オリーブオイルに種類があるの? メリットともっとおいしくなる使い方!

日本でもオリーブオイルが一般的になって、パスタをはじめいろんな料理に使う機会が増えました。

 

しかし・・・

 

あなたは、

 

オリーブオイルをおいしく食べていますか?

 

オリーブオイルの種類と特徴を知ることが、今の使い方より上手に、もっと美味しく食べるきっかけになります。

それらを知ってしまえば、オリーブオイルの選び方に迷うこともなくなり、品質の良いオイルをもっと楽しめるようになります。

 

今回はオリーブオイルのメリットとおいしく食べる使い方の紹介です。

 

オリーブオイルのランクをチェック!

 

一口にオリーブオイルといっても、いろんな種類があります。

 

その中でも、生食に向いているのは、はじめに紹介するバージンオリーブオイルになります。

オリーブジュースと言っても良いくらいフレッシュなオイルは、他の植物油では味わえない香りと風味を楽しめます。

 

買い物の際も、このランクを知っていれば、本物を手に入れやすくなります。

 

1つめは、バージンオリーブオイル

 

特徴は、

 

採油したオイルそのままで、化学処理をまったくしない

 

さらに、酸度が0.8%(100g当たり0.8g)以下のものをエキストラバージンオリーブオイルと呼び、これが最高級品となります。

 

エキストラバージン以外には、3種類のバージンオリーブオイルがあります。

 

1.ファインバージンオリーブオイル

 

エキストラバージンとほとんど変わりません。

 

唯一の違いは、酸度(2.0以下)くらいです。

 

2.オーディナリーバージンオリーブオイル

 

酸度は3.3以下

 

エキストラ、ファインと比べると、少し辛みと苦味を感じます。

 

3.ランパンテバージンオリーブオイル

 

酸度は3.3以上

 

食用にはあまり向かず、精製して他のバージンオリーブオイルとブレンドして使われます。

 

2つめは、精製オリーブオイル

 

特徴は、

①ランパンテバージンオリーブオイルを化学処理したもの

②化学的に還元して脱色・脱臭する

③酸度は0.3以下

 

バージンオリーブオイルよりも酸度が低くなるのは化学処理を施すためです。

 

もうひとつ、精製オリーブポマースオイルと呼ばれるものがあります。

 

特徴は、

 

①ランパンテを精製する際にでた搾りカスに、有機溶剤をつかって抽出したもの。

②酸度は0.3以下

 

3つめは、オリーブオイル

 

スーパーなどで目にする機会の多いものです。

 

1つめは、ピュアオリーブオイル

 

特徴は、

①精製オリーブオイルと、バージンオリーブオイルをブレンドしたもの

②ブレンドの比率はメーカーごとに異なる

③酸度は1.0以下

 

2つめは、オリーブポマースオイル

 

ピュアオリーブオイルとの違いは、ブレンドするのが精製オリーブポマースオイルだということ。

 

販売する際に正式名称を表示する義務があるので、そこで判断しましょう。

 

生産量世界1位はスペイン!

 

日本でも、近頃は健康によいという認識が広まり、オリーブオイルを正しく広めようとする団体がコンクールを開催したり、オリーブオイルソムリエという民間の認定資格が登場するなど、オリーブオイルの注目度は上がり続けています。

 

日本では、パスタに使われるなどイタリア料理と一緒に紹介されてきたこともあり、オリーブオイル=イタリア産というイメージが強くなっています。

 

 

しかし、生産量世界1位の国は、なんとスペインなんです!

 

国内生産量は年間780万トン以上、世界で流通しているオリーブオイルの約40%はスペイン産で、100カ国以上で消費されるほど知られています。

 

世界第2位がイタリア産で、生産量はスペインの半分に満たない量です。

これほど差がつくには、オリーブオイルの国際的なルールが影響しています。

 

それは、中身が100%スペイン産のオリーブオイルでも、イタリアに持ち込んでボトリングしてしまえば、made in Italyとして流通できてしまいます。

 

こうしたルールがあることが、スペイン産オリーブオイルの輸出先でダントツ1位なのがイタリアになっている理由です。

 

余談ですが・・・オリーブオイルにまつわるベスト3!

