いちじくを皮ごと食べるメリットとデメリット、かんたんな皮のむき方と食べ方とは?

いちじく 食べ方 皮 アイキャッチ1.0

焼き菓子やパン、冷凍してシャーベットで食べることもある秋の果物、いちじく。

 

あなたはいちじくの皮と実を一緒に食べていますか?

それとも、皮をむいて食べますか?

 

自分で調理する人は、どちらかに分かれますよね。

 

ところが、いちじくを皮ごと食べるメリットとデメリットがあります。

 

いちじくを好きで食べていた方も、食べてみたいと考えていた方も、これから食べる前に知っておいてください。

 

すると、いちじくの味を安心してより楽しめるようになります!!

 

今回はいちじくを皮ごと食べるメリットとデメリット、かんたんな皮のむき方の紹介です。

 

 

いちじくの皮は食べられるの?

いちじく 皮つき

 

紀元前2700年ごろには、エジプト人が栽培していたといわれているいちじく。

 

現代までの長い時間の中で様々な品種がうまれ、世界中に200以上もの品種があります。

その中には皮ごと食べられる品種もいくつかあります。

 

皮ごと食べられる代表的な品種
在来種
  • 早生日本種(蓬莱柿:ほうらいし)
  • とよみつひめ
洋種
  • ドーフィン(桝井ドーフィン)
  • ホワイトゼノア
  • ビオレーソリエス

 

食べ方もさまざまで、

  • 生のまま
  • サラダ
  • マリネ
  • パン
  • タルト
  • マフィン
  • コンポート
  • ドライフルーツ
  • 冷凍してシャーベット

などがあります。

 

いちじくを皮ごと食べるメリット

メリット ブロック

 

いちじくはもともと薬用の植物として親しまれてきたほど栄養価の高い果物です。

とくに皮と果肉の間にミネラルやビタミンB群がギュッと詰まっています!!

 

その中でも、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、葉酸が豊富に含まれています。

 

いちじくに含まれているおもな栄養
カリウム 170mg
カルシウム 26mg
マグネシウム 14mg
リン 16mg
葉酸 22μg

出典 食品成分データベース

 

いちじくを皮ごと食べるデメリット

デメリット ブロック

 

皮の厚さ

 

美味しく食べるのに気になるのが皮の厚さです。

 

パンや焼き菓子、コンポートなどにつかわれることが多い洋種は、皮が薄くそのまま食べるのに適しています。

 

洋種に比べて皮が厚い在来種のいちじくは、歯ごたえや食べやすさを考えると、皮をむいて食べるのに向いています。

 

在来種
  • 皮が厚い
  • むきやすい
洋種
  • 皮が薄い
  • むきにくい
  • そのまま食べやすい

 

農薬

 

いちじくを食べる前に、なにより意識したいのが農薬の問題です。

 

EUやアメリカでは農薬の規制が強化されているのに対し、日本は残留農薬の基準を大幅に甘くしました!!

 

言うまでもなく、モンサントの農薬グリホサートは広範囲に健康に被害を与えると考えられているものだ。

 

発ガン性はもちろん、内分泌撹乱物質として生殖機能に影響を与える可能性が濃厚であり、腸内細菌を損ない、アレルギーなど自己免疫疾患の原因となったり、神経毒として自閉症や認知症を誘発する可能性が指摘されており、今、世界的に禁止に向けて動きが活発化している。

 

EUで5年間の使用延長に賛成したドイツではその後、国内ではグリホサートの禁止に向けて具体的に動きだしている。

 

こんな情勢の中、日本では最大400倍、グリホサートの使用規制が緩和される

遺伝子組み換え大豆以上に小麦から日本の住民はグリホサートを大量摂取する時代が幕開けしてしまった。

出典 印鑰智哉のブログ

 

グリホサートは日本でもっとも売れている農薬のひとつ、ラウンドアップの主成分です。

 

日本でもっとも売れている農薬はこれだけ危険な薬品です。

いちじくを手にいてるときは有機栽培されたオーガニックのものを、むずかしい時は、せめて農薬を洗い流してから食べてください!!

 

いちじくの皮をむく食べ方

いちじく 皮なし

 

皮の硬い食感が苦手な人は、サラダなど生のままでも皮をむいて食べたくなると思います。

 

たしかに、皮がないほうが果肉のつるっとした食感をたのしめます。

しかも、ジャムや甘露煮、ワイン煮など味付けの幅が広がるところも見逃せません!

 

代表的な食べ方に

  • 生のまま
  • サラダ
  • コンポート
  • ジャム
  • ジュース
  • スムージー
  • 甘露煮
  • ワイン煮

などがあります。

 

いちじくの皮のむき方

いちじくの皮をむく

 

いちじくはとてもやわらかいので皮をむくのはちょっとだけ難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください!!

 

上手にむくコツは、バナナのように皮をむくことです!

 

手でむく

 

  1. ヘタを折る
  2. ヘタをゆっくり引っ張り、バナナのように皮をむく
  3. 皮の薄い部分が残ることもあるが食べてもOK

 

ポイント
  • はじめにヘタを折ると、そこから皮がむきやすくなる

 

皮がむきにくい場合

トマトの湯むきと一緒で、サッと熱湯にくぐらせます。

ナイフと指で皮をはさんで引くようにむくと、薄い皮がきれいに取れますよ。

 

ナイフをつかう

 

  1. イチジクのヘタを切り落とす
  2. 切り口から縦4等分(くし切り)にカットする
  3. 皮と果肉の間にナイフを入れる、切り口に向かって果肉の形に沿いながら皮をむく

 

ポイント
  • ヘタの切り口からナイフを入れると、むきやすい
  • 皮が硬めで湯むきに不向きなときは、ナイフを使うとむきやすい

 

まとめ

 

今回はいちじくを皮ごと食べるメリットとデメリット、かんたんな皮のむき方を紹介してきました。

 

メリットとデメリットと聞くと、なにか危ないイメージがあったかもしれませんが、これで安心していちじくを口にできると思います。

 

また、後半ではいちじくの皮のむき方も紹介しました。

いちじくらしい食感をより安心して楽しみたい方はそちらをチェックしてみてください。

 

季節の味覚を楽しむことで、あなたの生活がより豊かになります。

それには安心して口にできることが大きな条件です。

 

ぜひ、今回紹介した内容を参照してください!!

 

次の記事では、市販の野菜ジュースのデメリットとおすすめのフルーツジュースを紹介しています。

 

市販の野菜ジュースに含まれている添加物や農薬はヒトのからだに必要ないものばかりです。

そのなかには、決して安全と言えないものもあります。

 

反対に含まれているビタミンなどの栄養はさほど期待できません

 

栄養が豊富で安全性が高いジュースを選ぶことはとても大きなメリットです。

 

お金を無駄にしないであなたの健康に貢献してくれものです。

ぜひ続けてご覧ください!!