青汁と野菜ジュースのちがいとは?野菜不足をおぎなえる青汁を紹介!

青 汁 野菜 ジュース アイキャッチ1.0

あなたが毎日食べている野菜で、満足できる栄養を摂れていますか?

 

残念ですが、農薬や化学肥料をつかう農業でつくられた野菜は、思ったほどの栄養が摂れません。

 

薬品の影響で土壌がやせ細り、栄養価が低くなっているためです。

 

日本人が野菜を食べる量が減ったこともあり、サプリメントなどで栄養を補おうと考える人が増えました。

 

その中には、手軽に摂取できる青汁や野菜ジュースを利用している人もいます。

 

ところが、市販のどの商品でも野菜不足を補えるわけではありません。

 

それでは、どんな青汁や野菜ジュースであれば野菜不足を補えるのでしょう?

 

今回は青汁と野菜ジュースのちがいと、おススメの青汁の紹介です。

 

 

青汁と野菜ジュースの違いは?

野菜いろいろ

 

市販の青汁には、野菜やくだものが含まれているものもあります。

 

野菜ジュースにも青汁の原料になる、葉物野菜が含まれているものもあります。

 

そうしてみると「同じ?」と思うかもしれませんが、青汁と野菜ジュースには、ハッキリした違いがあります。

 

原料

 

青汁の原料になるのは、ほとんどが

「大麦若葉」

「ケール」

「桑の葉」

「明日葉」

の4種類です。

 

飲みやすさや栄養成分を満たす目的で、野菜やくだものを加えてある商品もあります。

 

対して、野菜ジュースは主な原料がトマトやニンジン、ほうれん草などです。

 

その他にも、緑の野菜や、飲みやすくなるよう果物を加える場合もあります。

 

ただし、「果汁100%ジュース」の中にも濃縮還元ジュースとストレートジュースの2種類があるので、購入前に成分表をチェックしてみてください。

 

栄養成分

 

青汁は原料になる大麦若葉やケールを100%使用しているため、含まれる栄養素をしっかり摂ることができます。

 

また、水分で薄められないので、栄養価が落ちることもなく、食物繊維やビタミン、ミネラルなど、多くの栄養成分を摂ることができます。

 

それに対して、野菜ジュースは原料に複数の野菜や果物がつかわれているため、栄養も豊富なイメージがあります。

 

しかし、水分が多い分栄養価は下がってしまいます。

 

その上、食物繊維やビタミンCといった栄養成分が製造工程で失われることがあります。

 

これは、濃縮果汁、ストレートのどちらでも起こることで、原料を100%活かせる青汁と比べ、差が生まれる部分です。

 

添加物

 

添加物は、青汁・野菜ジュースのどちらにも使われていることがあります。

 

青汁なら、

  • 人工甘味料
  • 香料
  • 着色料
  • 化学調味料

などが使われています。

 

野菜ジュースには、

  • 香料
  • 着色料
  • ビタミン
  • ミネラル

などが使われています。

 

野菜ジュースは、製造工程で失われた栄養成分を後から添加することが多くあります。

 

そして、添加物そのものの安全性に疑問が残ります。

 

アスパルテームやアセスルファムKといった人工甘味料は、使用禁止にしている国や地域があります。

 

香料は、成分表を見ても天然・人工を問わず「香料」としか記載されていません。

 

人工香料だけでも3000種類以上あり、中には安全性に疑問を持たれるものもあります。

 

このように、添加物にはネガティブな影響があるので、購入するなら「無添加」の商品にしましょう。

 

青汁は野菜不足におすすめ!!

青汁・野菜ジュース1

 

野菜不足を補うために、青汁をおススメします!

 

その理由は、

  • 栄養成分が豊富
  • 安全性が高い

この2つです。

 

青汁の原料は国産であることが多く、品質が高い商品になると、

  • 無添加
  • 無農薬
  • 残留放射能の検査

といった、基準を満たしているものが存在します!!

 

対して、野菜ジュースは、「国産」とだけ記載されていても、「加工は国内だけど栽培は違う国」という場合もあります。

 

スーパーやコンビニ、ネットショップで多くの種類が見つかる野菜ジュースですが、「無添加・無農薬・残留放射能検査」などの条件を満たしている商品はほとんどありません。

 

こうした安全面と味や飲みやすさという品質に影響する部分で優れている青汁が、あなたの野菜不足を補ってくれます!!

 

青汁のえらび方4つのポイント

青汁3

 

青汁はとても種類が多くてえらぶのが大変だと思います。

 

そこで、間違いない青汁の選び方をご紹介します。

 

ここで紹介する4つのポイントをクリアしている青汁なら、野菜不足を感じているあなたの役に立ってくれます!!

