小松菜と菜の花のちがいは?小松菜の花をおいしく食べれるレシピ5選!

小松菜 花 アイキャッチ1.0

11月~3月にかけて旬を迎える小松菜。

 

鍋の具材によくつかわれ、鮮やかな緑色が、やがて訪れる春の息吹を感じさせます。

 

茎や葉は食べる機会が多くても、花やつぼみはどうやって食べたらよいのか、よく知らない方もいるのではないでしょうか?

 

「ちいさな幸せ」というかわいい花言葉をもつ小松菜の花。

 

小松菜と菜の花のちがいやおいしい食べ方とは?

 

今回は小松菜と菜の花のちがいと、小松菜の花をおいしく食べられるレシピ5選の紹介です。

 

 

小松菜と菜の花のちがい

小松菜 菜の花

 

小松菜も菜の花もアブラナ科アブラナ属の植物です。

 

本来、菜の花という特定の植物はなく、一般的には、アブラナ科アブラナ属すべての花のことをいいます。

 

菜の花は、十字形に黄色い4枚の花びらを咲かせることから、十字花植物とも呼ばれています。

 

なばなとは、アブラナ科アブラナ属の食用の品種のひとつで、ナタネ、カブ、はくさい、キャベツ、ブロッコリー、こまつな、ザーサイなど多くのものがあり、この他に観賞用や菜種油用があります。

 

食用のなばなには、在来種(和種)と西洋種の2種類に分けられ、在来種は葉が黄緑色で柔らかく、花茎とつぼみと葉を利用し、西洋種は葉色が濃く、葉が厚く、主に花茎と葉を利用するのが特徴です。

 

食味は、いずれも甘みとほろ苦さがあります。

 

出典 農林水産省

 

小松菜の花は食べられる

小松菜1

 

とくに和種は花つぼみと茎、とっても柔らかくなり美味しいですよ。

 

食べ方は、塩茹でして合える、お浸しや天ぷら、炊き込みご飯、ふりかけなど、いろいろな料理に加えることができます。

 

花茎と葉がおいしい西洋種も、サラダやお浸し、和え物、天ぷら、お吸いものや炒めものにして食べられます。

 

小松菜の花のレシピ

 

いろんな食べ方ができる小松菜の花。

 

その中でも、手間がかからないレシピを5つ選びました!

どれも小松菜の花を味わえるので、ぜひ試してみてください!!

 

和え物

春を食べよう! 花つき小松菜と焼き油揚げの和え物

 

春の味をシンプルに味わえるレシピです。

 

鮮やかな色と油揚げの風味箸を進めたくなります。

 

おいしくなるコツは、先に混ぜずに器で合わせると、油揚げの香ばしさを失わないで味わえます。

また、しょうゆと粉だしの代わりにめんつゆでもおいしくできますよ。

 

詳しいレシピはこちらからどうぞ

春を食べよう! 花つき小松菜と焼き油揚げの和え物 :楽天レシピ

 

お浸し

小松菜の花のお浸し

 

少し苦味が残るところと春の味というところが、菜の花に似ています。

 

だし醤油で食べるのがお浸しの定番ですが、白だしと薄口醤油を割った濃いめのダシもピッタリで、小松菜の花の味を引き立てるとともにより一層おいしくしてくれます。

 

詳しいレシピはこちらからどうぞ

小松菜の花のお浸し

 

煮物

夏向きがんもどきの煮物(小松菜の花)

 

小松菜の花はアクが少ないので、下ゆでしなくても使えます。

 

また、ショウガやがんもどきと一緒に煮物にすることで、栄養を摂れる夏バテ対策の一品としてもおススメです。

 

詳しいレシピはこちらからどうぞ

夏向きがんもどきの煮物

 

ふりかけ

簡単☆小松菜のソフトふりかけ レシピ・作り方

 

たくさん食べられるようにふりかけにしました。

 

花エビの風味が食べやすくさせているので、おにぎりの具にしてもいいですし、混ぜご飯にしてもおいしいです!!

 

小松菜をたくさん消費できる、風味豊かなふりかけの出来上がりです。

 

詳しいレシピはこちらからどうぞ

簡単☆小松菜のソフトふりかけ:楽天レシピ

 

花菜漬

京都市北区役所 「花菜漬」

 

花菜漬とは京都の名産で、つぼみが少し黄ばんだ程度の菜の花を塩漬けにしたものです。

 

小松菜の花でもつくることができるので、ぜひチャレンジしてみてください!!

 

そのまま食べても、細かく刻んでご飯に混ぜてもおいしい、少しほろ苦い味が春をイメージさせてくれます。

 

詳しいレシピはこちらからどうぞ

京都市北区役所

 

小松菜の花が咲いたけど、食べられるの?

小松菜 菜の花2

 

花が咲いたらすぐに食べましょう

 

花が開いてしまうと食味が悪くなり、食べにくくなります。茎が硬くなるんです。

花が咲く前と比べると、味気は少ないのですが、お浸しにすれば柔らかくなりますよ。

 

ところが、京都には、 あえて花が咲いてから食べる風習があります

花菜漬」と言い、花が咲いた菜の花を塩漬けにしたもので、京都の名産です。

 

花が開いてしまうと苦味が増すことを熟知して、ほろ苦さを楽しむ日本の食文化の深さを感じさせます!

 

先ほどのおススメレシピで、花菜漬のつくり方を紹介していますので、そちらもぜひご覧ください!!

 

まとめ

 

今回は小松菜と菜の花のちがいと、小松菜の花をおいしく食べられるレシピ5選紹介してきました。

 

これではじめて小松菜と菜の花のちがいを知りたかった方も、迷わないで手にすることができると思います。

 

また、後半では小松菜の花を美味しく食べられるレシピをご紹介しました。

どんな食べ方がいいのか決まっていない方は、そちらをチェックしてみてください。

 

冬から翌年の春にかけての定番野菜のひとつ、小松菜の花をおいしく食べられたら、ほんの少しの幸福感が訪れます。

まさに小松菜の花の花言葉「ちいさな幸せ」そのものです。

 

ぜひ、おいしい食べ方で楽しんでください!!

 

次の記事では、ミールキットを紹介しています。

 

ミールキットとは、レシピと食材がセットになったもので、新鮮な食材が必要な分量だけ入っています。

 

アイテムにより炒める、湯せんするなどして温めるだけで、15分ほどで数品ができあがります!!

 

下味が付いているものはそのまま、調味料が付いているものは好みの味付けをして、すぐ食べられます。

 

コスパが良く、品質の高いミールキットをえらぶポイントを紹介しているので、続けてご覧ください!!