ちがいを知りたい!生クリームにはどうして動物性と植物性があるの?

なかなか「本物のおいしい生クリーム」に出会えない

 

コーヒーのクリームに抵抗感がある

 

動物性と植物性のクリームのちがいをもっとよく知りたい

 

添加物も「なるべく減らしたい」と思っている

 

環境負荷もふくめて、オーガニックな食材をえらびたい

 

 

洋菓子やコーヒー、今や和菓子にも使われることの多いクリーム。

種類があるクリームの仕組みと、選ぶ時のポイントも解説していきたいと思います。

 

 

今回は動物性と植物性のクリームにあるちがいと選ぶ時のポイントを紹介していきます。

 

 

 

生クリームと呼べる条件とは?

 

クリームとは、生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したものをいう』。

乳脂肪分18%以上』。

と、厚生労働省の乳等省令において定められています。

 

また『生乳とは、搾取したままの牛の乳をいう』とあることから、

牛乳をつかって乳脂肪分が18%以上あるものだけを「(生)クリーム」という名前で販売できるということになります。

 

この条件を満たさないものは、「生クリーム」という名前で販売できません。

 

スーパーなどで生クリームを購入するときは、まずは乳脂肪分の%をチェックしてください。

 

植物性のクリームはどこがちがうの?

 

原料にコーン油、パーム油、大豆油、ヤシ油、なたね油、綿実油などの、植物性の油脂を使用しています。

 

①乳脂肪分が18%以下のもの

乳脂肪に乳化剤や安定剤などを加えて、分離しにくく、形が崩れにくいようにしたもの。

 

添加物が入っているので「生クリーム」と呼ぶことはできないのですが、味はほとんど変わりません。

 

②乳脂肪を使用していても、一部に植物性油脂を含むもの

乳脂肪の一部を植物性の油脂におきかえられたもの。

コンパウンドクリーム、混脂タイプと呼ばれることもあります。

 

乳脂肪の風味のよさ、口溶けのよさから、植物性の油脂だけより風味がよくなったり、保存しやすくなる、などの特徴があります。

 

③植物性油脂に、乳化剤・安定剤などの添加物を加えている

乳脂肪とくらべて、軽くさっぱりとした風味が特徴です。

値段も安価で消費期限がとても長く日持ちしやすい。

 

これらは『乳等を主要原料とする食品』とラベルに表記されています。

 

植物性のクリームは、『乳製品』ではなく『添加物を加えたクリーム状の食品』ということになります。

 

「生クリーム」という名前で販売できないので・・・

 

○○ホイップ

○○クリーム

○○フレッシュ

 

などの商品名で見かけることが多いです。

 

とっても気にしたい!植物性クリームのデメリット

 

植物性クリームをつくるうえで欠かせない

植物性油脂』と『乳化剤

それぞれの特徴を紹介しますね。

 

この2つは、いろんな食べものに使われているので、なんとなく知っている人も多いと思います。

 

一般的な加工食品や調味料などに広く普及しているので見落とされがちがのですが、デメリットは決してちいさくありません。

 

乳化剤(界面活性剤)

 

水分と油分のように混じり合わないものを、均一に混ぜ合わせることを「乳化」といいます。

 

パスタをつくるときに、ゆで汁とオリーブオイルが混ぜ合わせることを「乳化させる」と聞いたことがあると思いますが、そのことです。

 

 

乳化剤はほぼ界面活性剤と同義で、食品・洗剤・化粧品など幅広い分野で使用されているのです。ただし、食品の場合は「乳化剤」と表示され、洗剤や化粧品の場合は「界面活性剤」と表示されるのが一般的になっています。

出典 三丸機械工業

 

 

植物性のクリームには、

・大豆由来のレシチン

・ショ糖脂肪酸エステル

・グリセリン脂肪酸エステル

が使われることが多いです。

 

大豆とショ糖(砂糖)の原料になる甜菜は、どちらも遺伝子組み換え作物(GMO)の可能性があります。

GMO作物の生産地や大量に消費している地域では健康被害があると報告されています。

 

できるかぎり食べないでおきましょう。

 

 

乳化剤はクリームのほかに・・

パン

アイスクリーム

チョコレート

コーヒー飲料

魚肉練り製品(ソーセージ・ちくわ・かまぼこなど)

ドレッシング

調味料類

 

などによく使われます。

 

買い物をするときに、商品のラベルをチェックしてみてください。

 

植物性油脂(トランス脂肪酸)

 

トランス脂肪酸の危険性は、気にしている人も多いのではないでしょうか?

