からだに良さそうだけど、そもそも「オーガニック」ってなんだろう?

オーガニックは、あなたを守る味方です。

 

オーガニック食品は、免疫の弱い子どもだけでなく、ストレスを感じている大人も摂りたいものです。

 

農薬や化学肥料はからだに、こころに、免疫によくありません。

 

オーガニック商品をつくっている農家さんは、わたしたちのセーフティーネットです。

 

そもそも、どうしてオーガニックが良いのでしょうか?

 

今回は「オーガニック」についての紹介です。

 

 

オーガニックの定義

オーガニックとは、有機栽培や有機農法のことをいいます。

 

化学肥料や農薬を使わないで栽培・生産された作物や畜産、それらを使用した加工品に対して使われれます。

 

オーガニック食品」と表示するには、第三者認定機関による認証が必要です。

 

認定の基準は国によって異なり、日本では「有機JAS」がオーガニックの規格となります。

 

日本のオーガニック認定は、有機JAS

画像引用元 農林水産省

 

有機認定基準は以下の条件があります。

 

  1. 生産において3年以上、農薬や化学肥料を使用していないこと。
  2. 遺伝子組み換え技術(GMO)を用いていないこと。
  3. 種や苗は有機栽培されたものを使用すること。
  4. 畑から生産・加工・出荷にいたるまで他の生産物と区分し、それが記録されていること。
  5. 以上のことが守られているか、農林水産省に登録された認定機関の審査を毎年受けていること。

 

この基準を満たし、認定機関の審査をクリアしたものだけが、有機JASマークを表示できます。

 

有機農産物の定義で「化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避ける」としているため、

オーガニック=無農薬

と、思われやすいのですが、一部の農薬をつかっている場合もあります。

 

有機栽培は、

  • 環境負荷をより少なくする
  • 自然を大切にする

農法なので、

 

化学的な農薬はNGだけど、天然原料の農薬はOK

 

という考え方です。

 

「オーガニック表示」のできないオーガニックも

 

自然農法で農産物をつくっている農家さんの中には、

  • 年間10万円といわれるコスト
  • 第3者機関による年1回以上の監査
  • 認証機関に依頼する審査の手間

などの理由から、有機JAS認定を受けていないケースもあります。

 

自然栽培の作物をスーパーなどでみかけることが少ないのは、

  • 虫食いがある
  • かたちが整っていない

など、消費者から選ばれないことも理由になっているようです。

 

そうした理由から、家族経営のような小規模農家は、みずからウェブサイトを運営して、高い品質の野菜を求める消費者に直販しているところもあります。

 

高い品質の作物を手に入れるには、「なんとなくよさそう」というイメージや情報から離れることからはじまります。

 

どうしてオーガニックで栽培するの?

「オーガニックも農薬を使うから、オーガニック食品を買っても意味がない」

 

という意見は、まちがいです。

 

オーガニックの素晴らしい点は、おおきく分けて2つあります。

 

オーガニックは持続可能だから

まずひとつめは、環境への影響です。

 

【農産物に対して】

  • 生産する畑で3年以上、農薬や化学肥料をつかっていない
  • 遺伝子組み換え技術(GMO)は使用できない
  • 種や苗は有機栽培されたものを使用する

 

【畜産物に対して】

  • 有機栽培された肥料を与える
  • 野外への放牧や清潔な畜舎など、家畜ができるだけストレスの少ない環境で過ごせるような飼育をする
  • 有機飼育した母親から生まれた個体を扱う
  • 健康管理をしっかり行い、病気の治療の場合を除き抗生物質は使用できない

 

オーガニックの農作物・畜産物をつくるということは、それに関わる環境や肥料も有機的なものをつかわなければなりません。

 

こうしたことから、自然環境に負荷をかけない循環型の農業が広がっていきます。

 

自然環境をひとことで表すと、現状維持です。

 

それを可能にするのが、循環型の農業だと言えます。

 

オーガニックは私たちを守るから

健康

化学肥料や重金属などを含まない土壌で収穫されたオーガニック作物は、わたしたちを有害物質から遠ざけます。

 

  • 畜産物に抗生物質をあたえない
  • 遺伝子組み換え技術(GMO)をつかわない

 

ことも、抗生物質や危険なGMO技術から、わたしたちを守ります。

 

