スーパーの野菜は農薬まみれ?安心できる農薬の洗い落とし方とは?

スーパーで買える野菜の農薬を洗い落とす

スーパーで手に取った野菜に、どんな農薬がどれくらい残っているのか不安を感じたことがありませんか?

 

野菜やくだものが並んでいるコーナーを見渡しても、使った農薬の種類と使用量について、くわしい情報を公開しているスーパーはなかなか無いですよね。

 

スーパーの野菜は農薬まみれ

ウワサでなく、本当のようです。

 

そこで、いつものスーパーで安心して買い物ができるように、野菜の洗い方もランキング形式でまとめました。

 

今回はスーパーで手に入る野菜に使われている農薬の安全性と、農薬をきれいに洗い落とす方法の紹介です。

 

 

 

スーパーで売っている野菜は農薬まみれ?

野菜は農薬まみれ?

 

有機JASや特定栽培農産物でないかぎり、市場に出回る野菜はすべて農薬がつかわれています。

 

そうでもしないかぎり、葉物野菜などは虫に食べられて茎だけになってしまうんです。

 

それでも農薬を使わなければならない理由

農薬散布

 

農薬をつかわない有機農業を日本政府が後押しして、不作のときも農家の収入を保証する制度があれば、日本の農業人口も新規就農者も増えつづけるでしょう。

 

しかし、日本の農業は全く逆です。

 

日本の農業人口の減少、高齢化、海外の農産物をどんどん輸入する・・・農薬をつかわなければ農業をつづけられない、スーパーに並んでいる野菜から農薬がなくならない理由です。

 

日本の農業人口の推移

日本の農業の課題

出典 日本の農業の課題

 

無農薬の野菜やくだものはスーパーで売っていないの?

オーガニック

 

アメリカでは、野菜に残った農薬の危険性に気付いた人たちが無農薬栽培・オーガニックの野菜をえらぶようになり、オーガニック野菜をあつかうスーパーが増えています。

 

その結果、アメリカ国内のオーガニック市場が数兆円規模まで成長しているんです!!

ヨーロッパは以前から、食の安全性に関心の高い地域です。

 

日本の一般的なスーパーでオーガニックの野菜を見つけることは、ほとんどないですよね。

日本の食に関する安全性と食糧事情は、世界的な流行と反対に向かっています。

 

野菜宅配のメリット・デメリット

メリットとデメリット

 

スーパーの野菜が危険なら無農薬野菜をあつかう野菜宅配を利用することが理想的です。

しかし、台風や大雨など災害が起きたとき、いつものように届かなくなる不安もあります。

 

災害があると、スーパーの品ぞろえが普段より心細くなっても、「突然なくなる」ことは考えにくいです。

ふだんは野菜宅配を利用しても、「スーパーで野菜を買う」という選択肢は残しておくと安心できますよね。

 

野菜宅配のメリットとデメリット
メリット

 

無農薬で栽培したオーガニック野菜・くだものが届く
栽培から生産・出荷まで、情報を公開している生産者、会社が多い
デメリット 自然災害が起こると、流通がストップして宅配が届かなくなる

 

こうしたデメリットがあるので、ふだんからスーパーで買い物をしている人も、野菜宅配を利用している人も、野菜の洗い方を知っておくと安心できますよ。

 

 

日本の野菜は海外に輸出できない

 

 

日本の野菜は海外から「汚染物」あつかいをうけています。

 

残留農薬が安心できない理由

農薬をまくトラクター

 

全品検査をしていない

 

農産物をひとつ残らず全品検査することが理想的でも、現実的ではないですよね。

多くの人が毎日消費するものにかける手間も時間もありません。

 

残留農薬の検査は、収穫された中から「抜き取り検査」でおこなわれているのですが、これも完全ではありません。

 

まれに、基準値を超えている食品が流通してしまう場合がありますが、このような食品をふつうの量食べるのであれば、必ずしも健康に影響があるわけではありません。

 

なぜなら、国が基準値を決めるときは、さまざまな食品を食べても口にする有効成分の量が「一日摂取許容量」を超えないようにしているからです。

「一日摂取許容量」以下の量であれば、毎日一生口にしても、健康への影響はないと考えられます

出典 農林水産省

 

「健康への影響はないと考えられます」

 

あるかもしれない」ということですよね。

食べものにリスクを持ちこむことは危険です。

 

安全性が疑われている成分もある

 

農薬製造会社は、少ない量でより効き目のある農薬や除草剤を開発・販売しています。

そうしないとライバル会社に競争で負けるからです。

 

農薬に含まれている成分の安全性が確認されたから市販されていると言っても、その成分が残っている野菜を食べた人の健康が数十年後まで影響がないのか、はっきりわかっていません。

 

スーパーに並んでいる野菜につかわれている農薬が、昔からの農薬なのか、新成分の農薬なのか区別がつきませんよね。

 

そのうえ日本政府は、世界中で安全性が疑われている農薬を日本国内でつかえるように、農薬の使用基準を数百倍も甘くしたんですよ。

 