 

トランス脂肪酸が大量に発生させる活性酸素は、健康にさまざまな悪影響があることで知られています。

 

活性酸素は、細胞伝達物質や免疫機能として働く一方で、過剰な産生は細胞を傷害し、がん、心血管疾患ならびに生活習慣病など様々な疾患をもたらす要因となります。

出典 厚生労働省

 

さらに、トランス脂肪酸の代表的なマーガリンやショートニングも遺伝子組み換え・GMO由来の可能性が高いんです。

 

 

植物性のクリームにメリットはあるの?

植物性のクリームにもハイレベルな商品があります。

 

  1. 遺伝子組み換え原料を使用していない
  2. 手に入りやすい
  3. 使いやすい

 

この3つを実現している不二製油の「豆乳クリーム

 

不二製油株式会社(グループ会社を含め)ではユーザーの要望にあわせ、大豆たん白、大豆たん白食品等、たん白事業の原料大豆を、99年下期より順次不分別大豆から分別大豆に切替え、2000年上期から全面遺伝子組換えをしていない大豆を原料とした製品を出荷いたします。
出典 不二製油

 

不二製油だけのUSS製法は、生乳の分離法に近い方法で大豆を分離するもので、豆乳クリーム由来のコクとスッキリとした後味を両立しています。

 

おいしいクリームをつくるために欠かせない乳化力に必要な大豆固形分が・・・

・一般的な無調整豆乳で9%
・ぎゅっとこくりーむは18%

 

18%は、牛乳をつかった「(生)クリーム」という名前で販売できる商品と同じレベルです!!

 

 

作ってみると乳化力&泡立ちがすごい!
乳化力を使ったレシピで、カスタードを教えていただいたので
試してみました。
卵のカスタードより簡単です。

 

出典 ココモンタージュ

 

ぎゅっと濃久里夢(ぎゅっとこくりーむ)と、泡立つタイプの濃久里夢ほいっぷクレール(こくりーむほいっぷくれーる)は、どちらも楽天で手に入ります。

 

クリームが本物かどうか、見分けるポイントがあるの?

 

成分表・ラベル

 

ラベルの名称が

クリーム

乳等を主要原料とする食品

のどちらなのかをチェックしましょう。

 

見た目・かたち

 

長時間かたちを保てる特徴があるので、時間をおいても変化がないものは、植物性の可能性が高いということになります。

 

ケーキやホイップをトッピングしたコーヒーなどは、成分表もラベルもないので、見た目・かたちで判断するしかありません。

 

良心的な会社なら、ホームページに成分表を掲載しているかもしれません。

 

口にする前に、チェックしておきましょう。

 

まとめ

 

今回は本物の生クリームを探している人に向けて、動物性と植物性のクリームにあるちがいを紹介してきました。

 

これではじめてクリームのちがい知った人でも、はっきりしたイメージを持って食品をえらぶことができると思います。

 

また、後半では本物のクリームを見分けるポイントも紹介しました。

スイーツやコーヒーチェーンのメニューを購入する機会が多い人は、そちらをチェックしてみてください。

 

 

今、これを読んでいるあなたは、生活や環境に対する意識が高い人です。

食品もオーガニックなものをえらびたいと思っているのではないでしょうか?

 

次の記事では、オーガニック食品とはいったいどんなことなのかを紹介しています。

 

今日食べたものが明日の自分をつくります。

 

安心して、自信をもって食材をえらぶために!つづけて読んでください。