【エイジングケア対策】安価で身近なフルーツ○○○はスーパーフード!

口当たりのやわらかい食感と特有の甘さで人気のフルーツとは?

 

  • 朝食を摂る時間がない時に
  • 小腹が空いたときのおやつ代わりに
  • スポーツをする際のエネルギーに

 

バナナは親しみやすいフルーツの代表と言えます。

 

最近は、バナナに含まれている栄養が美容と健康にとても役に立つと言われています。

 

今回はバナナの栄養と美容・健康の関係について紹介していきます。

 

スキンケアが必要になる原因

 

最近、シミやくすみが増えたような気がする

シワが目立ち始めた・・・

 

それらの原因は紫外線かもしれません。

 

骨の生育に必要な血中のカルシウム代謝を正常にしてくれるビタミンDを作るなど、良い面もあるのですが、過剰に浴び続けるのは、やはり良くないようです。

 

シミを生み出す過酸化脂質

 

シミの原因として注目されることが多くなった「過脂化」とは、酸化してしまった脂質(過酸化脂質)が体内に溜まった状態のことを指します。

 

過脂化は活性酸素の働きで生まれるようです。

 

活性酸素は様々な症状の原因だとされています。

 

メラニンを生み出す紫外線

 

活性酸素が持つ酸化作用で生まれた過酸化脂質が、メラニン色素を必要以上に集めて濃い色のシミを作り出すと言われています。

 

紫外線が原因で起こる老化現象を「光老化」と呼んでいます。

 

あなたの肌を紫外線から守ってくれるバナナの栄養成分

光老化の原因が紫外線だということがわかりましたが・・・

バナナに含まれている栄養成分は、紫外線に対してどんな働きをしてくれるのでしょうか?

 

肌の再生と防御のコンビネーション

ビタミンB群は、

  • 造血
  • 血液の循環
  • 新陳代謝

・・・つまり、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を助けてくれる「美容ビタミン」と呼ばれています。

 

バナナは他のフルーツと比べても、ビタミンBの含有量がすぐれています。

 

ポリフェノールは、抗酸化と、活性酸素を発生させる紫外線から守ってくれます。

 

ビタミンB1

  • 疲労を回復する
  • 糖質の代謝を助ける
  • 神経機能を正常に保つ
  • むくみを予防する

 

ビタミンB2

  • 脂質の代謝を助ける
  • 過酸化脂質の分解を促す
  • 口内炎の予防、改善
  • 粘膜や皮膚を健康に保つ
  • 成長を促す
  • 生活習慣の予防

 

ビタミンB3(ナイアシン)

  • 糖質や脂質の代謝を助ける
  • 血行を良くする
  • 補酵素の成分になる
  • 皮膚炎を予防する

 

ビタミンB6

  • タンパク質の代謝を助ける
  • 神経機能を正常に保つ
  • 神経伝達物質の合成を助ける
  • 成長を促す
  • 貧血を予防する
  • 皮膚、髪の毛、歯を健康にする

 

葉酸

  • 細胞分裂に重要な役割を果たす
  • 胎児の神経細胞の発達に重要
  • 造血を助ける(貧血の予防)

 

ビタミンB群以外の栄養

バナナにはビタミンB群以外の栄養も豊富に含まれています。

 

ポリフェノール

  • 抗酸化力が強い
  • 活性酸素を取り除いてくれる
  • 生活習慣の予防
  • 脂肪の吸収を抑えてくれる

 

食物繊維

  • 腸内をそうじする
  • おなかがすっきりする

 

腸内環境を整えることも、血行を良くすることに繋がります。

 

バナナは紫外線対策の天然サプリ

 

紫外線対策は活性酸素を取り除くために、からだの内面からケアする意識が不可欠です。

 

対策は、今の食生活にバナナを摂り入れることで難しくなくできるものです。

 

次の章では、簡単にできるレシピをご紹介します。

 

バナナの栄養成分をたっぷり摂れる食べ方

必ずフレッシュバナナを使うことがポイントになります。

 

バナナを生のまま食べると、バナナに含まれるカリウムを効果的に摂取することができます。

 

カリウムは体内のナトリウムを減らすので、むくみや高血圧の改善に働いてくれます。

 

カリウムはビタミンB群と同じように熱に弱いという性質があるので、生で食べることがおすすめです!!

 

今回は紫外線対策の特集ですので、「加熱することで増えるオリゴ糖を摂りたい」という場合は、これから紹介するレシピにオリゴ糖を加えていただければよろしいと思います。

 

バナナのスイーツ

 

バナナの甘さを楽しむならスイーツが一番です。

 

バナナきな粉アイス

 

とてもきれいな映像でレシピを紹介しています。
ホッとしたい時に観ても癒されます。

 

 

バナナ×ヨーグルト

 

フレッシュなバナナと相性が良いのは、なんといってもヨーグルト。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やタンパク質は美容に欠かせません。

 

塩バナナの簡単フローズンヨーグルト

%e5%a1%a9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%e3%81%ae%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%b3%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88

材料(つくりやすい分量)

バナナ 1本(100グラム)

牛乳1カップ

ヨーグルト(無糖) 1カップ

きび砂糖(普通の砂糖でも可)  大さじ1

塩 少々

作り方

  1. 保存袋にバナナの2/3量を入れて、手で揉んでつぶします。塩、砂糖、ヨーグルト、牛乳を順に加えてその都度揉んで混ぜます。
  2. 袋を閉じて平たくし、冷凍庫で凍らせます。(2時間ほど経ったら、一旦取り出して揉んで柔らかくすると滑らかに仕上がります。)
  3. 残りのバナナを輪切りにします。
    2を器に盛り付け、輪切りのバナナ、ほんの少しの塩(分量外)を飾れば完成です!

レシピ・画像引用元 塩バナナの簡単フローズンヨーグルト

 

 

健康面を考えて

きび砂糖を変えるなら、上白糖ではなくオリゴ糖に変えた方が良いです。

 

オリゴ糖は摂りすぎると、お腹を下すことがあるので分量に気をつける必要があります。

 

上白糖は大さじ1で約9グラムなので、オリゴ糖で同じ量を摂ると多すぎるかもしれないので、使用する際は約3グラムからはじめて、適量をみつけてください。

 

また、牛乳を無調整の豆乳に変えてみるのもアリです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はバナナの栄養と美容・健康の関係について紹介してきました。

 

わたしたちの身近な食べ物、バナナに豊富な栄養と美容成分が含まれていることが分かりました。

 

食べ方も簡単で、応用できる範囲も広いので、アイデアをプラスして自分だけのレシピを作るという楽しみ方もできます。

 

ぜひ、あなただけのオリジナルレシピを見つけて楽しんでください!!

 

また、フルーツと野菜をジュースにして摂ることで栄養摂取やデトックスの役に立ちます。

 

フルーツジュース・野菜ジュースの飲み方について、こちらの記事にまとめてありますので、つづけてご覧ください。