングの特徴

 

半日ファスティングとは、朝食のみをスムージーや酵素ドリンクに置き換かえる方法です。

 

 

昼・夜の食事は和食中心。

 

 

むずかしい場合はいつも通りの食事にしてください。

 

 

準備食期間もありませんから、無理をする必要もありません。

 

 

試してみたいけどファスティングに不安がある

 

 

という場合は、半日ファスティングで試してみてから、1日、3日を始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

続けられなくなったら、一度やめる。

 

 

準備が整ったら、また始めれば良いです。

 

 

気をつけたいこと

 

ファスティング期間に冷たいものを飲んで体温が下がることがある場合、温かいものを摂ってください。

 

 

味噌汁はからだが温まり、酵素と乳酸菌、アミノ酸も豊富に含んでいるので、栄養が必要なファスティングに向いています。

 

 

体温が下がると免疫も下がるので、無理はしないでくださいね。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、楽しくて成功しやすいファスティング!を紹介してきました。

 

 

ファスティング

 

という言葉を見たり聞いたりすると、

 

「むずかしそう」

 

「途中でザセツしそう」

 

と思う方が少なくないようです。

 

 

しかし、これまで紹介してきたように、

 

断食のポイントを知ること

 

成功しやすい環境をつくること

 

この2つを準備することで、ガマンしない楽しいファスティングができるようになります!

 

 

ファスティングに入る前に、今回の内容を参照に、納得できてからはじめくださいね!!

 

 

次の記事では、国際特許を取得した酵素飲料を紹介しています。

 

 

エネルギーと脂質がゼロなので、カロリーオーバーの心配がありません。

 

 

また、天然素材のみを使用してつくられていることが、ファスティングやデトックスにピッタリですので、続けてご覧ください。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キレイも元気も努力はいらない! からだがよろこぶWEBマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キレイも元気も努力はいらない! からだがよろこぶWEBマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【すっぴん肌を強くする】 日焼けに負けない頼もしい味方とは!!

  • 【お手軽・安全・低カロリー】美肌&便秘解消に最適なオリゴ糖の魅力とは

  • 買う前に知りたい!オリーブオイルを最高においしく食べる方法とは?

  • ニキビ跡を消すのに特別な方法は要らない?ニキビ跡とサヨナラする方法とは

  • 【保存・切り方・レシピ】甘さが際立つ玉ねぎのおいしい食べ方とは?

  • 野菜や果物には農薬が残るって言うけど、洗ったほうがいいの?