とくに危険だとされている農薬の種類

農薬散布

 

WHOが「発がん性のリスクが増える」と指摘した農薬。

EUが「神経発達障害に関連がある可能性」を公式発表した農薬。

ベトナム戦争で使われた「枯葉剤と同じ成分」をふくむ農薬。

 

こうした危険な農薬がスーパーに並んでいる野菜につかわれているんです。

 

グリホサート

 

2019年2月に、除草剤ラウンドアップの主成分グリホサートが日清製粉の強力粉など日本の大手3社から検出されました。

 

2015年にWHOグリホサートに発がん性があると発表しています。

 

オランダやフランス等は即、グリホサートの使用を禁止、ドイツ、イタリア等世界33か国が2〜3年後には禁止することを表明しました。

ところが、日本は1年程前にグリホサート残留農薬基準をものによっては400倍に緩和小麦では6倍の30 ppmまで緩和したのです。

 

この小麦が問題で、米国、カナダ、オーストラリア等では乾燥の手間がいらないとしてラウンドアップ を収穫1週間前に散布しているのです。

日本では国産の小麦は少なく米国、カナダ等からの輸入に頼っています。

出典 山田正彦オフィシャルブログ

 

ネオニコチノイド系

 

ハチの大量死や赤とんぼが激減した原因のひとつといわれているのがネオニコチノイド系農薬。

 

環境への影響だけでなく、神経発達障害との関連など人への影響も明らかになりつつあります。

海外では規制強化の動きが見られますが、日本ではむしろ緩和の方向に向かっており、近年、環境保護団体や研究者などから規制強化や適正な影響評価を求める声があがっています。

出典 act beyond trust

 

ポストハーベスト

ポストハーベスト農薬

 

防毒マスクをして収穫された穀物の上から、何やら白い粉を大量にふりかけています。

(中略)

これがポストハーベスト農薬(収穫後使用する農薬)の使われ方で、このように農薬が混ぜ込まれた穀物はしばらく倉庫に貯蔵された後、消費国に向けて出荷されて行きます。

出典 家庭菜園は地球を救えるか?

 

輸出途中で作物を虫やカビの害から守るためにつかわれています。

 

ポストハーベスト農薬の成分は、ベトナム戦争で使われた枯葉剤の成分と同じ2,4-D」がつかわれているんです。

 

日本ではなぜか食品添加物あつかいになっていて、厚生労働省は「農薬ではなく食品添加物だから安全」と主張します。

しかし、ポストハーベスト農薬は、外部から影響されない倉庫の中で作物に混ぜ込んでいるので、消費者の口に入るまで高濃度で残留している可能性が高いのです。

 

野菜・くだものの残留農薬ワースト10

ランキング

 

アメリカの非営利団体環境ワーキンググループ(EWG)が発表した、最も多くの農薬を使っている農産物リスト2017年版です。

 

「アメリカの事情だから無関係」といえません。

 

ランキングをチェックしてみてください。

日本に輸入されているのもがたくさんあります!

 

日本の農薬基準が他国と比べて数百倍も甘いことから

「スーパーで買った野菜やくだものは洗ってから食べる」

を毎回おこなってください。

 

野菜・くだものの残留農薬ワースト10
1位 いちご
2位 ほうれん草
3位 ネクタリン
4位 りんご
5位 ピーチ
6位 洋梨
7位 チェリー
8位 ぶどう
9位 セロリ
10位 トマト

 

農薬除去おすすめランキング

星

 

一般的につかわれている農薬は大きく3つに分けられます。

1.水に溶けやすい水溶性農薬

 

2.脂に溶けやすい脂溶性農薬

 

3.水と油どちらにも溶けにくい難溶性農薬

 

こうした農薬を洗い落とせると評判の洗い方をえらんでいます。

 

えらんだ基準は、

  1. 実績がある
  2. 手間がかからない
  3. 手に入れやすい

3点です。

 

もっとも効果と実績がある順番でランク付けしているので、順にご覧ください。

 

1位 オゾン水

オゾンバスター

 

「野菜を洗うのにわざわざ電気をつかうの?」

と思う人もいるかもしれません。

 

しかも他の洗い方より値段が高いのも事実です。

 

とはいえ、評判と科学的な裏付けが証明されているのはオゾン水のみ

 

徳島大学大学院の中村氏は、オゾンマイクロバブルを用いた研究で、「オゾンマイクロバブルは農薬の迅速かつ高効率分解を促進することがわかった」。

オゾンマイクロバブルの有効性を立証しています。

 

つまり、3種類の農薬、水溶性・脂溶性・難溶性のすべてを分解する=洗い流せるということです。

 

さらに、オゾン水は約20分で濃度が半減し、その後酸素に戻るため残留しないので、健康への心配もありません。

 

というわけで、数あるオゾン生成器の中から、軽量コンパクトなオゾンバスターをおすすめします。

 

一般的なオゾン生成器は数十万円~100万円と高額です。

それに対して、オゾンバスターは、価格も二万円台後半と良心的です。

 

