てんさい糖と砂糖のちがいは?安全でからだがよろこぶおススメの砂糖とは?

「砂糖はどれがいいの?」

「もしかしたら、料理によって使い分けたほうが良いかもしれない・・・」

 

ひとくちに砂糖といっても、種類がたくさんあって、どれを買えばいいのか迷うことがありませんか?

 

ちがいは砂糖の色だけでありません。

 

てんさい糖やきび砂糖など健康志向は高い人たちに人気の砂糖から、よく見かける上白糖まで、特徴がまったくちがいます。

 

見た目でわからないだけで判らないそれぞれの製造法や栄養成分とは?

 

今回はてんさい糖とほかの砂糖のちがいの紹介です。

 

 

砂糖の色は製造法のちがい

いろいろな砂糖

 

砂糖には大きく分けて色の白い砂糖と茶色い砂糖があります。

この色のちがいがうまれる原因は製造法です。

 

茶色い砂糖はさらに2つに分かれます。

まずは、砂糖の色ちがいと種類を紹介しますね。

 

白い砂糖

砂糖 甘味料

色が白い砂糖は、原料からミネラルや不純物を取り除いて、「ショ糖」という甘み成分だけを精製しています。

精製糖」と呼ばれるもので、漂白されているわけではありません

 

原料は、サトウキビ、てん菜(ビート・さとう大根)がつかわれています。

 

無色透明な「ショ糖」が集まり、光が乱反射することで色が白く見える、上白糖・グラニュー糖、ザラメができあがります。

 

色の白い砂糖
上白糖

グラニュー糖

ザラメ

 

茶色い砂糖

色の茶色い砂糖

原料を煮出したあと、ゴミやカスを取り除いてから、煮詰めたり乾燥させたりしてできあがるのが、茶色い砂糖です。

糖蜜が残った茶色い「含蜜糖」と呼ばれる栄養成分が残った砂糖です。

 

・黒糖

サトウキビを煮出した後、ゴミを取り除いたら、それ以上精製しないで煮詰めると「黒糖(黒砂糖)」になります。

 

さほど精製しないので、黒糖の持つ独特の風味や味をつくり出します。

また、ミネラルやビタミンがしっかり残っています。

 

・きび砂糖

サトウキビを煮出した後、黒糖を煮詰めると「きび砂糖」ができます。

より精製しているので、黒糖と比べて薄い色になります。

 

・てんさい糖

てん菜(ビート・さとう大根)を煮出した後、煮詰めて残った糖蜜を乾燥させてつくります。

 

茶色い砂糖
黒糖

きび砂糖

てんさい糖

 

精製して茶色くなる砂糖

精製した茶色い砂糖

三温糖、中ザラ糖も茶色い砂糖ですが、黒糖やてんさい糖のような含蜜糖ではありません。

 

上白糖を抽出した糖液をさらに煮詰め加熱することで、カラメル化させてつくります。

 

見た目が茶色でも、含蜜糖ではなく精製糖なんです。

そのため、見た目とは裏腹に、栄養成分はほとんど含まれていません

 

精製して茶色くなる砂糖
三温糖

中ザラ糖

 

ヘルシーな砂糖がおススメ!!

黒砂糖 粉末

 

上白糖やグラニュー糖など、栄養成分に期待ができない砂糖は、健康面からおすすめしません。

たくさんの種類から、安全でヘルシーな、黒糖、きび砂糖、てんさい糖をおすすめします!!

 

ここでは、特徴と含まれている栄養成分をご紹介します。

 

栄養価が高い【黒糖】

黒糖は、サトウキビを煮出して、そのまま煮詰めて固めた砂糖です。

 

栄養成分を失う加工や精製がされていないため、ミネラルの量は、含有糖のなかで黒糖が最も多く含まれています。

 

黒糖には糖液をそのまま冷やして固めた固形タイプと、細かく砕いた粉末タイプがあります。

 

固形タイプはそのまま口に含んで飴のように味わうこともできます。

食材点や大きめのスーパーで見かける商品が、それです。

 

粉末タイプは調理に向いています。

 

黒糖100グラムに含まれる
おもな栄養成分
エネルギー 356kcal
ナトリウム 27mg
カリウム 1100mg
カルシウム 240mg
マグネシウム 31mg
リン 31mg
4.7mg
亜鉛 0.5mg
ビタミンB1 0.05mg
ビタミンB2 0.07mg
ナイアシン(ビタミンB3) 0.8mg
ビタミンB6 0.72mg
葉酸 10μg
パントテン酸(ビタミンB5) 1.39mg
ビオチン(ビタミンB7) 33.8μg

 

ミネラルが豊富【きび砂糖】

黒糖をさらに煮詰めてできたきび砂糖は、三温糖や上白糖と比べたら、ミネラルが多く含まれています。

 

サラッとした粉末が特徴で、お菓子づくりから本格的な調理まで、どんな料理にも使いやすく重宝します。

健康を考えて色の白い砂糖を使いたくない人、黒糖の風味が苦手な人にもおすすめです。

 

きび砂糖100グラムに含まれる
おもな栄養成分
エネルギー 396kcal
ナトリウム 17mg
カリウム 172mg
カルシウム 21mg
マグネシウム 13mg
リン 1mg
0.3mg
0.10mg

 

腸内環境を整える【てんさい糖】

てんさい糖が腸内環境を整えるのに役立つのは、天然のラフィノースオリゴ糖を含んでいるから。

 

ラフィノースオリゴ糖は腸内細菌の栄養になり、菌数を増やすことから、「腸内環境を整える」ためにはたらきます。

まさに、腸活にピッタリなんです。

 

また、オリゴ糖はからだに必要な栄養です。

野菜不足を感じている場合は、オリゴ糖の摂取もおすすめですよ。

 

