不安と一緒に消えていく 小鼻の黒ずみをきれいにするやさしいケア

鏡を見た時、小鼻の赤みや黒ずみ、ニキビなどが気になって、つい指で押したくなる・・・

 

メディアで紹介されている小鼻ケアを色々やっても解消されない・・・

 

イチゴ鼻になりそうで不安になる・・・

 

焦りや不安は原因を対処を知ることで消えていきます。

 

それを行動に移すことで黒ずみが解消していきます。

 

うれしさや安心を感じながらキレイな小鼻に戻るには何をすればよいのでしょか?

 

今回は小鼻の黒ずみ・イチゴ鼻をケアする方法を紹介していきます。

 

女性を悩ませる小鼻の黒ずみ・イチゴ鼻

黒ずみやイチゴ鼻・・・

 

気になるのは、黒いボツボツを人から見られているのがわかるからなんですよね。

 

小鼻の周辺は生活を感じさせるところだとか。

 

生活感がでている・・・

 

小鼻をきれいにするだけで満足?

黒ずみも消えてイチゴ鼻も解消できた・・・でも何かが足りない。

 

きれいな肌をキープするのは、他人に認められたいんです。

 

心の健康維持のための当り前の欲求です。

 

それを挫こうとするのが、ネガティブな感情なんです。

 

黒ずみやイチゴ鼻を見ていると・・・

 

モヤモヤしてくる・・・

 

モヤモヤの正体は不安です。

 

不安と黒ずみを、ふさわしい対処で減らしていきましょう。

 

集まる視線も変わる

ポジティブに注目を集める人にはどんな特徴があるでしょう?

  • 楽しそうにしている
  • リラックスしている
  • 自信があるように見える

 

きれいな肌をキープできているって相当な自信になります。

 

だって、視線を集めて褒められるものを持っているんですよ。

 

それだけの価値があるんです。

 

ずっと感じていたい

 

  • うれしい
  • 楽しい
  • 快適
  • しあわせ

 

スキンケアには「気持ちいい感情をたくさん感じていたい」という欲求が含まれていることはご存じですよね。

 

洗顔料のCMに出ている人たちが幸せそうな表情をするのにはそうした理由があるんです。

 

できれば、ずっと感じていたいですよね。

 

楽しい時間が長いほうがいいですよね。

 

そのために、黒ずみ・イチゴ鼻ができてしまう仕組みを見ていきましょう。

 

どうして黒ずみやイチゴ鼻ができるの?

古い角質や皮脂などの老廃物、メイクの残りやほこりが毛穴に詰まり酸化して固まったものが、皮膚の表面に黒い点になって表れるのが黒ずみです。

 

黒ずみが目立つようになるとイチゴ鼻と呼ばれるようになります。

 

鼻は無意識に手で触れることが多く汚れが付きやすい部分です。

 

物を近付けるのも黒ずみの原因になるので、できれば避けたほうがよいでしょう。

 

黒ずみ・イチゴ鼻を解消していく方法

黒ずみやイチゴ鼻になってから対処するのは時間がかかるし、ダメージを受けた肌の刺激にならないように気を配ることが増えます。

 

ターンオーバーと関係していることなので、約1か月前の生活に原因があることになります。

 

今、やっていることが1ヶ月後の肌に影響することなので、必要なことは今すぐはじめなくてはいけません。

 

必要なことを見つけるために【その1~4】を参照してください。

 

【その1】洗顔

洗顔が肌の刺激にならないようにするために必要なことがあります。

 

  1. 自然由来100%のせっけんや米ぬかを使う(弱アルカリ性)
  2. しっかり泡立てて、肌を泡ですすぐように洗う
  3. せっけんが残らないように念入りにすすぐ
  4. 美容液や化粧水で毛穴を引き締めるアフターケア(コットンパックも)

 

この4つができていれば、洗顔はうまくいきます。

 

2~4はちからを入れすぎないようにするのがポイントです。

 