 

①    青汁の原料

 

青汁の原料になっているのは、

「大麦若葉」

「桑の葉」

「ケール」

「明日葉」

の4種類がほとんどで、それぞれ栄養成分や味がちがいます。

 

たとえば、

  • 大麦若葉:ビタミンCをはじめとした栄養成分が豊富で飲みやすい
  • 桑の葉:葉酸、ミネラルが豊富でクセがある
  • ケール:ビタミンA、葉酸などが豊富で苦味がある
  • 明日葉:βカロテンが豊富で、さわやかな香りとほのかな苦味がある

といった、それぞれの特徴があります。

 

こうしたことから、栄養成分と飲みやすさを考え、3~4種類の原料を配合している青汁がベストだと言えます。

 

そのうえで、ほかにどんな素材を使っているのかをチェックしてみてください。

 

青汁は毎日の栄養補給に向いているので、どんな原料で作られているのか、素材に納得した上で購入するようにしましょう。

 

②    飲みやすい(おいしい)

 

いくら栄養たっぷりの青汁でも、おいしくなければ続きませんよね。

 

栄養成分をたっぷり摂れて、なおかつ飲みやすい青汁を選んでください。

 

それには、飲みやすい原料と必要な栄養を摂れる原料を組み合わせた青汁がベストです。

 

③    無添加

 

飲みやすさの次に気をつけたいのは、「その青汁にどんな成分が含まれているか」です。

 

じつは、

「糖類ゼロ」

「カロリーオフ」

と宣伝している商品に人工甘味料が使われていることがよくあります。

 

有名な人工甘味料のアスパルテームやアセスルファムKは、使用禁止にしている海外の地域や国があるくらい危険性があります。

 

ほかにも化学調味料、着色料、香料などはヒトのからだに都合のよくないものもあるので、できるかぎり「無添加」の青汁を選びましょう。

 

④    安全性が高い

 

311以降の日本で、あらゆる場面で放射能汚染の影響を無視できません。

 

福島第一原発(フクイチ)は、高すぎる放射能数値が原因で現在も手を付けられないでいます。

 

食品で気をつけなければならないのが残留放射能の数値です。

 

そのため、残留放射能検査の基準値と結果を公表している商品をえらんでください。

 

それで、311以前の安全基準値1bq/kgに近い基準値を設定している青汁がベストです。

 

安全性にこだわるもうひとつのポイントが残留農薬の検査です。

 

農薬を使わないオーガニックの素材だけでできた商品なら問題ありません。

 

もし、農薬をつかっているなら、農薬がどれくらい残っているのか、検査結果を公表している青汁を選んでください。

 

野菜不足を補うためにおススメの青汁ランキング

ランキング1

 

数ある青汁の中から、野菜不足を解消したいあなたにおススメできる4つを選びました!

 

どれも4つのポイントをクリアした、飲みやすさと安全性にこだわるものばかりですので、ぜひご覧ください!!

 

1位ドクターベジフル青汁

ドクターベジフル青汁 アイキャッチ1.0

 

最も安全性にこだわった青汁がこちらの「ドクターベジフル青汁」

 

人工甘味料、化学調味料、着色料などをまったく使わない無添加の青汁です。

 

安全性へのこだわりはそれだけでなく、残留農薬・放射能検査の結果を公表しています!!

 

  • 残留農薬の基準値は0.1pm

 

この数値は、食品1kgに農薬等が0.1mg含まれる濃度で、ニュージーランド、カナダ、アメリカの基準と同じレベルです。

 

  • 残留放射能の基準値は4~5 bq /kg

 

この数値は、最も安全性にこだわる野菜宅配サービスと、ほとんど同じレベルになります。

 

こうした強いこだわりを商品化できたのは、実際の八百屋さん、高上青果さんがプロデュースしている「野菜屋さんがつくった青汁」です。

 

高上青果さんは、顔のわかる栽培農家さんのみ仕入れをおこない、「薬品や添加物を極力つかわない青果」だけを取り扱っている商店です。

 

そうした強いこだわりがある八百屋さんが選び抜いた、21種類の九州産野菜のみで出来ている青汁がドクターベジフル青汁です!!

 

その上、飲みやすいように黒糖ときな粉を加えて、自然なやさしい甘さに仕上げています。

 

このことから、飲みやすさと無添加、安全性に星5つを付けました!!

 

ドクターベジフル青汁
青汁の原料
  • 大麦若葉
  • 桑の葉
  • ケール
飲みやすさ ★★★★★
無添加 ★★★★★
安全性 ★★★★★
内容量 3g×30包
値段(自動お届けコース) 初回2.894円

2回目から3.402円

税込・送料無料

値段(単品購入) 3.500円(税込) 送料800円
返金保証 自動お届けコースのみ対象

詳しくはこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
ドクターベジフル青汁

 

2位島桑青汁

島桑青汁

 

奄美群島の沖永良部島から届いた青汁はビタミンA、B、C、E、鉄、亜鉛、カリウム、カルシウム、食物繊維が普段食べている野菜やくだものの数倍も含まれています。

 

野菜不足を気にしている方におススメの青汁です!