てんさい糖を購入する前に、気をつけたいポイントがあります。

原料が遺伝子組み換え・GMOの場合、選ばないでください。

 

てんさい糖100グラムに含まれる
おもな栄養成分
エネルギー 384kcal
ナトリウム 16.2mg
カリウム 14.4mg
カルシウム 3.9mg
マグネシウム 1.4mg
ラフィノースオリゴ糖 0.5g

 

料理に合わせてつかい分ける

黒砂糖 粉末 調理

プレーンでコクのある【黒糖】

黒糖は強い甘みと、しっかりしたコクと風味が魅力です。

 

ぜんざいなどの強い甘みが必要なときは黒糖のような精製されない砂糖が向いています。

甘みがつきやすく、量も少なくてすみますよ。

 

他にも、あんみつ、わらびもち、といった風味をたのしむ和スイーツ

カボチャの煮物、豚の角煮、肉じゃが、酢豚、もずく酢、といった照りとコクを味わうおかずまで、幅広く使えます。

 

自然の甘み成分を活かせる【きび砂糖】

きび砂糖は、黒糖よりクセが少ないナチュラルな風味と、まろやかな甘さが特徴です。

 

白砂糖より個性があるけど黒砂糖よりクセと甘みが少ない特徴を活かして、お菓子づくりからごはんやおかずまで調理できます。

 

お酢と合わせて「酢飯」

醤油と合わせて「甘じょっぱいタレ」

つぶあん、こしあんと合わせて「和菓子」

クッキーやスポンジケーキなど「洋菓子」

 

きび砂糖は自然の風味と甘みが、どんな料理にも合う万能甘味料になります。

 

甘さ控えめな【てんさい糖】

てんさい糖は、白砂糖のかわりとして、一番つかいやすい砂糖です。

 

和食、イタリアン、中華など、どんな料理にも向いています。

 

調理だけでなく、ヨーグルトに加えて食べるのに一番向いている砂糖です。

乳酸菌のエサになるオリゴ糖を含んでいるので、他の砂糖と比べてヘルシーです。

 

きび砂糖よりさらに甘さが控えめで、砂糖のかわりに使う場合は、甘みに差を感じることもあります。

そのため、つかう量を増やして加減しないと物足りなくなることも。

 

このように、控えめな甘さが白砂糖のかわりに人気の理由です。

 

おススメの砂糖 まとめ一覧表

 

黒糖
黒砂糖 粉末
【ポイント】
精製していないので栄養価が高い。

固形タイプはそのまま口に含んで飴のように味わうこともできる。

【おもな栄養成分】
  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • パントテン酸(ビタミンB5)
  • ビオチン(ビタミンB7)
【おすすめの使い方】
和スイーツ。

照りとコク味わうおかず。

きび砂糖
きび砂糖
【ポイント】
白い砂糖より栄養成分が豊富。

黒糖よりクセが少ない。

【おもな栄養成分】
  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • リン
【おすすめの使い方】
酢飯

甘じょっぱいタレ

和洋菓子

てんさい糖
てんさい糖
【ポイント】
天然ラフィノースオリゴ糖を含んでいることから、腸活に有利。

アメリカ・カナダ産、北海道産の原料(てん菜)は遺伝子組み換え・GMOの可能性が高い。

選ぶなら、安全性の高いオーガニック製品がおススメ。

【おもな栄養成分】
  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • オリゴ糖
【おすすめの使い方】
和食、イタリアン、中華。

オリゴ糖を含んでいるので、ヨーグルトに加えてもヘルシー。

 

安全な砂糖のえらび方

遺伝子組み換え・GMO ストップ

 

ヘルシーな砂糖でも、てん菜が原料になっている製品は注意が必要です。

 

アメリカ・カナダ産、北海道産のてん菜は遺伝子組み換え作物・GMOの可能性がとても高いことがその理由です。

 

「色が付いている砂糖がオーガニックシュガー」という情報を見かけますが、誤りです。

染色体異常、がんの原因になる危険性のあるGMO作物原料の砂糖は避けましょう。

 

有機JAS規格などオーガニック認証を取得している商品をえらんでください。

 

おすすめ NG
オーガニック認証 遺伝子組み換え作物・GMO原料

 

有機砂糖とは

有機砂糖・オーガニックシュガー

 

有機JAS規格などのオーガニック認証を取得したオーガニックシュガーのこと。

 

有機栽培された原料でつくられた安全性の高い砂糖です。

  • 有機サトウキビはブラジル
  • 有機てん菜はスイス、リトアニア

がおもな原産国です。

 

ほかには、

  • ココナッツシュガー
  • パームシュガー

もオーガニック製品があります。

 

オーガニック認証を取得するために必要な、おもな条件
3年以上農薬を使用していない土壌で栽培する

遺伝子組み換え・GMO種子をつかわない

化学合成された農薬・肥料をつかわない

 

関連記事

 

まとめ

 

今回はてんさい糖とほかの砂糖のちがいを紹介してきました。

 

これではじめて砂糖のちがいを知った人でも、目的に合わせた砂糖を迷わないで購入することができると思います。

 

色のちがいだけで判断できない大きなちがいは、あなたの健康に大きく影響をおよぼします。

安全・安心・おいしい砂糖をえらんで、日ごろの食生活をより豊かにしてください!!

 

次の記事では、安全な甘味料のひとつ、おすすめのはちみつを紹介しています。

 

はちみつも砂糖と同じように、安全性を見た目だけで判断するのは、かなりむずかしいことです。

「国産はちみちが安全」というイメージは決して正しくありません。

 

おすすめの原産国から、はちみつの種類まで紹介しているので、つづけてご覧ください。