植物性の生クリームは体に悪いの?動物性とのちがいと口にしたくない成分とは?

植物性 生クリーム 体に悪い リライト アイキャッチ1.0

ケーキやお菓子類、コーヒーなどのドリンク類までつかわれている植物性のクリーム。

 

長い時間かたちが崩れにくいことから、デコレーションやトッピングといった見た目が大切な食品に多くつかわれています。

 

有名なコーヒーチェーンでトッピングされるのは、植物性のクリームが多いんですよ。

他には、大量生産されるケーキにつかわれています。

 

おいしそうな見た目とは裏腹に、実は体に良くないネガティブな一面があります。

 

今回は動物性とのちがいと植物性のクリームがからだに良くない原因、安全性が高いおススメ商品の紹介です。

 

 

生クリームの「動物性と植物性」のちがいは?

生クリーム お菓子

 

私たちが生クリームだと思い口にしている食品には、大きく分けて動物性と植物性の2種類があります。

 

ところが、その中にはクリームと呼べない食品もあるんです。

 

実際に、

  • クリームとは、生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したものをいう
  • 乳脂肪分18%以上

と、乳等省令において定められています。

 

『生乳とは、搾取したままの牛の乳をいう』とあることから、牛乳をつかって乳脂肪分が18%以上あるものだけを「(生)クリーム」という名前で販売できるということになります。

 

この条件を満たさないものは、「生クリーム」という名前で販売できません。

 

一方、植物性クリームの主な成分は「ヤシ油・パーム油・なたね油」などで、乳化剤・安定剤・香料が加えられています。

 

植物性は、生クリームと呼べない「クリームのように加工した食品」ということになります。

また、なたね油や乳化剤は遺伝子組み換え作物を原料にしている危険性もあります。

 

植物性生クリームはマーガリンと同じ?

マーガリン バター

「植物性のクリームはマーガリンと同じ」

といった情報を見たり聞いたりしたことがある人もいると思います。

 

これはある成分が原因で言われていることで、おもに植物性クリームの危険性が疑われているときに比べられています。

 

トランス脂肪酸

 

植物性クリームをつくる過程で、水素を植物油脂に添加するとトランス脂肪酸が発生します。

 

このトランス脂肪酸に問題があります。

トランス脂肪酸が大量に発生させる活性酸素は、健康にさまざまな悪影響があることで知られています。

 

活性酸素は、細胞伝達物質や免疫機能として働く一方で、過剰な産生は細胞を傷害し、がん、心血管疾患ならびに生活習慣病など様々な疾患をもたらす要因となります。

出典 厚生労働省

 

トランス脂肪酸の代表的なマーガリンやショートニングも遺伝子組み換え・GMO由来の可能性が高いんです。

 

植物性のクリームはマーガリンとおなじ」と言われるのは、このトランス脂肪酸のことを指しています。

 

関連記事

 

クリームが本物かどうか、見分けるポイントは?

はてな わからない 疑問

 

植物性クリームは大量生産しやすいので、日持ちする商品が必要な大手食品メーカーがよくつかっています。

大手食品メーカーの商品は、スーパーやショッピングモールでよく見かけますよね。

 

その中から、かんたんに安全性が高い商品をえらぶためにできることが2つあります

 

成分表・ラベル

 

1つ目は、成分表とラベルをチェックすること

 

本物の生クリームをつかっているとしたら、「クリーム

植物性や添加物を含む原料をつかっているとしたら、「乳等を主要原料とする食品

ラベルの名称がどちらなのかをチェックしましょう。

 

見た目・かたち

 

2つ目は、見た目をチェックしてみてください

 

植物性のクリームは長時間かたちを保てる特徴があるので、時間をおいても変化がないものは、植物性の可能性が高くなります。

 

しかし、ケーキや、ホイップをトッピングしたコーヒーなどのドリンク類は、成分表もラベルもないので、見た目・かたちで判断するしかありません。

 

良心的な会社なら、ホームページに成分表を掲載しているかもしれません。

購入する前に、チェックしておきましょう。

 

植物性生クリームを美味しくするには?

生クリーム デコレーション

 

安全性が高いハイレベルなクリームがおすすめです。

 

  1. 遺伝子組み換え原料を使用していない
  2. 手に入りやすい
  3. 使いやすい

 

この3つを実現している不二製油の「豆乳クリーム」

 

不二製油株式会社(グループ会社を含め)ではユーザーの要望にあわせ、大豆たん白、大豆たん白食品等、たん白事業の原料大豆を、99年下期より順次不分別大豆から分別大豆に切替え、2000年上期から全面遺伝子組換えをしていない大豆を原料とした製品を出荷いたします。

出典 不二製油

 

不二製油だけのUSS製法は、生乳の分離法に近い方法で大豆を分離するもので、豆乳クリーム由来のコクとスッキリとした後味を両立しています。

 

おいしいクリームをつくるために欠かせない乳化力に必要な大豆固形分が・・・

  • 一般的な無調整豆乳で9%
  • ぎゅっとこくりーむは18%

 

18%は、牛乳をつかった「(生)クリーム」という名前で販売できる商品と同じレベルです!!

 

ぎゅっとこくりーむ

作ってみると乳化力&泡立ちがすごい!

乳化力を使ったレシピで、カスタードを教えていただいたので試してみました。

卵のカスタードより簡単です。

コクリーム 泡立ち

出典 ココモンタージュ

 

まとめ

 

今回は動物性とのちがいと植物性のクリームがからだに良くない原因、安全性が高いおススメ商品を紹介してきました。

 

これで植物性クリームの安全性にうたがいを持っていた人でも、買い物をするときに商品をえらぶ基準ができたと思います。

 

また、後半では安全性が高いおススメの植物性のクリームを紹介しました。

  • 遺伝子組み換え原料をつかわない
  • トランス脂肪酸を含まない

安全なクリームを探している場合はそちらをチェックしてみてください。

 

危険な食品も口にしなければ安心できます。

ぜひ安全性が高い食品をえらぶための参考にしてください。

 

植物性クリームも危険性がありますが、日ごろ食べている野菜の危険性をご存じですか?

 

遺伝子組み換え作物や残留放射性物質が危険な野菜が、日本人が知らない間に流通しているんです。

 

次の記事では、安全性が高く安心して口にできる野菜を販売している野菜宅配サービスを紹介しています。

 

どれも有機栽培で生産された野菜を販売している事業者だけをえらびました。

さらに、高い安全性をチェックできるよう、残留放射能検査の基準が厳しい順にランク付けしています。

 

ぜひ続けてご覧ください。