至近距離で見つめられたくなる!肌のキメを細やかに整える方法とは

あなたは肌のキメの細かい女性を見て、自分の肌と何が違うのか、分析したことがありますか?

 

顔の印象を決める肌のキメに良い影響を与えることのできるポイントを見つけることができれば、あなたの肌を今より美しくすることができます。

 

肌のキメの細かい女性がしていることで、あなたが今すぐ真似するべきことは何でしょうか。

 

ここで紹介している方法や情報を使って、キメの細かい肌を手に入れるきっかけにしてください。

 

キメを整えるのは正しいスキンケア」をイメージしながら読み進めてください。

 

肌のキメを決めるもの

肌のキメって何?

皮膚の表面をよく見たり、レンズで拡大してみると、無数の溝(皮溝/ひこう)と、皮溝で区切られてできた三角形や四角形、ひし形などの細かい盛り上がり(皮丘/ひきゅう)があります。

 

皮溝の深さと皮丘の形が肌の印象に影響すると言われています。

 

肌の表面には皮溝と皮丘の状態により菱形や三角形の模様があり、皮溝の幅が細かく適度な深さの肌は皮丘の形が小さく、規則正しく並んでいる状態を見て「キメが細かい」、「キメが整っている」と言います。

 

肌のキメは決めているのは角層の「質」

肌のいちばん外側にあり、美肌の鍵をにぎると言われる角層は、バリア機能・保湿機能という重要な役割を果たしています。

 

「肌がきれい」、「美しい肌」とは肌の角層を見た印象のようです。

 

肌のキメが乱れる原因とは

キメの細かさ、粗さは生まれつきのもので性別や年代によって違いがありますが、肌のキメは特に乾燥によるダメージと、ストレスによる内的なもので乱れやすくなると言われています。

 

肌の保湿が整っていると、皮丘が潤い、ふっくらとしてキメが揃います。

 

キメが整うと透明感も生まれ、明るい印象を与えるようになります。

 

しかし、乾燥して水分が不足して皮丘がしぼむと形がたるみ、キメが乱れやすくなります。

 

キメが粗くなった肌は、乾燥により硬くザラつきが目立つようになり、毛穴が開き、ハリやツヤも失われます。

 

このようにダメージが蓄積すると、小ジワが目立ってきます。

 

肌のキメを整えるお手入れのポイントとは

 

肌のキメを細かくするにはどうしたらいいですか?

 

小学生の頃から鼻に黒いポツポツ(角栓?)が…その後も鼻の横の頬にも広がって、取っても2日くらいでまた黒くなります。

 

ちょっと大きめのポツポツだと思うのですが、キメが粗いからですよね。

 

キメを細かくする(毛穴を小さくする)手軽でいい方法ありませんか?

出典 肌のキメを細かくするにはどうしたらいいですか?

 

肌のキメ整える方法教えてください

加齢に伴い、肌のキメの乱れ、気になります

 

何とかしたいんで、時短&リーズナブルな方法ありますか

出典 肌のキメ整える方法教えてください

 

肌にキメがないので、改善方法を教えて下さい。

エステの体験に行って肌の状態を見てもらったところ、顎のラインは少しありましたが、両頬はもうまったくと言っていい程キメがありませんでした。

 

キメのある肌にする為に、日常的にできることは何でしょうか?

 

今日は出かけていて遅くなりましたが、基本的には22時、どれだけ遅くとも日付が変わる前には寝ようと心掛けています。

出典 肌にキメがないので、改善方法を教えて下さい。

 

肌について 私の肌は キメが整っていない

ニキビがたくさん(赤ニキビがほとんど、ニキビ跡有り)
脂性で全体がてかてかします

 

お手入れはクリームタイプのクレンジングで化粧を落として からよく水ですすいで洗顔料は使いません。

 

そのあと化粧水をたっぷりつかってコットンパックを5分します。

 

そのあとはなにもつけません。

 

乳液かクリームかなんかをつけないとだめだと思っていましたが、最近脂性はつけなくてもいいとネットでみたのでやめてみました。

 

毎日のコットンパックを始めて3日目ですがよく効果はわかりません。

 

このままこの方法を続けていいんでしょうか?

 

ほかにお手入れ方法などアドバイスがあったらよろしくお願いします。

出典 肌について 私の肌は キメが整っていない

 

キメの細かい肌を手に入れるお手入れのポイントをお伝えします。

 

大切なのは十分な保湿をすること

細かいキメを整えるためには、保湿を十分に行うことが大切です。

 

肌に必要な水分・油分を補給がきちんと含ませるために、化粧水と乳液やクリームでベーシックなケアを行います。

 

化粧水は少し多めでも構いませんが、油分を含む乳液やクリームは肌に残るとニキビの原因になるので塗り過ぎないようにします。

 

肌の保湿ができると潤いを保つだけでなく、キメが細かくなり、肌をダメージやトラブルから守ってくれます。

 

潤いを保ち肌の乾燥を防ぐために、以下の保湿成分が入った化粧品をお使いになることをおすすめします。

 

代表的な保湿成分

  • セラビオ
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • コンドロイチン
  • プラセンタ
  • グリシン・アルギニンなどのアミノ酸

 

あなたの肌と身体を守るために、

  • 石油由来成分
  • アルコール
  • 着色料
  • 香料
  • 保存料
  • 旧指定成分

が入っていない化粧品を選んでください。

 

紫外線対策

肌のキメを整えるためには、年間を通じて紫外線対策を行うことも大切です。

 

多すぎる紫外線を浴びることで、肌のリズムが乱れやすくなり、正常なターンオーバー(肌の新陳代謝)を妨げる原因になります。

 

代謝が乱れることでキメが乱れるので、原因を作らないようケアしましょう。

 

古くなった角質が残るとメラニンの生成を促進させてシミ・くすみができる原因にもなるので、角質ケアも同時に行うと良いでしょう。

 

生活習慣を見直す

偏った食生活や睡眠不足、運動不足や冷えなどにより血行が悪くなると、ターンオーバーを遅らせてしまいます。

 

更に身体の免疫が低下し体調不良の原因にもなるので、

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル

などのバランスが取れた食生活を心がけ、睡眠時間も十分摂ってキメが乱れる内的な要因を減らしましょう。

 

健康的な生活を継続することは肌を健康に保ち細やかなキメを整える基礎になってくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「キメを整えるのは正しいスキンケア」とは、シンプルなことです。

 

難しく感じるのは、生活のすべてが関係していることから、どこから手を付けて良いのか分らなくなっているからではないでしょか。

 

肌のキメという繊細な部分に目が届くということは、スキンケアに気を配れている証拠です。

 

その上で自分の肌の状態を客観的に知り、どんなケアの方法があるかを知るのはとても有効です。

 

そのために、今回ご紹介した方法や情報はとても役に立ちます。

 

自分の肌の状態に関係のある成分が含まれている化粧品を選び、ケアを続けることでキメの細かい肌を手に入れてください。

 

こちらもご覧ください。

 

スキンケアの基本を押さえておくことで、より高い効果を得ることも可能です。

 

ケアの基本とも言える、年齢に左右されずに肌をきれいにする方法をまとめてありますので、こちらも是非ご覧ください。

 

最初のコメントをしよう

必須