危険な事実がはっきりしたマーガリンは、食べないあなたが大正解!!

マーガリンを食べない

 

 

直感でも、どんな理由だったとしても・・・

 

 

食べないあなたが大正解です!!

 

 

その理由は・・・

 

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、活性酸素を増やし、人間に悪影響を与えます。

 

 

厚生労働省の発表を見ても明らかです。

 

活性酸素は細胞を傷つけ、老化・癌・動脈硬化・その他多くの疾患をもたらす重要な原因となる

 

 

ここまで断言している危険なトランス脂肪酸をたっぷり含んでいるマーガリンは食べない・買わないが正解です!!

 

 

今回は食べないあなたは大正解!!マーガリンが危険な理由の紹介です。

 

 

マーガリンが危険な理由は?

 

はじめに紹介したように、マーガリンに含まれているトランス脂肪酸が、人体に悪影響をおよぼすことから、世界的に規制の動きが強まっています。

 

世界保健機関(WHO)はトランス脂肪酸の目安量として、総エネルギー摂取量の1%未満に抑えるよう提示しています。

 

 

日本人は1日当たり約2グラムに相当します。

 

 

1%未満に抑えなければ安全とは言えなくなる

 

マーガリンが危険な理由とは、このことです。

 

 

マーガリンに含まれているトランス脂肪酸が危険!

 

トランス脂肪酸には、

 

  • 天然に食品中にふくまれるもの
  • 油脂を加工・精製してできあがるもの

 

の、2種類があります。

 

 

この加工・精製してできあがったものが、問題を起こします。

 

 

主に大豆油、なたね油、コーン油、パーム油、ヤシ油、綿実油、ひまわり油など植物油を原料にします。

 

 

固体の油脂をつくるために水素を添加することでできあがるトランス脂肪酸は、マーガリンの他に、ショートニングにも含まれています。

 

 

それらを原料につかったパンやケーキ、ドーナッツ、菓子パン、スナック菓子、マヨネーズ、カップ麺などの加工食品にも含まれます。

 

 

コーヒーミルク、アイスには植物油脂と名前を変えて使われています。

 

 

さらに、コンビニやスーパー、ファストフードで売られているフライドポテトやフライドチキンなどは、ショートニングで揚げてあるものが多く見られます。

 

 

水素添加」によって人工的に作り出され、このトランス脂肪酸が体内で活性酸素・フリーラジカルと相乗的に作用し、心臓病や糖尿病は言うに及ばず、ガンなど様々な疾病の因子として働くことが分かっています。

不飽和脂肪酸は、炭化水素鎖に水素の不飽和な箇所があるため、不安定で酸化しやすく、日持ちも悪いので、この問題を解決するために水素添加が行われているのですが、こうしてできたトランス脂肪酸は、体内で必須脂肪酸と酸素の奪い合いをしたり、異性体を作り出すことによって、必須脂肪酸の働きを阻害します。

出典 トランス脂肪酸の危険性 医学統合研究会

 

 

日本のトランス脂肪酸についての方針

 

農林水産省が発表している『すぐにわかるトランス脂肪酸』によると、

 

①トランス脂肪酸を摂取しすぎると、血液中の悪玉コレステロールが増えて、善玉コレステロールが減る。

 

②トランス脂肪酸の摂取が日常的になり、さらに量を多くとりすぎている場合には、少ない場合と比較して心臓病のリスクを高める。

 

③トランス脂肪酸が健康に対してあたえる研究結果は、多くの場合欧米人を対象としたもので、日本人の場合にも同じ影響があるのかどうかは明らかではない。

 

④日本では、食品に含まれるトランス脂肪酸について、表示の義務や含まれる量に関する基準値はない。

 

⑤食品事業者に、トランス脂肪酸を含む脂質に関する情報を自主的に開示する取り組みを進めるよう求めている。

 

⑥食品事業者は、油脂を加工する工程でできるトランス脂肪酸をできるだけ減らすための対策を進めている。

 

⑦トランス脂肪酸の摂取量が少ない国々では、トランス脂肪酸について、表示の義務付けや食品中含有濃度の上限値の設定は行わない。

 

⑧あくまでも、事業者が自主的に、トランス脂肪酸を低減するよう求めている。

 

 

農林水産省の姿勢は、このようなところです。

 

 

①~⑧をまとめると、

 

「トランス脂肪酸は体に悪影響を及ぼすが、日本人に悪影響を及ぼす十分な証拠がない

 

 

つまり、

 

十分な証拠がないから規制はしない

 

ということです。

 

 

アメリカ、欧州、諸外国のトランス脂肪酸についての方針

 

マーガリンをはじめとした、トランス脂肪酸を含む食品に、なんらかの規制を設けている国と地域です。

 

  • アメリカ
  • カナダ
  • イギリス
  • スイス
  • デンマーク
  • アイスランド
  • 韓国
  • 中国
  • 台湾
  • 香港

 

 

繰り返しになりますが、世界保健機関(WHO)はトランス脂肪酸の目安量として、総エネルギー摂取量の1%未満に抑えるよう提示しています。

 

 

規制の早かった北米と、生活の質に関心の高いヨーロッパ諸国が設けている規制をまとめました。

 

 

アメリカ

アメリカ連邦政府は、トランス脂肪酸について加工食品の栄養表示を義務づけています。

 

また、2015年6月16日に、部分水素添加油脂の食品への使用規制を決定しました。

 

この規制は2018年6月18日から始まります。

 

 

カナダ

包装された食品に、栄養表示の一つとしてトランス脂肪酸の表示を世界で最初に義務づけた国です(2005年施行)。

 

その後、食品中のトランス脂肪酸の含有量の制限が検討され、低減達成目標が定められました。

 

また、2018年9月15日からは、部分水素添加油脂の食品への使用を禁止します。

 

 

スイス

スイスでは、2008年3月、食品法規を改正し、同年の4月1日から

「食用植物油脂100 gあたりトランス脂肪酸の総量は2 gを超過してはならない」

とする規制を導入しました。

 

デンマーク

デンマーク政府は、2003年6月から、消費者向けに販売・供給される食品(中食や外食を含む。)に含まれるトランス脂肪酸について、最終製品に含まれる油脂100gあたり2gを超えてはならないとする規則を設けています。

 

 

マーガリンとバターの違い

マーガリンが危険なのはわかったけど、バターは安全なの?

