無農薬は農薬より危険なの?ほんとうに体にも環境にも良い野菜とは?

日本で流通している食べものに不安を感じている人ほど、

無農薬野菜は危険

というウワサがほんとうなのか気になりますよね。

 

さまざまな情報が飛び交う中、

「無農薬野菜は怖い」

「無農薬は無理」

「有機野菜は体に悪い」

さらに、

「無農薬野菜やオーガニック生活に効果はあるの?」

といった声もあるなかで、「ほんとうに環境にも健康にも良い野菜と栽培方法」が分かりづらくなっています。

 

そこで、今回は、無農薬は農薬より危険というウワサがほんとうなのか、無農薬・農薬使用・有機栽培のちがいを紹介していきます。

 

無農薬野菜とは?

 

1.慣行栽培農産物・・・農薬や化学肥料をつかっている

2.有機栽培農産物・・・農薬や化学肥料をつかわない

3.特別栽培農産物・・・どちらでもない

 

無農薬野菜は「特別栽培農産物」

 

農薬や化学肥料を節減して栽培した農産物については、生産者が独自の基準で

「無農薬」

「減農薬」

「無化学肥料」

「減化学肥料」

などといった表示で流通していました。

 

一方で、農薬などを使用しない農産物や、農薬などの使用を減らして栽培された農産物に対する消費者の関心が高まっていました。

 

「このままでは『無農薬』や『減農薬』の定義が曖昧で分かりにくい」

といった消費者からの意見を踏まえて、農林水産省は消費者が農産物を購入される際の目安となるガイドラインをつくりました。

それが「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」と呼ばれるものです。

 

現在は農薬や化学肥料の使用を控えた農産物を「特別栽培農産物」という名称に統一しています。

 

農薬や化学肥料をつかわないで、有機JASの基準を満たしているけど、認証を受けていない場合も同じです。

 

無農薬野菜も農薬を使用している「減農薬」の野菜も「特別栽培農産物」として流通していることになります。

 

農家さんのウェブページなどで「無農薬栽培」といった表示がされているのは、「特別栽培農産物」が一般的に認識されていないからなんですね。

 

生産者は、大変な思いで、無農薬・無化学肥料でつくったのに認めてもらえない。

消費者は、安全な野菜を求めているのに、表示がないから見つけられない。

 

といったズレが起こります。

 

こうしたことがあるから、農家さんは「違反しても無農薬と表示する」、ということでしょう。

 

農薬をつかう場合もある

出典 農林水産省

 

「特別栽培農産物」の定義はこのようになります。

 

その農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下、で栽培された農産物です。

出典 農林水産省

 

無農薬野菜が危険だとされる理由

「天然農薬」

 

植物は外敵から身を守り、食べられないようにするために、「生体防御タンパク質」などと呼ばれる、農薬のような物質を体内に持っているんです。

 

そして、天然農薬という定義はなく、「天然毒素」と呼ばれています。

天然毒素はアク抜きや加熱で取り除けるので、さほど心配しなくても良いようですよ。

 

「天然毒素」、「生体防御タンパク質」は植物がみずからを守る能力ですから、人間の能力で例えたら免疫力のようなものですね。

 

虫食いがある

 

「無農薬栽培の野菜はおいしいから虫食いがある」

「虫食いのある野菜は健康に育っている証拠」

というのは、ちょっとした誤解です。

 

健康に育てられた野菜は、虫食いがほとんどありません。

 

その理由は、

1.土壌が健康で野菜が育つために必要な栄養が十分ある

 

1.水分、温度、光などの条件が整った環境

2.植物に必要な三大栄養素の、窒素・リン酸・カリウムが適度に含まれた土壌

で育てられた野菜は強く、虫に食われにくくなります。

 

これは「生体防御タンパク質」を苦手にしている害虫がつかないからなんです。

 

2.防虫ネットで野菜を守っている

虫が寄ってこないように守る防虫ネットは有機農法でも広く使われています。

 

寄生虫がいる

 

野菜に寄生虫が棲みつくのは、使用した堆肥(たい肥)が完全に熟していないことが大きな原因です。

 

富山県の発表では、完熟堆肥では寄生虫が生存できないようです。

 

堆積中に60°C以上の高温が数日間続くことにより、病原菌や寄生虫、雑草種子が死滅します。

出典 完熟堆肥の使用

 

農薬はほんとうに安全?