詳しくはこちら

【公式】オゾンバスター

 

2位 野菜洗い専用の水・スプレー

ベジセーフ

 

ベジセーフに含まれているのは、99.9%の純水と0.1%のカリウムだけ。

不純物を取り除いた水とアルカリ性のカリウムで水の洗浄力を高めた「野菜洗いの専用水」です。

 

自然由来の成分だけをつかっているので、人や環境にもやさしい、すぐれた製品です。

 

このことから、有名な料理研究家、美容家も「ベジセーフで洗うと料理の味がちがう」とおすすめしています。

 

公式サイトには、ポストハーベスト農薬を洗い落とせたというすばらしい検査結果が載っています。

しかし、グリホサート、ネオニコチノイド系の農薬について、洗い落とせたという情報はないようです。

 

詳しくはこちら

【公式】ベジセーフ

 

3位 重曹

 

シリンゴル天然重曹 2kg

 

重曹の別名は「炭酸水素ナトリウム」。

 

「アルカリ性の重曹で酸性の農薬を洗い落とす」という考え方で、アメリカで広く知られている方法です。

 

実際に、問題として挙げているグリホサートや、ネオニコチノイド系農薬、ポストハーベスト農薬を洗い落とせたという結果が見当たらないので、3位にしました。

 

詳しくはこちら

【公式】シリンゴル天然重曹

 

4位 ホタテパウダー

ホタテのおくりもの

ホタテの貝殻を焼成してpH12以上の強アルカリ性を持たせたパウダー。

重曹とおなじように、「アルカリの性質で農薬を洗い落とす」という方法です。

 

重曹でも見られた、グリホサートや、ネオニコチノイド系農薬、ポストハーベスト農薬を洗い落とせたという結果が見当たらない、そして重曹のほうが普及しているので、今回は4位にランクインです。

 

詳しくはこちら

【公式】ホタテのおくりもの

 

5位 茹でこぼす・加熱する

茹でる

 

水よりお湯のほうが、成分を溶かしやすくなります。

そのはたらきを活かして農薬を洗い落そうという方法です。

 

この方法だと、「水溶性の農薬は落とせても、脂溶性と難溶性はどうなの?」という疑問がのこります。

 

さらに、

  1. 茹でたあとの使い方、調理を限定する
  2. 野菜を毎日茹でるのは現実的でない

という問題もあるので、農薬を洗い落す方法としては、5位にしました。

 

農薬除去おすすめ一覧表

オゾンバスター
オゾンバスター

【公式】オゾンバスター

購入価格 27,800円(税別)
洗浄成分 オゾン
特徴 高濃度のオゾンで農薬を分解

水溶性・脂溶性・難溶性のすべてを洗い落とせる

使ったあとは酸素に戻るので残留の心配がない

オゾンガスを発生させない

ベジセーフ
ベジセーフ

【公式】ベジセーフ 【まとめ洗い用】1200ml

購入価格 3,375円(税別)
洗浄成分 純水、カリウム
特徴 純水とアルカリ性のカリウムで水の洗浄力を高めた「野菜洗いの専用水」

ポストハーベスト農薬を洗い落とせたという検査結果

シリンゴル重曹
シリンゴル天然重曹 2kg

【公式】シリンゴル天然重曹 2kg

購入価格 975円(amazon.co.jp)
洗浄成分 重曹
特徴 「アルカリ性の重曹で酸性の農薬を洗い落とす」という方法で、アメリカで広く知られている

グリホサートや、ネオニコチノイド系農薬、ポストハーベスト農薬を洗い落とせたという結果が見当たらない

ホタテのおくりもの
ホタテのおくりもの

【公式】ホタテのおくりもの

購入価格 2,376円(税別)
洗浄成分 水酸化カルシウム
特徴 「アルカリの性質で農薬を洗い落とす」という方法

グリホサートや、ネオニコチノイド系農薬、ポストハーベスト農薬を洗い落とせたという結果が見当たらない

お湯で茹でこぼす
洗浄成分
特徴 熱湯でゆでこぼして農薬を洗い落そうという方法

水溶性の農薬は落とせても、脂溶性と難溶性は落とせるか疑問

茹でたあとの調理を限定する

 

まとめ

 

今回は、スーパーで手に入る野菜に使われている農薬の安全性と、農薬をきれいに洗い落とす方法をランキング形式で紹介しました。

 

スーパーに並んでいる見た目のきれいな野菜も、つかわれている農薬の種類によって安全性に疑いがあります。

 

そして、パッと見てどんな農薬がつかわれているのかを見分けるのは、ほとんど不可能です。

 

不安になったらまずは、農薬を洗い落とす方法を知ってください。

最適な方法をえらぶことで、残留農薬を口にしてしまう不安から解放されます。

 

農薬を洗い落とすには、ランキングの1位に紹介したオゾンバスターが最も適しています。

 

次の記事では、オゾンバスターについてよりくわしく紹介しています。

 

あなたも、子どもや家族が残留農薬を口にしていることで不安なのであれば、ぜひチェックしてみてください。