自然栽培と有機栽培、2つの農法のちがいとは?デメリットはあるの?

遺伝子組み換え作物や、安全性が疑われている農薬をつかった野菜は食べたくないですよね。

 

しかも、日本の農薬使用量は世界でもトップクラス

 

安全な食べものを手に入れたいけど、自然栽培と有機栽培のちがいが解りにくいと思ったことがあると思います。

 

似ているようで全く異なる2つの農法は何がちがうのか?

 

今回は自然栽培と有機栽培のちがいの紹介です。

 

 

自然栽培は怪しい?

 

「奇跡のリンゴ」で有名になった自然栽培は、

作物を農薬も肥料もつかわないで育てる、人にも環境に良い農法

というイメージがあります。

 

その中には

「自然栽培の無農薬、無肥料でつくられた野菜は腐らないで枯れる」

という噂がまことしやかに言われているようですが、そんなことはありません。

 

植物の腐敗は微生物の活動により、タンパク質など有機物が分解されて起きることです。

枯れるようにしぼむことがあっても、腐らないということは、まずないでしょう。

 

もしかしたら、

「肥料や農薬に頼らないで、植物と土が持つ本来の力を引き出す農業」

というあいまいなイメージで、かえって怪しむ人もいるかもしれません。

 

そのほかに怪しまれる原因になっているのは、自然栽培に定義がないからでしょう。

 

有機栽培なら、有機JAS規格をクリアしなければ、有機JAS・オーガニックと名乗れません。

ところが、自然栽培には「これが自然栽培」と名乗るための、はっきりした条件が存在しないんです。

 

自然栽培の特徴

葉物野菜

 

昭和初期から行われている農法

 

自然栽培をはじめたとされる人物は2人挙げられます。

 

1人は福岡正信氏

1947年に不耕起栽培を提唱します。

 

農地を耕さないで作物を栽培する」農法で、

  • 肥料を与えない
  • 除草しない
  • 農薬をつかわない
  • 剪定しない

という、作物を自然にまかせて育てることが特徴です。

 

2人目は岡田茂吉氏

実験的に米などをつくりはじめ、1950年に「自然農法」を提唱したとされています。

 

公的機関の認証がいらない

 

有機栽培とちがうところは、公的機関の認証が必要ないことです。

JAS規格のような規格も定義もありません。

 

では、自然栽培のなにを信頼すればよいのでしょうか?

 

こだわりを持って作っている農家さんが多いですから、「私がつくっています」という信頼の上に成り立ちます。

つまり生産者を信じることが大切になります。

 

農薬、化学肥料はもちろん、植物性・動物性の肥料もつかわない

 

無農薬、無肥料が基本の自然栽培は、科学的な農薬や肥料だけではなく、植物性や動物性、いわゆる有機質の肥料もつかいません

 

あくまでも、土壌の条件でおこなう農法です。

 

たとえば、農地にわらが残っていたとしても、取り除かないでそのままにしておきます。

自然に分解して肥料になるまで待ちます。

 

失敗しやすい?

 

  • 農薬もつかわない
  • 肥料も与えない
  • あくまで土壌の条件で育てる

 

できるかぎり人間の手を加えないため、栽培する作物の育成に時間がかかり、収穫量が思うように伸びないこともあります。

 

そして、慣行栽培や有機栽培では、栽培の終わった土壌に肥料を加える「追肥」をおこないます。

肥料として特に重要な、窒素、リン、カリウムなど、収穫により失われる成分をおぎなうためです。

 

しかし、自然栽培では追肥もおこいません。

そのままでは、土壌はやせる一方です。

 

結果として、自然栽培を続けると失敗しやすくなるというわけです。

 

有機栽培の特徴

オーガニック

 

公的機関(第3者)の認証が必要

 

有機栽培を名乗るために、日本農林規格、通称「JAS規格」を取得しなければなりません。

 

そして、基準を満たしていることを証明するため、農水省に登録された認定機関の審査を毎年受けていることを義務付けられています。

 

審査をクリアした事業者は、商品にJASマークを表示できるので、消費者の商品選択に役立ちます。

 

JAS規格の主な基準は、

  1. 3年以上農薬、化学肥料を使用していない農場で作られたもの
  2. 遺伝子組み換え技術を用いていない
  3. 牛や馬など畜産物の餌もオーガニックの物で飼育され、抗生物質、ホルモン剤を使用していないもの
  4. 畑から生産・加工・出荷にいたるまで他の生産物と区分し、それが記録されていること。