微生物などを活かす有機栽培でつくられた作物は、農薬や化学肥料を使う慣行栽培で収穫された作物に比べて栄養価が高くなります。

 

オーガニックという選択肢

これまで紹介してきたように、「オーガニック」とは有機という意味で使われています。

 

わたしたちがオーガニック商品をえらぶことは、自分自身を守ることにつながります。

 

自分自身を守る商品を作ってくれる人=農家さんがいなくなったら、あなたは健康で過ごすことができなくなるでしょう。

 

オーガニック商品は、大量生産された商品にくらべ価格が高いことが多いのですが、自分自身を守る商品をつくるために必要なコストだと考えてください。

 

なぜなら、農薬や化学肥料に使われる化学物質は人間の精神にも悪影響をもたらします。

 

大規模農業ではむずかしい

地平線まで広がる大規模な農場で、わたしたちを守る農産物をつくるのは、むずかしいようです。

 

 

  • 除草剤(化学物質)
  • 遺伝子組み換え・GMO

どちらも自然栽培でもなければ、有機JAS規格の審査もクリアできません。

 

これからの未来は、安全な作物をつくれる小規模農家とつながりを持てることが、安心して生きていくうえで必要になるでしょう。

 

 

これからのあなたを守る味方

大切なことなので、はじめの言葉をもういちど紹介しますね。

 

オーガニック食品は、免疫の弱い子どもだけでなく、ストレスを感じている大人も摂りたいものです。

 

日本の人口は2011年3月11日から減り続けています。

画像引用元 人口推計 統計局

 

災害以外の原因は、放射能です。

 

これからの日本で生きていくには、免疫を落とさないオーガニック食品をえらぶ必要があります。

 

食料の武装」が必要な時代になりました。

 

決して大げさではありません。

放射能はそれくらい危険です。

 

画像引用元 2011年3月~6月の放射性物質の都道府県別月間降下量と汚染

 

日本に飛散した放射能はチェルノブイリ以上

 

食べて応援」とは、原発事故の責任者たちが取った

われわれは原発の責任を負いたくないから、原因(放射能)を広げて、わからないようにしてしまおう

という詐欺行為です。

 

 

オーガニックフード(有機食品)

オーガニック商品を選びやすいよう、商品ごとの基準を改めて紹介しますね。

 

農林水産省の有機食品に関するリーフレットでは、以下の基準で生産された食品を「有機食品」と説明しています。

 

オーガニック農産物

 

  • たい肥で土づくりを行い、種まき又は植え付けの前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用しない
  • 土壌の性質に由来する農地への生産力を発揮させる
  • 農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減
  • 遺伝子組み換え技術(GMO)を使用しない

 

オーガニック畜産物

 

  • 環境への負荷をできる限り低減して生産された飼料を与える
  • 動物用医薬品の使用をさける
  • 動物の生理学的、行動学的欲求に配慮して育てた家畜、家きんから生産する

 

オーガニック加工食品

 

  • 物理学的又は生物の機能を利用した加工方法を用いる
  • 化学的に合成された食品添加物及び薬剤の使用を避ける
  • 原材料は、水と食塩を除いて、95%以上が有機農産物・有機畜産物・有機加工食品

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は「オーガニック」について紹介してきました。

 

土づくりから生産、加工、出荷まで基準に沿った商品は、安心して口にできます。

 

自分自身を守る

ために、オーガニック商品を優先してえらんでくださいね!!

 

Belle merでも、自然栽培・無農薬・有機栽培の作物をあつかう農家さんを応援していきます!!

 

反対に

「なんとなく良さそう」

と、イメージさせるものは、大量生産された農薬まみれ、添加物まみれの商品である場合が多いことも事実です。

 

これは食品だけでなく、衣類やせっけん、歯磨き粉など衛生用品にもあてはまります。

 

健康に関わるものは、CMや広告だけで選ばないようにしましょう!!

 

 

今回は「オーガニックが、あなたの味方」であることを紹介してきました。

 

では、「あなたの敵になる食べもの」があるとしたら、とはどんなものでしょう?

 

そのなかのひとつが、

遺伝子組み換え食品GMO

 

食料兵器

と呼べる危険な食べものを大量に輸入している国が、日本です!!

 

すでに国内生産されているGMOがどれくらい危険な作物なのかをまとめてあります。

 

自分自身を守る

ために、つづけてご覧ください!!