 

誰でもそう思いますよね。

 

バターが安全につくられるには、

原料になる牛乳が安全であること

が当然です。

 

遺伝子組み換え(GMO)トウモロコシで育った牛から搾乳した「濃厚な」牛乳を原料にしたバターはNGです!!

 

 

バターをえらぶ条件は、

飼料から製造工程まで情報を公開している

ことがベストです。

 

トランス脂肪酸が少なくても危険?

 

トランス脂肪酸が使われている、ケーキやパン、加工食品から、コーヒーミルク、アイス・・・間食に食べるものも多いことに気になりませんか?

 

食習慣になってしまったら、WHOが掲げている「総量の1%未満」が果たして達成できるのでしょうか?

 

トランス脂肪酸がつくりだす活性酸素はできるだけ避けなければなりません。

 

311以降の日本は、活性酸素を大量に発生させる放射性物質で汚染されてしまいました。

 

もはや、震災以前の常識では健康を守れません。

 

活性酸素細胞を傷つけ、老化・癌・動脈硬化・その他多くの疾患をもたらす重要な原因となります。

そのため生物にはこの活性酸素の害を防御する抗酸化作用がそなわっています。

この酸化ストレスと抗酸化作用のバランスが健康を守る鍵となります。

(中略)

活性酸素やフリーラジカルがすべての組織や細胞で生じるにもかかわらず生命を保つことができるのは、酸化ストレスから自己を守るためのさまざまな防御システムがそなわっているからです。

活性酸素やフリーラジカルの発生を抑制したり、発生したラジカルを捕捉して分解処理したり、生じたダメージを修復・再生したり。そのような抗酸化作用をもつものが抗酸化酵素や抗酸化物質です。

出典 活性酸素 厚生労働省

 

抗酸化物質には、体内で合成される体内合成抗酸化物質のほかに、ポリフェノールカロテノイドがあります。

近年注目されているポリフェノールには、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、大豆に含まれるイソフラボンサポニン、ゴマの成分が変化してできるセサミノール、そばに含まれるルチン、緑茶のカテキンと発酵茶(紅茶・ウーロン茶など)のテアフラビンの総称であるタンニンなどがあります。

カロテノイドは、緑黄色野菜や果物など多くの食品に含まれるβ-カロテンリコピン、えびやかになど甲殻類や、さけ・ますなど魚類がもつアスタキサンチンなどが知られています。

出典 抗酸化物質 厚生労働省

 

活性酸素対策として、ビタミンやミネラルの摂取も重要です。

 

ビタミン・ミネラルをたっぷり含んでいる野菜やサプリメントでしっかり補ってください。

 

また、ヨーグルトなどの発酵食品から乳酸菌を摂って、お腹のNK細胞やマクロファージを元気にさせておくことも必要になります。

 

 

 

活性酸素対策の食品を準備するときに気をつけたいのは、

材料の野菜や穀物が遺伝子組み換え品種(GMO)なのか?

 

放射性物質を検出しているのか?

 

の2つが最も重要です。

 

GMO=遺伝子汚染、危険です。

 

とても、とても・・・とても!気をつけてください!!

 

 

そして、できるだけ放射性物質をさけるための、安全な野菜を手に入れる方法も知っておいてください!!

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は食べないあなたは大正解!!マーガリンが危険な理由を紹介してきました。

 

不自然なつくり方をした食べものには、かならず落とし穴があります。

 

マーガリンの場合、「水素添加」がそれです。

 

マーガリンが含まれた食べものの中には、あなたの好物があるかもしれません。

 

そこで、ちょっとだけイメージしていてください。

 

ひとときの満足(食べる)

今後数十年のしあわせと安全(食べない)

 

のどちらを選びますか?

 

 

繰り返しになりますが、トランス脂肪酸が生み出す活性酸素は、老化やガンなどの原因になることも紹介しました。

 

できるかぎり口にしないでくださいね。

 

ここまでは、危険と不安に目を向けてきましたが、安心してください。

 

マーガリンは食用オイル(油)のひとつにすぎません。

 

これからは、

 

安全なオイルの中から好みのタイプを選ぶ

 

という選択肢も加えてみてはいかがでしょか?

 

 

今の日本には国内外からさまざまなオイルが集まってきています。

 

そのオイルにしかない特徴を持つものばかりです。

 

次の記事では、オリーブオイルを最高においしく食べる方法を紹介しています。

 

厚生労働省が、

  • 活性酸素のもとになる過酸化脂質ができるのを防ぐ
  • 動脈硬化や血栓を防ぐ

と公表しているオイレン酸をとても多く含んでいるオリーブオイル。

 

  1. 安全
  2. 健康
  3. 味と香り

 

といった、美容と健康に役立つオリーブオイルを摂るために最適な食べ方を紹介していますので、続けてご覧ください。