 

シマ桑の生まれ故郷、沖永良部島は、リゾート開発などもされず大自然が残る、植物が育つために理想的な環境です!

 

それに、福島第一原発から距離があるので、放射能被害を受けにくい地域ということも無視できません。

 

それから、シマ桑は無農薬で栽培されていることは高く評価できるポイントです。

 

無農薬・無添加の青汁です。

 

ただし、残留放射能検査の結果を公表していないことから、残念ながら、安全性は星3つにしました。

 

飲んだ人の口コミでは「飲みやすい」と評判が高いことから、飲みやすさは星5つにしました!!

 

島桑青汁
青汁の原料 シマ桑
飲みやすさ ★★★★★
無添加 ★★★★★
安全性 ★★★☆☆
内容量 3g×30包
値段 初回限定、半額の1.447円(税込)

送料無料

返金保証 無し

詳しくはこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓

 

3位神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールド

 

九州のお茶処、福岡県八女市で生産されている神仙桑抹茶ゴールドは、

  • 残留農薬ゼロ
  • 天然素材100%
  • 無添加

と、安全宣言をしています!!

 

神仙桑は一般的な大麦若葉と比べてビタミンB6、Eやミネラルの含有量が数倍というすぐれた素材です。

 

さらに、桑の葉に含まれているDNJ(1-デオキシノジリマイシン)で糖質を制限できます。

 

桑抹茶はお茶処八女のお茶屋さんがつくった、抹茶の飲みやすさをもった青汁です。

 

神仙桑抹茶の原料は、桑、緑茶、シモンの3種類で、高い栄養成分と飲みやすさを両立させています!!

 

飲んだ人の口コミでも「飲みやすい」という声がとても多いですよ。

 

こうしたことから、飲みやすさと無添加は星5つにしました!!

 

ただし、残留放射能検査の結果を公表していないので安全性は、残念ですが星3つにしました。

 

神仙桑抹茶ゴールド
青汁の原料
  • 神仙桑
  • 緑茶
  • シモン
飲みやすさ ★★★★★
無添加 ★★★★★
安全性 ★★★☆☆
内容量 神仙桑抹茶60:3g×60包

神仙桑抹茶90:3g×90包

一般コースの値段 神仙桑抹茶60:6.156円

神仙桑抹茶90:8.640円

税込・送料600円

定期コースの値段 神仙桑抹茶60:通常6.156円から5%オフの5.848円

神仙桑抹茶90:通常8.640円から10%オフの7.776円

税込・送料無料

返金保証 一般・定期どちらも有り

詳しくはこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
神仙桑抹茶ゴールド

 

4位Green Cleanse Juice

グリーンクレンズジュース アイキャッチ1.0

 

「青汁=まずい」というイメージを過去のことにした青汁、グリーンクレンズジュース。

 

飲みやすいようにバナナ、マンゴー、ミカン、メロン、カリン、リンゴ、アンズといった甘味がある果物を配合しています。

 

さらに、19種類の穀物が入っているので、豊富な栄養成分が野菜不足の解消に役立ってくれます。

 

その上、オリゴ糖と乳酸菌も配合しているので、お腹スッキリで悩んでいる人の味方になってくれる青汁です。

 

そして、必須アミノ酸も含まれているので、栄養を摂りながらの置き換えダイエットにも向いています。

 

果物を配合した飲みやすさは口コミでも高い評価を得ていることから、飲みやすさは星5つにしました。

 

しかし、無添加、残留農薬・放射能検査の結果を公表していないことから、無添加と安全性は星1つにしました。

 

Green Cleanse Juice
青汁の原料 桑の葉
飲みやすさ ★★★★★
無添加 ☆☆☆☆
安全性 ☆☆☆☆
内容量 3g×30包
値段 通常価格7.700円(税込)が初回99円

2回目以降も30%OFFの5.380円(税込)

送料無料

※定期コースは5回の継続が必要

返金保証 お客様の都合による返品は不可

詳しくはこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓

 

まとめ

 

今回は青汁と野菜ジュースのちがいと、おススメの青汁を紹介してきました。

 

これではじめて青汁と野菜ジュースのちがいを知った方でも、ハッキリしたイメージを持って青汁を選べるようになったと思います。

 

また、後半ではおススメの青汁をランキング形式でご紹介しました。

 

まだ、どの青汁が良いのか迷っている方は、そちらをチェックしてみてください。

 

毎日青汁を摂ることで、野菜不足だと感じているあなたも、簡単に栄養を補えるようになります。

 

ぜひ今回ご紹介した内容を参照してください!!

 

次の記事では、おススメランキング1位で紹介したドクターベジフル青汁を、もっと詳しく紹介しています。

 

数ある青汁の中で、トップクラスの安全性と飲みやすさを評価されている理由を紹介しているので、続けてご覧ください!!