 

1.慣行栽培農産物・・・農薬や化学肥料をつかっている

2.有機栽培農産物・・・農薬や化学肥料をつかわない

3.特別栽培農産物・・・どちらでもない

 

世界各国で禁止されている農薬を使用する日本

 

日本で主に使用されている農薬は、世界的に使用が制限されたり、禁止されているネオニコチノイド系といわれる薬品です。

世界各国で禁止が相次いでいる理由は、人体への影響があまりにも強いからです。

 

また、ハチや環境への影響が大きいことも無視できません。

 

出典 actbeyondtrust.org

 

とても危険な農薬がもうひとつあります。

 

それは、グリホサートが主成分の農薬で、モンサント社のラウンドアップという名前で販売されています。(他にも多数の名前で販売されています。)

 

グリホサートは、発がん性があることが疑われており、アメリカでは裁判でモンサント社が敗訴したこともあります。

 

米カリフォルニア州でモンサントに対する歴史的判決。モンサントのラウンドアップによってガンになったとして訴えていたドウェイン・ジョンソンの訴えを認め、陪審はモンサントに約2億9000万ドル(約320億円)を支払うよう命じた。

ジョンソン氏は末期ガンであり余命がわずかしかないとされる中での判決だった。

出典 印鑰智哉のブログ

 

グリホサートは日本の大手3社の小麦メーカーからも検出されていました!!

 

測定結果を示すのは、「日本消費者連盟」の纐纈美千世さんと、「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク」の小野南海子さん。

 

彼女たちがスーパーで販売されている、大手製粉会社の「日清フーズ」「日本製粉」「昭和産業」3社の小麦製品を調査したところ、12商品中5つから除草剤「ラウンドアップ」の主成分であるグリホサートが検出された。

 

WHO(世界保健機関)の専門組織、国際がん研究機関は、グリホサートの発がん性を認めている。

出典 news.livedoor.com

 

そして、あぶないのは農薬だけではありません。

 

グリホサートを使っている農産物は、遺伝子組み換え・GMO作物の可能性が非常に高いんです。

 

遺伝子組み換え・GMO作物も発がん性を指摘されています!

 

1970年にモンサントが開発した「ラウンドアップ」は、グリホサートを主成分とした非選択性除草剤で、農作物や雑草を無差別に枯らす性質をもつ。

 

この除草剤とセットで販売されているのが、遺伝子操作によってラウンドアップへの耐性を有した大豆や綿花、トウモロコシのGMO種子「ラウンドアップレディー」だ。

出典 www.sankei.com

 

GMO作物は、トウモロコシだけではありません。

 

日本人にとってなくてはならない、大豆。

日本で流通している大豆の8割はGMOだと言われています。

 

ほかにも、ナタネ、小麦、白砂糖の原料になる甜菜、ジャガイモ、日本人の主食、お米(稲)・・・

 

これらGMO作物は、国内でも生産されていることを知らない人が多いと思いますが、北海道では、商業栽培しています

 

北海道では既にGMダイズが栽培されている・・・しかし、日本モンサントに照会してみても事実関係は確認できず、この話は噂の領域に止まっていた。

そして、2004年10月1日付け毎日新聞北海道地方版に、この事実を初めて確認したスクープ記事が掲載された。

出典 foocom.net

 

 

さらに、化学肥料についても問題があります。

窒素・リン酸・カリウムは植物に必要な三大栄養素です。

 

植物は窒素肥料を硝酸態窒素の形で体内に取り込み、それを使ってタンパク質を合成します。

 

硝酸態窒素の過剰摂取は、植物にとって無害でも、ヒトや動物には大変危険です。

 

「硝酸態窒素」は人間の体内でたんぱく質、アミノ酸と結合して“ニトロソアミン”という強力な発ガン性物質を作ります。

また、血液中の酸素を運ぶヘモグロビンが酸化されてしまって酸素を運ぶ能力が低下するので大量に摂ると酸欠症状を引き起こします。

出典 e-taneya

 

日本の農薬基準値

 

日本の農薬基準値は世界で受け入れられない、産業廃棄物あつかいされていることをご存知ですか?