【その2】睡眠

必要な睡眠時間は人それぞれ差があるので、快適な時間を見つけてください。

 

寝ている間は代謝が活発になるので質の高い睡眠は大切です。

 

セロトニンという物質が睡気に関係しているので、就寝前にセロトニンをつくるのに必要なプロテイン(タンパク質)を摂るのも良いのではないでしょか。

 

リラックスして眠るために携帯電話の電源をオフにして着信音がきこえないようにするのも良いと思います。

 

【その3】食べ物

栄養バランスのとれた食事は・・・必要ありません。

 

喉の弱い人、風邪をひきやすい人、目が疲れやすい人がいるように、必要な栄養も人それぞれ違ってきます。

 

なにが自分に必要なのかを論理的に知るには高度な科学的知識が必要になるので、そこまで求めなくても良いと思います。

 

からだに現れた変化に対応したり、予防する材料としての栄養を摂れば、良い方向へ変化していきます。

 

それがビタミンやミネラル、三大栄養素に当たります。

 

続けることが黒ずみなどの予防につながるので、欠かせないことです。

 

数ある中でも美容ビタミンと呼ばれるビタミンBは、摂っておきたい栄養です。

 

近代の日本人は食生活の変化でビタミンBが不足しているといわれているので、意識して摂ることをおススメします。

 

腸内環境が肌に与える影響は大きいので、ヨーグルトのような発酵食品を摂ることもいいです。

 

抗酸化物質のビタミンEや不飽和脂肪酸を豊富に含んでいるアボカドは食事に取り入れたい果物です。

 

また、抗酸化物質のポリフェノールやビタミンCを含んでいる緑茶を食後に飲みたいですね。

 

【その4】からだを動かす

ゆっくりした動きはリラックスでき、ストレスを解消してくれます。

 

心拍数を上げないので老化の原因になりません。

 

寝る前にヨーガやストレッチが良いとされているのは、からだの緊張が弛むからです。

 

催眠の先駆者、九州大学名誉教授・吉備国際大学教授の成瀬 悟策氏は、

 

「人間はストレスに応じて、からだを緊張させる」

 

「からだに過剰な緊張が生じたら、自分で弛めるのがリラクセーション(リラックス)である」と語っています。

 

つまり、「筋肉を弛ませるのではなく、心理的な緊張を弛ませるために筋肉を使う」ということです。

 

こうしたことから、ヨーガやストレッチのようなゆっくりした動きは、緊張を弛ませるのに適しています。

 

ヨーガとストレッチは、どちらにも、いろんなポーズ・やり方があり、狭い部屋でもできるので試してみてください。

 

特に、ヨーガの足首回しはベッドの上でも、椅子に座ってもできるので、いつでもできます。

 

できるだけゆっくり回すのがポイントです。

 

ストレスも肌の大敵なので、生活に取り入れたいですね。

 

家族と一緒にヨーガの時間をつくるのも良いアイデアだと思いますよ。

 

筋膜リリースをやっていると緊張が弛んでいくところが似ていると感じます。

 

こちらもポーズが簡単なので始めやすいですね。

 

自分に必要なものを選ぶ

【その1~4】で紹介してきたことを全部はじめるのはムリがあるので、生活や体調に合わせたものから実践してください。

 

それぞれがきれいな肌をキープするのに有効な手段で、欠かすことのできないことです。

 

まったく運動しないと、体力も保てなくなります。

 

少しの時間からはじめて楽しい時間を増やすきっかけにしてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は小鼻の黒ずみ・イチゴ鼻をケアする方法を紹介してきました。

 

悩ましいことでも、原因と対処を知ることで解消していくことができます。

 

何より大切なのは、続けることです。

 

そのために今回の特集は役に立ちます。

 

あなたの生活を豊かにするために、ぜひ参照してください。

 

また、こちらの記事では刺激にならない洗顔やパックの方法を紹介していますので、ぜひご覧ください。