 

世界一のオリーブ産出国は、スペイン

世界一のオリーブオイル輸出国は、イタリア

世界一のオリーブオイル消費国は、ギリシャ

 

オリーブオイルの上手な使い分け方

 

種類ごとの特徴がはっきりしているオリーブオイル。

 

その中でも、とくに料理に使いたいのがエキストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルの最上級品です。

 

エキストラバージンオリーブオイルは加熱しても良く、香りや風味が、炒めものや揚げものにアクセントを加えてくれます。

ただ、加熱することで、香りや風味が弱まります。

 

最高のオイルを最大限に活かすということにはならないといことから、「エキストラバージンオリーブオイルは生食用」と知られているのではないでしょうか。

 

通常は、ドレッシングに加える、エキストラバージンだけをサラダにかけるのが、最もおすすめできる食べ方です。

香りも風味も活かしながら調理に使いたい場合は、加熱調理後に、仕上げとして加えると良いでしょう。

 

精製オリーブオイルと普通のオリーブオイルは、バージンオイルに比べると、香りや風味が少ないので、香りを楽しむというよりは、普通のサラダ油のような使い方が良いと思います。

 

共通しているのは、光、温度、湿度に弱いので、冷暗所に保存して短期間で食べ切れる量を買いましょう。

 

オリーブオイルの保存で気にしたいこと

 

①色のついた遮光性の高いボトルに入っている

 

②冷蔵庫で保存するとさらに酸化が遅くなる

 

そして、匂いが強くなったり加熱して煙が出やすくなったら、破棄しましょう。

 

からだに必要なものを補ってくれる

 

オリーブオイルには、人間のからだに必要だけど、体内で作りだせない栄養素が含まれています。

 

オレイン酸という名前で知られている不飽和脂肪酸です。

 

脂肪の構成要素である脂肪酸のうち、植物や魚の脂に多く含まれるもの。

体内で合成できないため、摂取する必要がある必須脂肪酸はこれに含まれる。

 

脂肪を構成している要素である脂肪酸は、分子の構造的な違いから飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されますが、そのうち植物や魚の脂に多く含まれるものを不飽和脂肪酸といいます。

飽和脂肪酸はおもに動物性の脂肪に含まれます。

 

不飽和脂肪酸はさらに、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。 一価不飽和脂肪酸でよく知られているオレイン酸はオリーブ油に多く含まれ、血液中のLDLコレステロールを下げる効果があります。

出典 不飽和脂肪酸 厚生労働省

 

オレイン酸という名称は、オリーブオイルが由来になっています。

それほど多く含まれているということですね。

 

さらに、エキストラバージンにはポリフェノールが含まれています。

 

活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除く物質のこと。

ポリフェノール、カロテノイドなどの種類がある。

 

活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑える物質のことです。

 

活性酸素は微量であれば人体に有用な働きをしますが、大量に生成されると過酸化脂質を作り出し、動脈硬化・がん・老化・免疫機能の低下などを引き起こします。

抗酸化物質には、体内で合成される体内合成抗酸化物質のほかに、ポリフェノールとカロテノイドがあります。

出典 抗酸化物質 厚生労働省

 

酸化=老化ですから、ポリフェノールは日ごろから摂りたい栄養ですね!!

 

オリーブオイルと相性の良い食材とは?

 

からだにも良く、味も香りも素晴らしいオリーブオイルを美味しく食べるために、相性の良い食材が欠かせません。

それも、日ごろから食べていて手に入りやすい食材でなければ意味がありません。

 

手に入りやすい食材の中でも、ドレッシングやサラダにしてもおいしいものと言えば・・・

 

レシピ・画像引用元:私が作る簡単料理 – 寿堂

 

玉ねぎたっぷりドレッシング

 

材料

玉ねぎ中1コ

オリーブオイル50cc

酢50cc

醤油50cc

お好みで砂糖小さじ2

塩少々

 

作り方

オリーブオイル、酢、醤油を1:1:1の割合で入れ、砂糖も入れる。

玉ねぎをすりおろし5〜10分程度炒める。(よく炒めると辛さが消えて甘くなるので好みで)
あとは混ぜるだけ!

 

色々なレシピを見ましたが、玉ねぎを半分だけ使うとかが多いんですよね。

玉ネギが半分残るのが嫌だったので、1玉使うレシピに。調味料の量がバラバラだと分かりづらいので、1:1:1で。

 

砂糖は好みなのでなくてもOK!

よく作るものなのでお手軽さ大切です。

 

もしかしたら最強の組み合わせ?