 

 

もし、農薬が残っている野菜を買ったら、農薬を少しでも洗い流してリスクを減らさなければなりません。

 

関連記事

 

 

農薬の問題をまとめると・・・

 

①農薬作物へ残留するだけでなく、使用する生産者の健康被害リスクを高める

②地下水や環境を汚染するリスクを高める

③土や生態系のバランスを崩すため、病虫害が発生した場合、被害が大きくなることがある

④作物自体への残留のリスクは減ることはなく、存在し続ける

 

オーガニック・有機栽培の野菜がおすすめ!

 

出典 農林水産省

 

1.慣行栽培農産物・・・農薬や化学肥料をつかっている

2.有機栽培農産物・・・農薬や化学肥料をつかわない

3.特別栽培農産物・・・どちらでもない

 

日本で作物に「有機栽培」と表示するためには、農林水産省が設けた基準「有機JAS制度」の認証を受ける必要があります。

 

基準を満たさないと「オーガニック」「有機栽培」という表示ができません。

 

有機JAS制度の大まかな定義と、有機野菜から得ることのできる利益をかんたんに紹介しますね。

 

化学的に合成された肥料や農薬は使用しない

 

厳密にいえば「有機栽培=無農薬」ではないんです。

 

有機JAS制度では農薬として、炭酸水素ナトリウム水溶剤及び重曹、生石灰など天然由来成分の使用が認められています。

 

ただし、化学的に合成された肥料や農薬は使用を認められていないので、有機野菜からグリホサートやネオニコチノイドなどの農薬を摂取してしまう心配はありません。

 

遺伝子組換え種苗を使用しない

 

有機JAS制度では、遺伝子組み換え・GMO種苗の使用は認められていません。

 

環境を破壊する遺伝子組み換え・GMO種苗は、未来の日本人に取り返しのつかないリスクを残すことになります。

 

子どもや孫・未来の子どもたちのためにも安全な有機野菜をえらびましょう。

 

安全な土でつくられている

 

生産した農産物を有機栽培と名乗るための条件に、「植付け前の2年以上の間、有機肥料での土づくりを行った田畑で生産されたもの」と有機JAS規格で決められています。

 

安全な食べものは安全な土壌からしか生産されません。

持続可能な農業は自分たちの健康を守ることになります。

 

生産者・環境にやさしい

 

遺伝子組み換え種苗も、化学合成された農薬や肥料をつかわないことで、生産者・農家さんの健康を守ることにもなります。

環境に悪影響が残りつづけることもありません。

 

有機栽培の野菜をえらぶことで、農家さんも安心して仕事ができて、消費者もおいしい野菜を安心して食べることができます。

 

食べものに安全性のリスクはいらない

 

現代の日本は、10年前、20年前とくらべても、大気中の有害物質は確実に増えています。

それだけ健康に対するリスクが大きくなっているということです。

 

食べるものは自分のからだをつくります。

 

今日、食べたものが明日のあなたをつくります。

 

食べもののリスク=健康リスク」と捉えて、安全な有機野菜をえらんでくださいね。

 

まとめ

 

今回は、安全なたべものを求めている人に向けて、無農薬は農薬より危険というウワサがほんとうなのか、無農薬・農薬使用・有機栽培のちがいを紹介しました。

 

これではじめて、無農薬と農薬のどちらが危険なのか、理解していただけたと思います。

 

また、後半では有機JAS規格と有機栽培のメリット、あなたが受け取る利益も紹介しました。

有機栽培がどんなものなのかを知りたい場合は、そちらをチェックしてみてください。

 

有機野菜は、生産者にも、消費者にも、環境にもやさしい、ヒトにとって無くてはならない食べものです。

 

ぜひ、結果につながるシナリオを作って自社の売上につなげてください。

 

 

日本の環境に残留している有害物質のなかで、もっとも危ないのは放射性物質です。

 

いまの日本で健康にすごすためには、放射性物質の検出基準が厳しい業者・生産者から安心できる野菜を買えることが必要です。

 

次の記事では、放射性物質の検出結果を公表している野菜宅配だけをえらんでまとめてあるので、つづけてご覧ください!