 

化学的な農薬や肥料をつかわない

 

JAS規格の基準を満たすに、化学的な農薬や肥料は使えません。

 

しかし、栽培して収穫するためにつかってよい農薬も存在しています。

 

有機栽培は、無農薬ではないということは、あまり知られていないようですが、天然由来の農薬は使用が認められているんです。

 

化学的な農薬はNGだけど、天然由来の農薬はOK

という考え方です。

 

天然物質又は化学処理を行っていない天然物質に由来するもの

  • クロレラ抽出物液剤
  • 生石灰
  • シイタケ菌糸体抽出物液剤
  • 炭酸水素ナトリウム水溶剤及び重曹

などJAS規格で認められている肥料や農薬は使用できます。

 

植物性・動物性の有機質肥料をつかうことがある

 

農地は作物を「収穫」するたびに、窒素やリンといった成分を失います。

失った成分をおぎなうために存在するのが肥料です。

 

肥料をおぎなうのは、土壌がやせ細り、栽培が不向きな土地にならないようにおこないます。

 

自然栽培の理念になっている「畑を野山の状態に近付ける」とは、「収穫」のない状態だから可能です。

 

言い換えれば、「収穫」することが自然に反すること。

安全で栄養に優れた野菜やくだものを収穫するためには、有機質の追肥は欠かせません。

 

自然農法のデメリット

メリットとデメリット

 

土壌の状態に大きく左右される

 

自然栽培を勧める情報の中に

「さまざまな栄養分を含み、野菜本来の味が濃くなる」

といった内容を見かけます。

 

本当でしょうか?

 

野菜に含まれる栄養分は、水分や日光のほかは、土壌から吸収することになります。

栽培に不向きな土壌で育てられた野菜が、栄養たっぷりになるとは思えません。

 

それに、土壌は常に変化するものです。

雨が降る、風が吹く、雪が降るだけで、土壌の成分は変化します。

 

自然にまかせる栽培で土壌が酸性に傾いたら、作物に必要な成分が吸収されなくなったり、根の病気や障害がおこることもあります。

 

わたしたちが日ごろ食べている野菜は、弱酸性を好む種類が多いことから、土壌のph濃度をコントロールする必要があります。

 

結果として、自然栽培は安定した収穫量と栄養分を期待できない農法だと言えます。

 

有害物質を吸収してしまう

 

311以前なら、自然栽培でもかまわなかったでしょう。

 

しかし、311以降は日本に住みつづけるためには、放射能の問題を無視できません。

常識が変わりました。

 

自然栽培の土壌に放射性物質が降ってきたら、作物は吸収してしまいます。

 

カリウムの吸収量が下がると、セシウムの吸収量が上がります。

ストロンチウムとカルシウムも同じ関係です。

 

有機栽培は、作物にカリウムやカルシウムなどを含んだ有機質の肥料を与えることで、放射性物質の吸収を防ぐ・抑えるという役割も果たしています。

 

収穫量が少ない

 

人の手を加えることが少ないため、肥料を与えてよく管理された土壌の作物とくらべると収穫量は少なくなります。

 

理由ははっきりしています。

土壌の栄養分が足りないためです。

 

栄養分が足りないということは、作物に含まれる栄養分も期待できないことになります。

 

作付けの手間が大変

 

不耕起が基本になる自然栽培は、トラクターを使わないこともあるので、田畑に作物を植えつける「作付け」だけでも大変な手間です。

 

少人数で経営している事業者ほど、作付けの負担が大きくなります。

 

こうしたデメリットも収穫量の少なさにつながっています。

 

まとめ

 

今回は自然栽培と有機栽培のちがいを紹介してきました。

 

あいまいなイメージを持つ自然栽培より、国が定めた基準(JAS規格)をクリアした有機栽培が、はるかにすぐれています。

 

これで、似ているようで全くちがう2つの農法は、どちらが現代の日本に必要なのかはっきりしたと思います。

 

これから、安心できる食べものを購入したいと思ったら、有機栽培の作物をえらんでくださいね。

 

次の記事では、野菜宅配をランキング形式で比較しています。

 

すべて有機JAS規格を取得している事業者だけをえらびました。

そのうえ、残留放射性物質の検査基準が厳しい順にランク付けしています。

 

311以降の常識、放射能対策を基準にしたランキングです。

ぜひ、つづけてご覧ください。