 

以前も紹介したことのある食材・アボカドは「食べる美容液」と呼ばれるほど栄養が豊富です。

 

 

 

オリーブオイルはオメガ9(n-9系)の一価不飽和脂肪酸

 

アボカドはオメガ3(n-3系)の多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸

 

多価不飽和脂肪酸はn-3系とn-6系に分けられます。

n-3系にはα-リノレン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)、IPA(イコサペンタエン酸)があり、α-リノレン酸は体内でIPA、さらにDHAと変化します。

 

また、n-6系のリノール酸は体内でアラキドン酸を作り出し、イコサノイドという生理活性物質にもなります。

 

α-リノレン酸・リノール酸・アラキドン酸は体内で合成できないため、必須脂肪酸と呼ばれています。

これらは動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、LDLコレステロールを減らすなど、さまざまな作用を持っています。

 

ただし、熱や光、空気で酸化しやすく、過酸化脂質になるので注意が必要です。

高温で調理すると大気中の酸素と反応し過酸化脂質となるので、食物として摂る場合、揚げ物や炒め物よりドレッシングなどに向いています。

出典 不飽和脂肪酸 厚生労働省

 

オリーブオイルと組み合わせたら、美容と健康に最強の組み合わせができますね!

 

レシピ・画像引用元:毎日でもいけちゃうアボカドのおつまみ – 主婦のよよよがゆる~く発信!

 

材料

・アボカド

・玉ねぎ(赤玉ねぎでも)

オリーブオイル

・酢

・塩

・お好みでコショウor黒コショウ

 

簡単です。

 

オリーブオイルと酢の量は1:1

 

玉ねぎはみじん切りにして少し水にさらしておきます。

あとは上記の材料を混ぜるだけです。

 

しいていえば、美味しい食べ頃のアボカドを選ぶことですね!

サッパリとしていて、美味しいです^^

 

アボカドの皮を器にすると、お客様が来たときなんか見た目もいいです♪

 

サラダに加えて

 

エキストラバージンオリーブオイルは、おいしいサラダの引き立て役にも相性が良いみたいです。

 

レシピ・画像引用元:疲れた胃にも優しい♪白菜のヨーグルトサラダ

 

【材料】2人分

白菜 120グラム

ニンジン 30グラム

 

【調味料】

ヨーグルト 大さじ1.5

オリーブオイル 大さじ1

塩 2つまみ

砂糖 小さじ1/4

粉チーズ 適量

粗びきコショウ 適量

 

【作り方】

 

1.白菜(120グラム)は1センチ幅

ニンジン(30グラム)は細切りにしておきます

 

2.ボールに

ヨーグルト(大さじ1.5)

オリーブオイル(大さじ1)

塩(2つまみ)

砂糖(小さじ1/4)

を混ぜてドレッシングとしておきます

 

3.ドレッシングに白菜、ニンジンを入れてしっかりと混ぜます

 

4.馴染んだら器に盛って粉チーズ(適量)、粗びきコショウ(適量)をかけて出来あがり

 

火を使わないのでとっても簡単ですねー

最後に上から粉チーズをかけると一気にシーザーサラダ感が出ますね

白菜はえぐみがなく食べやすいのでいいいですね

 

まとめ

 

今回はオリーブオイルのメリットとおいしく食べる使い方を紹介してきました。

 

産地や種類によって使い方が分かれるオリーブオイル。

 

今使っているオイルで満足できていない方やあまり気にしていなかった方も、良いオイルを見つけて食事を楽しむきっかけにしてくださいね!!

 

次の記事では、日本でしか手に入らない季節のあるオリーブオイルを紹介しています。

 

スペイン・アンダルシアのオリーブが原料のオイルは、

 

どうすれば日本人に満足してもらえるのか?

 

を、コンセプトに製造しています。

 

そこから、春夏秋冬、季節ごとのブレンドがなされたオリーブオイルが誕生しました!!

日本でしか味わうことのできない、オリジナル・オイルです!!

 

生産者・畑・搾油所・品種の情報を公開しているオリーブオイルは、味・香りといっしょに、安心と安全もパッケージされています!

 

あやしいオリーブオイルは過去のもの。

これから、偽装されたオイルに惑わされることは、なくなります!!

 

あなたの期待を裏切らないオリーブオイルをつづけてご覧ください。